レビュー

アカデミー賞作品賞を受賞した「クラッシュ」を見てきました。(ちょっと前ね)
シリアナ」と迷ったけど、受賞したからにはクラッシュを見ねばとダッシュ。
映画館は凄い妙齢の方々でいっぱいでした(私最年少だったかも…笑)
正直な感想としては…「う~ん、これで作品賞?」って感じですが。

簡単に言うと、人種差別をテーマにした群像劇なので、作品自体の面白さ
には今ひとつ欠けるんです。考えさせられる、けど面白くはない、というのが
みも蓋もない意見かもしれない(笑)けど、群像劇にしてはよくまとまっていて
泣けるシーンも沢山ありました。アジア人の描き方には少し不満があるけれど。
ああいう描き方は思いのほか深いのかもしれない…

おそらく、作品賞最有力候補の「ブロークバックマウンテン」がゲイをテーマに
した事で、保守派のアカデミー会員に嫌われ、受賞を逃した背景が影響している
んだと思います。ゲイも1つの社会主張なのに、社会を変える影響力を持った
映画を推奨するアカデミー側がそんな事しててはいけませんよね…とはいえ
宗教の権力や社会的発言力の大きな国ではまだ難しい問題なのも事実ですね。

この2ヶ月くらいで新しく読んだ書籍(専門書除く)と見たDVDたち。
音楽関係のCDリリースやライブにおされて全然UPできなかったので
まとめてみました。別に全部がオススメって訳じゃない。駄作もある(笑)



      
<書籍編>
話題作ばっかり。良かったのは「平成マシンガンズ」と「告白」。
あとの2冊は全然好きじゃなかった。同じ15歳の作者でも「あなたへ」は読んでて
気持ちが悪いくらいの純愛もので、「平成マシンガンズ」は小気味良い佳作って
感じです。ジェンキンスさんの体験談は、日本人ならぜひとも読んでおくべき。

      
<漫画編>
漫画はほぼ毎日読んでるけど(笑)続編を楽しみにしてたものが2月に沢山出た。
今回は少年漫画が少ないな。どれも凄く面白かった。またも続きが楽しみ♪
「イヴの眠り」はこれで完結。「YASHA」の続編を無理矢理作った感があって
ちょっと残念な作品に終わった気がします。静の最期には泣けたけど…(泣)

      
<映画編>
まずDVD。だいぶ前に見た「ザ・インタプリター」と「24シーズン4」!
前者は中々難しい話でとっつきにくいけど、私は良い作品だなあと思いました。
初めて撮影が許可されたという国連の映像も壮観。主演2人の演技も良いです。
24はいわずもがな。大ハマりしてました。後半12時間が最高です。
そして映画館には「ハリーポッターと炎のゴブレット」と「Mr.&Mrs. Smith」を。
これどっかにレビュー書いたっけな。どっちも映画館で見て良かったって思えるほど
爽快でダイナミックな作品でしたよ♪もうDVDが出るなんてなんか切ないけど(笑)
[PR]
by you-lilly | 2006-03-12 10:28 | book/comic
<< Funk Love? Lostman In Kyoto >>