タグ:Harry Potter ( 11 ) タグの人気記事

ハリーポッターと死の秘宝

ご無沙汰しております。

11月。研究発表が3つ重なったので死にそうです。
前からわかってたから、夏から少しずつ準備しておいたのに・・・
それでも死にそうです。カゼももらっちゃったし・・・。げーん。

昨日土曜出勤して、1つ山場を越えたので友だちと息抜きに映画を見てきました。

「ハリーポッターと死の秘宝PART1」です!


最終巻を2つに分けて上映するということで
丁寧で原作に忠実な映画だったように思います。

それでも、原作を読んでいない人には
急激な展開の早さや、突然出てきた登場人物の名前についていけないようで
見終わったあと、友だちからすごい質問攻めにあいました(笑)

やっぱり原作読まないとダメだよー(笑)

ハリーの世界を堪能するには、ぜひ、ぜひ!原作をおすすめします。
映画だけで許されるのは、2作目の「秘密の部屋」までですね。

さあ、ここからはネタバレオンパレード!
↓ ↓ ↓

More?
[PR]
by you-lilly | 2010-11-21 23:31 | movie

ハリーポッターと謎のプリンス

ハリーの最新作見てきましたよ!
ハリポタはチケット入手済みなので、いつでも見れるのですが
やっぱり早くみたくなって、映画館にのりこんでしまいました♪

ホラス・スラグホーンは中々よかったですね!
良い人そうな顔をして、蒐集家というところが実にうまかった。
あとハーマイオニーとロンの恋の描き方もね。
なんでハーマイオニーがハリーじゃなくて
ロンを好きになるのかは、シリーズ最大の謎ですが(笑)
ああやってみるとお似合いの2人で
お互いのすれ違いで泣いたり怒ったりするのが可愛いです。
ラベンダーも原作通りのキャラで面白かったです。

以下、マニアの会話。

第6作となる今回は、広告曰く「シリーズ最大の悲劇がおとずれる」。
原作読んじゃってるから、何が起こるかはすべて知ってるんだけど
その描き方で、映画って面白くなったり、つまらなくなったりするからな。
個人的にデイビッド・イエーツの描き方はフィフティ・フィフティ。
全編を小気味よくまとめるのがうまいなあとは思うけど
情緒的な面での描き方はいまいちだなあと思う監督。
シリウスの死のあっけなさには驚いたものです。。。
第6作独特の、恋愛ぼけしたほのぼのさから、
最大の悲劇・ダンブルドアの死までをどうをあげてくかが気になってた。

でもやっぱり正直な感想はあっさりしすぎかな…。
ハリーの最大の理解者であり、庇護者であるダンブルドアが
死をもってハリーを守った塔のシーンは
もっともっと時間使ってよかったんじゃないかなあ…。
(あそこが今後の肝になるシーンな訳だし。)

両親も、名付け親もなくしたハリーがヴォルデモートに立ち向かう為に
ダンブルドアと協力してホークラックスを探す旅。
最初はダンブルドアに守られ、指示されていたハリー。
洞窟に行く前ダンブルドアはハリーにこう言います。
「大丈夫じゃ。わしと一緒じゃからのう」
それが、洞窟を出る時には
「大丈夫じゃ。君と一緒じゃからのう」という言葉に変わるんですよね。
ダンブルドアに守られていた少年だったハリーが
弱り切ったダンブルドアを守るほどの魔法使いに成長したと
認められたシーンな訳です。
それをイエーツはぬかしたんだよ~!!\(^^)/
あんな大事な台詞をぬかすなんてー。わかってない!

