24 -TWENTY FOUR- SEASONVI

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス



帰りタワーレコードのカウンターで試聴してたら
いつの間にか眠ってて、椅子から落ちそうになりました。
タワレコで寝てしまったのは初めてだ(笑)
PUNKで30分熟睡。明らかに睡眠不足と見受ける。
今週は睡眠4時間で5時起きとか平気でやってましたから。

その原因1。ついに見終わりました24のシーズン6。
9月解禁から2ヶ月あまり…長かった…。

シーズン5の完成度がとても高く、史上大傑作だったので
今回はあまり期待してなかったんですけど、
それにしてもあららな展開で、ネタ切れ感は否めず…。
このままつまらないのかなーと思いきや
やっぱり、そこそこ盛り上がると楽しくて。
いつものごとく、それなりにハマったのでした(笑)
とりあえず、以下感想でございます。



一部をとれば、凄くスリリングで面白い所はいっぱいあったけど
全部通してみれば、物語が一貫していないし
脇道に逸れすぎてまとまりがないシリーズという感じですね。

そう、声を大にして言いたいのはこれだ。
脚本下手!!

ジャックが中国から戻ってくる理由からしてあまり納得できないし。
カーティスが死ぬのも無理矢理感あり。
今まで全く触れなかった、パーマーの妹出現にええ?(笑)
父親がジャックを殺そうとして、途中でいきなり消えたのも謎。
そしてラストに再び登場して中国と手を組んでるのも不自然。
核そっちのけでオードリーかい!

とにかく、突っ込みどころは満載でした。
それはちょっと…と思い始めると止まらないんだな。

逆に良かったのは大統領補佐官達。
カレン・ヘイズとトム・レノックスが、犬猿の仲から
凄く信頼のある同志となる流れはとてもよかったなあと思います。
私的にトムはかなり面白かった。台詞の一つ一つが笑えた。
イヤな奴のようで、実際は本当に国に忠義を尽くす人だったし。

トム役の俳優さんは、アリーマイラブのジョン役が人気あったから
お人よしで善良な人のイメージが強かったのですが
今回は、そのイメージを大きく裏切って、とても狡猾な役でしたねえ…。
うまいです、この人。後で名前を調べておこう(笑)

あとクロエ×モリスの元夫婦ペアもかなりいい味出してましたね。
私はあの2人のやり取りが大好きで
特にモリスは最近大好きな役の1つです。
子どもが出来るというラストにはビックリしたけど、本当によかった☆

一方、ビルとカレンのオールドロマンスペアには
結婚したってとこから、度肝をぬかれましたけど(笑)
こちらも夫婦の離別の危機を乗り切ってよかったですね。
ミシェルとトニーの二の舞になるかと思ってました。

てか、解雇された後、捜査官のように生き生きとしてきたビルに
かなり笑えました。どんどんジャックに似てってるよな~あの人(笑)
最後、捜査官なみに走って撃って、ヘリまで操縦しちゃうビルに
メロメロでした。カッコいいわ貴方…。

新キャラとしては、ナディア・ヤセル、マイク・ドイルあたりが良かったかな。
副大統領と秘書のリサも味があって面白かったけどね。
ドイルは目が心配。なんとか次シーズンも出番があるかな…。
最近はどんどんキャラを殺していくから、
早く次のキャラを出して人気とらないと大変だよーと思う。

シーズン7のネタばれになるので、誰とは言いませんが
死んだと思われていた人気キャラが復活するそうです。
うっそー!!と通り越して呆れるような、そんな人。

これ聴いてからは、確実に死んだシーンを見た人でなければ
本当に亡くなったとは言えなくなったと考えます。
例えば、今シーズンならカーティス、ローガン、フィリップ。
マイロは確実に死亡認定されてましたが、
彼らは絶対死んだとは言えないよう編集されています…。
憎らしいな。
私は24が好きだから、終わって欲しくないと思う反面、
そろそろジャックが死ぬとかクライマックスを前提に
終わりを考えたシーズンを作ってもいいんじゃないかと思うこの頃。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-11 00:17 | tv series
<< L、最期の23日間 ELEVEN FIRE CRA... >>