夏やすみ

こちらに戻ってきました。

2週間もなつやすみ。このご時世にありがたいことです。

フィンランド、スウェーデン、ノルウェーと旅して
実家にもちょこっと戻って、安らいできました。


ほんと、安らぎとか、憩いって言葉がぴったり。
長い旅でも全然つかれなくって
長い時間をかけて息をしているみたいに、自然で静かな落ち着いた旅。

北欧ってほんとステキな国々でした。
大好き。

北欧旅行記はおいおい書くとして、今日は読み物の話。


竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

司馬 遼太郎 / 文藝春秋



この本、16の時に挫折したんですよね。
高校の日本史の先生の夏の課題だったんで、思い出深いシリーズ。

でも最近、龍馬伝が面白くなってきたんでもう一回トライ!と
実家から発掘してみました。1巻から律儀に読み始めようとするから
ダメなのかね?亀山社中あたりからすっとばすといいのかも…。

やっぱり、イメージがつくとノッてきます。
高橋克己の西郷さん、谷原章介の桂小五郎、
福山雅治の坂本竜馬、で読む薩長同盟は
高校時代に思い描いた歴史図とはまったく別物ですね。

大河が面白い年は、なぜか自分もノッてることが多い気がするな。

NARUTO―ナルト― 52 (ジャンプコミックス)

岸本 斉史 / 集英社



北欧行っている間に新巻出ていたみたいですね。
新幹線乗って帰省するとき、いつもナルトの新巻読んで帰ってる気がする(笑)

五大忍連合軍が組織され、面白くなってきましたね。
ただ、カカシ先生ファンの私としては、もうちょっと
シリアスな師弟対決が見たかったような…。

螺旋丸対千鳥も絵になるけど、千鳥対千鳥も見たいのよ!
それからスサノオ対カムイも見たいのよ!(わかる?)
でもやっぱりサスケにはナルトなんだね…。

八尾に九尾のコントロールを習うナルトがどうなるのか楽しみですね。
二人の人柱力がラップ刻みながら、生死をかけているのがなんか変だけど。
暁にやられっぱなしの人柱力ばかり見てきたから
この二人にはそうなってほしくないな。

カブトさんが穢土転生の術を完成させ
一体、マダラに誰を転生させたところを見せたのか…すごーく気になる。
久々に待ちきれない展開で嬉しいな。

荒川アンダーザ ブリッジ 10 (ヤングガンガンコミックス)

中村 光 / スクウェア・エニックス



これについては深く語るのはやめましょう…。
なぜか2巻から10巻まで一気に読んでしまいました…。
リクとニノさんは可愛いです、が。この話に意味はあるのでしょうか…。
ま、世捨て人になっても生きていけそうな気がしてきたよ。
by you-lilly | 2010-08-15 21:49 | book/comic
<< ヒックとドラゴン 旅立ち >>