ジニーとの関係の描き方もいまいちだったかな…。
なんかあれじゃチョウと別れた後、単に近くにいた親友の妹を
好きになったみたいな感じだけど、ほんとは色々伏線がありますよね。
入学以来、ジニーはハリーにお熱だったけど
声も出せないくらい緊張してしまった相手にされない存在でした。
けど彼に憧れて、認められたくてもっと世界を広げてみるようになった。
大好きなクイディッチで活躍して
ハリーと同じグリフィンドールの選手になったり
デートに誘ってくる沢山の男子とつきあってみたり(!)。

なんだろ…学校でのジニーは、男子に人気がある凄い美人な訳ですよ。
でも、ハリーはチョウ・チャンが好きでジニーには見向きもしていなかった。
けど、チョウと別れた後、昔は恥ずかしがりで目もあわせられなかった
ジニーの変わり様にハっと魅かれていくんですよね…。
ヴォルデモートとの戦いに飲み込まれていくハリーをじっと見守り
人に流されない意見をもって、共に闘う女性になったジニー。
ルーナともちゃんと友達になれる。クイディッチもうまい…。
何より、キャプテンのハリーが罰則で試合に出られなくなった時
ハリーの代わりにシーカーになって優勝を勝ち取ってくる
そんな凄い女の子にまで成長したのですよ!
その盛り上がりあってこそのジニーとハリーのキス☆
…なのに~。それも映画では一切描かれてないし。
も~~~~。イエーツ!!(怒)って感じでしたね(笑)

このダンブルドアの死と、ジニーとの恋の成就を全く別々に
描いちゃってるのがイエーツの失敗ですよね。
第6作では、かけがえのない恋人を手に入れたハリーが
最大の庇護者を失い、これ以上自分の大切なものを
奪われたくないと、最後の戦いを決意するのですから。
だから、最後、ダンブルドアの葬式を映像化しなかったのも
正直????です。
ジニーとの別れ。魔法大臣との敵対。
親友との旅立ちの約束。
その「白い墓」のシーンがない~~~~~~~~?
イエーツ、わかってない…(泣)
この映画、感想としてはまあよかったけど、
色々不満も残る脚本でした…。イエーツめ~。

第一、やっと念願の闇の魔術に対する防衛術の教授となった
スネイプ先生の授業は全く描かれず。
スネイプ先生が「半純血のプリンス」だということが
映画では全然テーマにされてなかった気がするんだけどなあ。
純血か否か。
それがこの映画で結構大事なキーワードだと思うんですが。
そもそも、松岡さんが翻訳の時点で
「HALF BLOOD PRINCE」を謎のプリンスにしちゃったのが悪い。
スネイプは結局、闇の帝王にくみしながら純血ではない訳です。
母はマグルで、彼の愛したハリーの母親であるリリーもマグル生まれ。
スネイプが一体どちらの味方なのか
そういう点からも先読みできるってのに。イエーツめ~(←何回め?笑)

第7作では、純血でない魔法使いが次々と狙われていくことになります。
マグル生まれのハーマイオニーを
半純血のハリーと、純血のロンが守っていきます。
ダンブルドアの遺した仕事を、3人がどうやりとげていくのか。
楽しみですね。
第7作は2部構成になるとのことですが
1部は一体どこで終わるつもりなんだろう?
ゴドリックの谷か、ディーンの森あたりかなあ…。
おそらく、雌鹿に誘われて、ロンと再会したところで終わる気がします。
[PR]
by you-lilly | 2009-07-20 23:35 | movie

King's Cross

絶賛10連休中です。
こんなに休んでいいのかな(^^;

関西に帰って、のんびり過ごしてます。
ハリー・ポッターと死の秘宝の日本語版読んだり、映画を借りてきたり。
家族や友達とお買い物に行ったりご飯に行ったり。
はとこのバンドマンに会ったり(!)
オリンピックも凄い見てます!
すこーしずつ眠っていた関西弁が戻ってきましたよ。
帰ってくる家があるっていいなあ。

この間は、「THE DARK KNIGHT」見てきました。
もう期待以上!特に、故ヒース・レジャーの怪演が見ものです。
前ジョーカーのジャック・ニコルソンが、正常な神経を失くすほど
ジョーカー役は辛いと語ってましたが、…ほんとに。
製作費も相当かけてるでしょう。一見の価値ありです。

