タグ:玉木宏 ( 4 ) タグの人気記事

本嫌い原作好き

よく本が好きそうとか言われるけれども実は割と苦手。
字は眠くなるのでなるべく絵か写真でもつけてもらいたい。
つまりマンガか雑誌の方が100倍は読んでると思われる。
とはいっても嫌いではなく、
読みたい本は山ほどあるのが私の矛盾してるとこだろうな。
そんな私にとって、最近の映画やドラマの原作映像化ブームは
とってもありがたくて、挫折した本にもう1度触れるチャンスになってる。

黄金の羅針盤〈上〉Âライラの冒険

この間「ミッドナイトイーグル」を見た時、予告が流れていました。映画化を知った半年ほど前、
原作にチャレンジしてみたんだけど
思いの外、序章が難解で半分もいかずに挫折(^^;
絶対にあれ児童文学じゃないってー(笑)と言い訳してましたが
映画にしてみると凄い迫力あって、ロード・オブ・ザ・リングなみに
面白そうでした。映画が来るまでに、もう1回読んでおきたいです。
1度ハマっちゃえば後も続くんだろうけど。それまでが辛いんだ…。

鹿男あをによし

これは全部読みましたよ。
直木賞から漏れた時に作品の事を知って読んだんだけど
思っていたのと全っ然違う不思議もので。
だからあまり好きじゃなかった。

研究室から追い出されて、奈良に赴任する教師の話なんですが
奈良に来た当初、生徒に
「奈良の主婦は鹿に乗ってビブレに行くんですよ、知らないんですか?」
とからかわれるくだりが好きですね(笑)真実は奈良の人ぞ知る。
来春、玉木宏主演でドラマ化するらしく、少し見てみたい気も。

人のセックスを笑うな (河出文庫)

タイトルがタイトルだけに皆最初は引くみたいね(笑)
来春、松山ケンイチと永作博美さん主演で
映画化される作品です。

映画の前宣が良い感じだったので、どんな話なんだろうなあと思って
読んで見たら、これまた大したことなかった(笑)
きっと映画の方がずっとムードがあって、
切なく泣ける話になってるはず。主役以外の俳優陣もいいし。
…と期待している…んだけどな。
紹介しておいてなんだけど、原作がよくないものは
原作を読んでない人は映像を先に見た方がいいかもしれません。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-09 23:46 | book/comic

俺様の音を聴け!



去年の今頃はやたらクラシックを聴いていた気がする。
ドラマ「のだめカンタービレ」のせいですけど。



元々たまにしか聴かなかったのが、凄い影響力で引き込まれていって
程好くクラシックの知識を身についたので、良かったなあと思います。
あのドラマ、凄い好きだった。
ベト7、ブラ1、ラフ2。この略懐かしいな(笑)
今でも凄い好きで、歪んだ音や歌詞が聴きたくない時によく聴いている。
そんな自分はちょっと変わったのかなあと思う。

原作の方はどんどん進んでいますね。
どちらかというと、周りの音楽仲間の話が多いのに
音楽に悩み、音楽から去る者を見て
最後まで音楽に残る2人が際立ちます。
2人の仲は安泰のようで、やっぱり少し不安も残していてハラハラ。
この話は千秋とのだめの共演がラスト、と囁かれていますが
その終章を見るには、まだまだ試練と時間がかかるようですね。

新春放映の「のだめカンタービレ2夜連続SP」は
千秋のプラティニコンクールがメインになるみたいです。
でもドラマなので原作と違って、ポンヌフの跳び蹴りや
変態の森に突入する千秋が見れる!?ようなのでドキドキ(笑)
言語の壁をどう乗り越えるつもりかよく解んないけど
とりあえずターニャをベッキー、フランクをウエンツが演じるそうなので
それだけで面白そうだなあとワクワクする。かなり楽しみ!
[PR]
by you-lilly | 2007-12-06 23:10 | book/comic

ミッドナイト・イーグル

今日は映画「ミッドナイト・イーグル」を見てきました。
去年から大宣伝していて、年明けに原作を読んでみたら
思いの外面白くて。これが映画化したらどうなるんだろうな~?と
楽しみにしていたので、結構満を持しての公開でした。

感想は…思ったほどよくなかったかな(笑)
原作を先に読んでいる人間からすれば、ちょっと物足りなかったかも。
特に前半は構成が悪くて、気だるくて、面白くなかったなあ。
ただ、俳優陣は割とハマり役の人が多くて、
個人的には、総理大臣の藤竜也、自衛官の吉田栄作、
編集長の石黒賢の3オジ様がかなり素敵でした♪
玉木宏は普通だったな;
後半戦の緊迫した盛り上がりは凄かったと思います。
映画館の中でも、鼻ぐずぐずいわせてる人多かったし(^^;
原作読んでない人にとっては
泣ける映画に仕上がってるんじゃないかな~。(←適当)

ネタバレはこちらから。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-01 22:52 | movie

弾き振り

のだめカンタービレ #17 (17)       ミッドナイトイーグル
           

如月になってしまいました。忙しさと充実は紙一重。
のだめの言葉を借りれば、NO MORE 青春。
うきゃうきゃ遊んでられるご身分じゃないのです、今。

ずっと楽しみにしてたのだめ17巻。実は内容知ってたんです。
でも絵を見たのは初めてで、色々考えるところありましたねえ~。
音楽家として2人がどうなっていくのか、続きが楽しみです。

この定期演奏会では、弾き振りが2度出てきます。
1つはバッハのピアノコンチェルトで、自らピアノを弾きながら指揮する千秋。
もう1つは、我を失った千秋をフォローすべく、ヴァイオリンを弾きながら
目線でオケを指揮する、ベト4のコンマスシモンさんのシーン。

弾き振りというのは、珍しい部類だと思うのですが
この話を知って以来、弾き振りに興味が湧いてきて、
弾き振りの映像を見てみたいと思ってました。

だって、才能ある演奏者は沢山いるのに、指揮者自ら
演奏も兼ねるというのは、どういう意味があるんだろうって思う訳ですよ。
指揮者として、演奏者として。稀有な才能の証なんでしょうね…。

偶然NHKが、海外オケの弾き振りを年末に放送してたらしいのですが
見逃してしまいまして。しかも近くの大劇場で、これまた奇特な
「弾き振りコンサート」が開催されていたのも、予定が合わず見れず。

それで弾き振り見たい病がおさまらず、ちょっと悶々としてます(笑)
4月に、あのデプリースト氏が来日してベト7、ブラ1を振るという
涙もののコンサートがあるんですが、それもかなり行きたい…;

「ミッドナイト・イーグル」は完読しましたよ♪
これが、予想以上に凄い展開で、一気に読める物語でした。
かなり今の日本の防衛・国際情勢のリアリティがあるのでお勧めです。
話が壮大すぎて、最後ちょっと冷めてしまったところもあるけど
映画にしたら本当に見応えある、大迫力作品になると思います。

これで玉木ブームは終わろうと思ったんだけど、
ミスドの抹茶オールドファッション。NECの樹里ちゃんとの共演。
あのCMたちがまた玉木宏ブームを呼び覚ましそうです。
ああ…まんまとひっかっかってる…;もう少しだけ千秋でいて。
[PR]
by you-lilly | 2007-02-15 12:19 | book/comic