あとは時間があれば、スカイ・クロラとデトロイト・メタルシティが見たい。
どっちも原作あるけど、DMCは相当ヤバい気がする。
根岸君と松ケン…。見る前から笑えるのはなんでだろう。
クラウザー様はタワレコでも大活躍だねー。

バンドといえば、この夏は、凄くエルレに会いに行った気がする。
実家に、私が買わなかった、エルレのBEST盤がおいてあったので
早速、アメリカ版のMiddle Of Nowhereと風の日を
ダウンロードさせてもらいました。
同じ曲なのに、ちょっと音や歌い方が違うだけでドキドキ。
甘いんです。しばらくはアメリカ版にハマりそう。

細美さんは今ロンドンにいるんですね。
久しぶりに日記読んで知りました。
(藤原さんと升さんは富士山!みんな夏休みしてるんだなあ~。(^^;)
私も行った所だから、凄くリアルに読めて面白かったです。
大英博物館でミイラと写真撮ってしまった一人です。ごめんなさい!

キングズ・クロスは細美さんも言及してる通り
ハリー・ポッターで有名になった場所ですよね。
死の秘宝でも、思いがけず重要な役割を果たす事になります。
映画の撮影で使われているのは、実は
キングズ・クロス駅ではなく閉鎖された駅なんだけど(^^)
せっかくだし、一度は行ってみたいなあ。
9と3/4番線を探すのだ。(アホ…)

イギリスは、小さい時に行ったので覚えてない事も多いし
もう一度ちゃんと行きたい場所です。
細美さんの日記読んでたら、一人旅で行き当たりばったり
色々巡るのも、思いがけない出会いがあって、面白く思えた。
なんか霧消に旅に出たい。
こういう時って、何か変わりたい願望の現われなのかな。
細美さんは、相変わらず、私にとって影響力のある人のようです。
特にそういう行動力!
私はレールから外れても、レールが見えないとこには
行けない性格だから、まだまだ真似できません。

せめて夏休みが1ヶ月くらいあったらな。
海外に行きたい。できたら北欧に行きたいです。
石油サーチャージがもう少しましになってることを祈ります。
また語学の勉強始めようかな。
休みに充電されると、こんなにポジティブになるのね。不思議。
涼しくなったら、色々始めてみたいと思います。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット)
ELLEGARDEN BEST(1999~2008)
[PR]
by you-lilly | 2008-08-16 00:55 | weblog

最終巻読破!

e0078993_2155523.jpg


I DID IT !!Finished~!!

「HARRY POTTER AND THE DEATHLLY HOLLOWS」
(仮題「ハリー・ポッターと死の秘宝」)読み終わりました!

図書館から借りてた時は、読みきれず返しちゃったんですが、
そんなに読みたいならって、見かねた人が
原書をプレゼントしてくれたんです。すごい分厚いUK版。
本格的に読みだしたのは1月かな。
2月になるともう止まらず、毎日夜に少しずつ読んでました。
途中から英語だっていうのを忘れるくらいハマりこんで…。
そして、19日…ついに完結。

今は凄い達成感というか、充実感でいっぱいです。
自分が英語で読みきったっていうのもそうだし、
ホグワーツ魔法学校の7年間の物語が終結した事も感慨深いです。
嬉しくもあるし、ちょっと寂しいような。

日本語訳を待つ皆さんより、一足お先に内容を知ったという
優越感(笑)的な誇らしさもあるけど、どっちかというと
英語圏の子どもにやっとこさ追いついたっていう気持ちの方が大きい。
今は、口開くとネタバレしそうでどうしていいのか。
すっごいネタバレ全開で、誰かと語り合いたいなあ(>_<)

以下、最終巻ネタバレ注意!
[PR]
by you-lilly | 2008-02-20 00:28 | book/comic

DEATHLY HALLOWS

e0078993_23553656.jpg


時差ボケが続いています。毎日がちょっとしんどい。
でも、せっかくの秋だし…と
山ほど映画を見て、山ほど本を読もうとしてます。
明け方の、あったかいお布団でぬくぬく睡眠も堪能してます♪

もうすぐ、好きなアーティストのリリースも続くし
(正直重なりすぎで困っている)
そうなると、メディアも騒がしくなるし、楽しみが増えて良いですね!

現在は、ハリーポッターと死の秘宝、原書に挑戦中です。
(原題:Harry Potter And The Deathly Hallows)

日本語訳を待ってられなくなって、図書館に注文しました。
そしてようやく回ってきたのです。(これでも邦訳よりは早かった…)

私は外人、私は外人、と念じつつ読む。ひたすら読む。

読むこと事体はそれほど問題ないのですが
たまーに解らない単語が出てくると気になって仕方ない。
よく魔法用語にひっかかって、悔しい思いをします。

お陰で、まだ3章くらいにしか到達してません。
英文、日本文より眠くなるのも早いです。

この亀の歩みで、ラストを知るのはいつになるのでしょう…?
唯一、英文でいいとこは、
先をチラ見できないとこかもしれない(笑)
[PR]
by you-lilly | 2007-10-22 23:55 | book/comic

Harry Potter and the Order of Phoenix

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団は
パイレーツ・オブ・カリビアンを見た後だったので、
ちょっと頭が水しぶきでいっぱいだったんですけど(笑)
なんとか頭を切り替えて、ローリングの世界へ。

招待券持ってたので、とっても良い席がとれました。
しかも夜だったので、人が少なく、貸切状態みたいでグッドでした♪

映画を見た感想を一言で言うと

ものたりなーい!!です。

ネタバレを延々と語る。
[PR]
by you-lilly | 2007-08-05 00:06 | movie

ハリー・ポッターの世界展

e0078993_1545115.jpg 先週末、名古屋に行って来ました。
何気に、物心ついてから行くのは初めてかな?
愛地球博の時、トランジット(笑)で立ち寄ったくらいで。

慌しい日程だったので、全然観光はできなかったんですけど
ぜーったい行こうと決めていたものが…
ハリー・ポッターの世界展!!

ハリー大好きな私には、凄く行きたかったイベントです。
この夏、全国の伊勢丹系列百貨店で開催されてるんですけど
今回見事に関西が外されていて; (なぜだ~)

そんな中、開催地の東京、静岡、新潟(!)名古屋、福岡…の中で
見事にスケジュールがかみあったのが名古屋だったんです。

なので用事が済んでから、一目散に名鉄へ。
おこちゃま連れの家族に混じって(笑)最上階特設会場へ!

エレベーターが開いた瞬間、DAの杖の展示が。
そして会場に入ると、鳥肌が立つくらいハリーグッズだらけ。

ペンにメモパッドに制服に、クイディッチのユニフォーム…
魔法の店で見てたから、大体知ってはいたけれど
実際見たり触ったりすると、本当に嬉しくなっちゃいました。
そしてどれも欲しくなっちゃったりして(笑)

そしてグッズ販売の他にも沢山の展示物がありました。
(それでも過去の開催より規模は小さくなったらしいです。)
嬉しくて、いっぱい写メとってしまいました(^^;


5本の箒
e0078993_15455465.jpg


第5作の最初、グリモールド・プレイス12番地に向かう
不死鳥の騎士団の護衛メンバーの写真を背景に展示されていました。

これ、かなり感動しましたよー。
魔法使いが箒で飛ぶって、昔から知ってる知識だけど
みんな実際は、箒で飛んでるの見た事ないじゃないですか。(当然だけど。)

でも、実際箒見てみると、1本1本、柄の太さや反りが違って面白いんです。
ハリーの最強のファイア・ボルトの見事なこと~。
絶妙な傾斜がついていて、フーチ先生じゃなくても惚れ惚れです☆

確か奥からキングスリー・シャックルボルト、ニンファドーラ・トンクス、
ハリー・ポッター、マッド・アイ・ムーディの箒だったと思います。
もう1人、女の人忘れちゃった~誰だっけ。


DA                   魔法使いたちの杖
e0078993_15461621.jpge0078993_1643025.jpg


不死鳥の騎士団           死喰い人
e0078993_15463985.jpge0078993_15474840.jpg 



杖は不死鳥の騎士団と死喰い人のもの。DAのではありません。
個人的にシリウスのものが欲しいなあ、なんて。

パネルは会場の外の廊下のようなところに置かれてました。
不死鳥の騎士団と、ヴォル+死喰い人のパネルが向かい合わせに
置かれていて、凄く、魔法戦争の対立構造が感じられました。確信犯だな。

不死鳥の騎士団の真ん中を、ダンブルドアじゃなく
シリウスにしたとこが花丸だ!!(笑)


ハリーとウィーズリーおじさんの衣装
e0078993_15482710.jpg
お次は衣装。
ハリーとアーサーの衣装は、2人が裁判に行く為
マグルの世界から魔法省への入り口、
つまり赤い電話BOXの中に
展示されていて、リアリティがありました。
映画で見るのが楽しみ。

ヴォルデモートとルシウス・マルフォイの衣装     ハーマイオニーとロンの衣装
e0078993_1549062.jpge0078993_15593234.jpg



 OWL試験                      ザ・クイブラー
e0078993_1603814.jpge0078993_161451.jpg 


まさか、OWLとザ・クイブラーが見られるなんて思ってなかったので
まじまじと見てしまいました。てか、ザ・クイブラーって中身のわりに
割とまともでおしゃれな外観じゃないですか?
もっとファンキーでファンシーなのを想像してたなあ…

 日刊預言者新聞           DA署名              ズル休みスナックボックス
e0078993_162193.jpge0078993_161273.jpge0078993_1623684.jpg


何に感動したって、ズル休みスナックボックス。
こっちはイメージどおりの色や形で、双子っぽいなあって思っちゃいました。
今中学生だったら、間違いなく欲しい。保健室行きたい。

DAのメンバーが誓いの署名をした羊皮紙もおお~っと思いましたね。
凄く細く薄い字だった(しかも逆光;)ので見えにくいですけど
上から、ハーマイオニー・グレンジャー、ロナルド・ウィーズリー、ハリー・ポッター
と並んでいて、この下と右にも名前の列が続きます。

アンブリッジの学校令               学校令39            学校令99
e0078993_1636100.jpge0078993_1632946.jpge0078993_1635432.jpg



これもよく考えましたよね。私、物語を読んだ時には
学校の掲示板かなんかにピロっと貼ってあるのを想像してたんですけど。
さすが魔法学校。物々しい木の額に入れられています。
39と99ってどんな規則だったかな。忘れちゃった…。

 ネビル                      ジニー
e0078993_164521.jpge0078993_1652046.jpg

 ルーナ                      チョウ・チャン
e0078993_1654385.jpge0078993_166105.jpg 







杖は主な登場人物のものは展示というか、レプリカが販売されています。
でも廊下に展示されていた4点は、DAのメンバーのものでした。

ジニーが黒い杖っていうのが少し意外。
ルーナの杖はイメージどおりで、見えにくいでしょうけど木に掘り込まれた
花や葉の模様が可愛らしくて、ルーナの性格にぴったりだと思いました。
質、長さ、重さ、色、模様、芯に使われているもの。
この世に1本しかなく、杖が人を選ぶ。オリバンダーの声が聴こえるようでした。


なんか、時間限定で先着100名DAのメンバーになれる企画が
あったらしいんですけど、見事に気づかず、逃しました…。
ローブ着れるチャンスだったのになあ…。わりと悔しいです(笑)

でもちゃんと欲しいグッズを買って、展示物も堪能できて
すごーく楽しかったです。買った物はまた機会があればUPできるといいな。

我ながらこんなにポッタリアンだと思わなかった。
そんな名古屋の旅でした。(あ、手羽先と外郎買ったよ!)
[PR]
by you-lilly | 2007-07-23 19:59 | movie

ルーモス・マキシマ!

e0078993_2111952.jpg

こんな夜中に更新してる場合じゃないってくらい
あることに焦り、危機を感じています。やばーい!

でもでも(←なにが)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の劇場鑑賞券当てちゃいました!

○合さんありがとう!!
これで今夏はタダでダンに会えます♪

ただチケの写真がヴォルデモート卿なのがちょっと…(-.-;)

「Harry,you will lose everything…」幻聴が聞こえる気がするから怖い。

問題は、いつ見に行くか。
ダニエルは、ローリング女史いわく
不死鳥の騎士団に7巻のヒントがいっぱいだと言ってました。

結局、最終巻を読むかどうか決められてないのに、X Dayは十日後に迫ってる。
どうする俺…?(まさにライフカードのジョー!)
[PR]
by you-lilly | 2007-07-12 02:11 | movie

パッドフット

今日はDAの日でした。(解る人には解るよね)
すごーく参加したかったけど、用事で京都に居たのでダメでした。
京都はまたやたら暑くてめげそうでした。修学旅行生は多いしさあ…(-.-;)

6も7もこんな機会なさそうだから、行きたかったな。パス欲しかったな。
音楽もそうだけど、こうして同じ時代に生まれて
リアルタイムに楽しめるっていうのは、とても幸運な事だと思うから。
仕方ないけど、ちょっぴり悔しい。

不死鳥の騎士団は、想像を越えて遥かに凄そうです。
内容もシリアスだけど、今までになく激しい魔法戦が見られるようです。
既に沢山予告画像が出回っているので探してみて下さい。

お勧めは海外のサイトで見られるもの、特にInternational trailer。
知らない人の為に、どのシーンとは言わないけど
原作知ってる人ならピンとくる場面がかなり…。
私は必死に瞬きしないで見てきゃあきゃあでした(笑)

そうやって盛り上がるのは楽しいけど、その半面
もうすぐあの人が死ぬんだって事を思い出して、
あの人が居なくなってしまうなんて、考えただけで堪えられないよ。

私がなぜあの人を好きか、昔この日記に書いた覚えあるんだけど
残酷な彼の運命が切なすぎて…。余計に愛情が物悲しく感じるからだろうな。

私、ほんとにそういうのに弱い。想うだけで涙、涙、涙。
なんでこんなに感情移入しちゃうんだろ。
だから早く見たいけど、どこかで見たくない気持ちも、半分。
[PR]
by you-lilly | 2007-05-28 01:16 | movie

X Day

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult Edition




とてもくだらない事で、延々と悩んでいる。
ハリー・ポッターの最終巻を原書で読むかどうか、本気で悩んでる。

今までは一応、日本語訳で読んでから原書を読んでたんだけど
全世界が7月21日に知る結末を、1年も待てるのか!?って思う。

それに、こんだけ情報社会にいて、1年も結末が漏れないはずがない…。
誰が死んで、誰が助かるのか、とか絶対漏れるんだよー!
yahooニュースとかで、トピックバレするのがオチ!
そんなの想像するだけで悲劇!あーどうすればいいのー。

なら原書読めよって思うけど、今まで日本語のニュアンスで作ってきた
イメージを崩したくないから、英語から読むのは、正直したくないのです…。

それに、割と有名な話なのだけど、このハリー・ポッターを訳している方は
通訳出身の方で、児童書の翻訳経験がなく、校正も兼ねている為、
ハリー・ポッターシリーズはとても誤訳が多いというのが通説なのです…。

故に、原作が持っている豊かな文学世界を表現しきれておらず、
日本語版と原作は、相当イメージが異なると言われています。
だから、ほんとは日本語で読み終えてから、英語版を読みたかった。

迷っても迷っても答えは出ない~。7月21日までに腹をくくらなきゃ。
たぶん、イギリス版を買ってちょこちょこ読む事になりそう。
[PR]
by you-lilly | 2007-05-25 00:17 | book/comic