<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

乙男

テナーのニューシングル。なんだか凄そうであります。
みんなが口をそろえて、名作だーって言うからなあ。
ま、そういう言葉には惑わされないようにしたいけど
相当自信がありそうなので楽しみにしていよう☆

ぶたいんふるのせいで、停滞気味の夏の旅行計画にあわせ
夏フェス計画もたてているんだけど、
今年、いまいちどこも行く気がしないの。
なんだろ…。ここ行きたい!って思うのがない…。
てな訳でまた漫画>本になってきましたよ。中学生のようです(笑)
映画やライブが不作の時は必然的にそうなります。

NANA 21 (りぼんマスコットコミックス クッキー)

矢沢 あい / 集英社



NANAはいい加減展開に飽きてきたけど。
ようやくレンが死んだので、ちょっとは進んだのだろうか。
90年代に出版してたら、きっと今の2倍は売れただろう話である。
奈々もナナも好きになれないからな。
というか、描かれるキャラの誰も好きになれないから
矢沢作品は好きとは言えない。巧いけど苦手だな。

オトメン(乙男) 1 (花とゆめCOMICS)

菅野 文 / 白泉社



この話、次クールでドラマ化されるらしいですよ。
すごいありえないけど面白いオトメン☆
岡田将生が飛鳥くんをやるらしい。うーん、あってるのかな(笑)
実際いたら、きもちわるがられそうな乙女な男を
爽やかに演じてくれる人でないと無理だと思う。
料理上手な男の人は素敵だって言える人は多いだろうけど
お裁縫や少女漫画好きを素敵って思う人は
まだまだ少ないんじゃないかなあ。
個人的には、実はお裁縫もすんなりできたり、
少女漫画の話もさらっと知ってたりする人は素敵だと思うけど。
マニアなとこみちゃうとダメなんだと思うなあ。
うん、難しいよ、乙女は(笑)
花ざかりみたいな、コメディにしてくれたらいいな。

風光る 26 (フラワーコミックス)

渡辺 多恵子 / 小学館



こっちも地道に進んでますね。
セイと総司の関係に焦点をあてて、しばらく史実の展開は
停滞してたから、ようやく進みだした気がするなあ。
深雪太夫の話は諸説ありますけど、
大河ドラマより深雪が悪女風に描かれていて、新鮮でした。
病気も仮病という事になってましたし。
でも渡辺さんの手にかかると、悪人もどこか憎めないところを
もってる善人のように描かれちゃいますね。
最後、あっけなく谷先生が仇討にあってしまいました。
いよいよ伊東先生や平助の死も近い…?

NARUTO 巻ノ46 (46) (ジャンプコミックス)

岸本 斉史 / 集英社



こっちは毎週ジャンプ読んでるから内容知ってるんだけど。
綺麗にかき直されたのを読むとじっくり読めていいかな。
ほんとにNARUTO、強くなったなあ。
昔のおっちょこちょいっぷりが嘘みたいです。
仙人モードなんて凄い圧倒的強さで、
戦い方も賢くなったなあって思います。
でも目下のところ、ずーーーーーっときになってるのは
カカシ先生の生死なんだけどな。
生きてて下さい…。

ハンター×ハンター (NO.26) (ジャンプ・コミックス)

冨樫 義博 / 集英社



これが最後だなんて辛すぎます。
キルアのナイスアシスト!
ナルカミが落ちた後の戦いが見たいです。
ネテロと王の戦いと、ピトーとゴンの戦いが見たいです。
少し休んでもいいから、絶対続きを書いてください…富樫さん。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-31 21:07 | book/comic

グラン・トリノ

グラン・トリノ。
予告ダイジェストやCMを見る限りはまったく。
ええ。まったくといって魅かれなかった作品ですが
見に行った母、その他面々に大絶賛され、プッシュされ、
ちょうど見るものがなくて暇だったので先週見てきましたよ。

「結構よかったよ」(え?)「案外わらえるのよ」(へえー!?)

そもそも、なんで見たくなかったかっていうと
イーストウッドの、老木のような、ご尊顔と
近所の悪ガキとの闘争をお金はらってまで見たくなかっただけで。

でもイーストウッドファンに言わせれば生涯に残る最高の名作とまで
いう人がいたもので、そこまで言うなら見てみようと思った訳です。
前評判を覆して、私に腰をあげさせたなんて大したものです。

でも確かに予告よりずっとよかったし、深かったかな。
話はいたってシンプルで、今、これをテーマに映画を作ったのは
なぜか逆に不思議に思ったくらいです。
相変わらず、カラードの描かれ方には少しむっとくるんだけど。
黄色人種としては複雑な想いであります。
JAPで言われるとなんだか腹が立つのと同じく
黄色い人が悪者にされると、良い気分はしないわけで。
ただ、社会問題として、ヒューマンドラマとして
見る価値はある映画かと思います。
最近、佳作でさえお目にかかれないからな。見たい人はぜひ。

最後、イーストウッドが倒れるところ、不覚にも涙。
命の重さを身をもって知っている世代は
もうすぐ自然と消えてしまうことを、実感してしまいました。
命の重さを知らない我々世代が暴走した時に
体をはって止めてくれる人はいなくなってしまうんですね。
怖いことです。
地味な話ですが、存外深いメッセージが込められていますね。
これが最後の監督作になるそうです。
名監督でしたね。お疲れ様でした。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-30 11:01 | movie

やったぜ、細美!

Trash We’d Love

the HIATUS / フォーライフミュージックエンタテインメント



01.Ghost In The Rain
02.Lone Train Running
03.Centipede
04.Silver Birch
05.堕天
06.Storm Racers
07.Little Odyssey
08.The Flare
09.紺碧の夜に
10.ユニコーン
11.Twisted Maple Trees

なんかまだ言葉にならないんだけど。
いろんな意味ですごい…!
ふるふる。
なんで「漢」と書いておとこと読むような屈強な男5人がつくった
音楽があんなにメロディアスで綺麗なんでしょう(←失礼;)
今日あった嫌なこともちょっと癒されたかも。
初聴きでも4、10は凄かったです。
だんだん好きになるのもあるけど、声にふるえちゃう。
どんなライブになるんだろう。わくわく。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-26 22:41 | music

I'm A Gohst In The Rain

Trash We'd LoveよりGohst in the RainのPV。

ピアノがすごーくきらきらしていいですね☆
Suemitsu&suemithのようだわ。HIATUS!
なんだか細美さんの声が可愛らしく聴こえて新鮮です(笑)
アルバム、明日ゲットしてきます。すっごく楽しみ!

今月のJAPAN読んでから、アルバム名の謎が気になって気になって。
細美さんに言われたとおり、一歩下がってじっくり
名前を読んでみるんだけど、未だにぴんときません。
難しくて理解できないことなのか、単に私が
鈍くて単純なことに気付いてないのか?
後者だといいんだけどなあ~。
誰かに聞くより、自分で見つけたい。早く全曲聴きたいな。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-23 22:43

Infection

ぶたぶたいんふるー。流行ってますね~。
自分、1回もかかったことないせいか、
自分は絶対かからんだろ。という、根拠のない自信があり。
とはいっても、新型なんだからうつるかもね、と思いながら
たまーにマスクしてみたりして生活してたのですが
なんと自分の地元が大流行。

おーこりゃ絶対関東にも伝染してくるわ!と思った
今度はその矢先に、自分38℃の熱が出たからおおわらひ。
お!なにか?自分が関東第1号感染者か?
どんどん上がる体温に笑いが止まらず。
急遽薬を飲んで、家中のアイスノンと冷えピタ総動員。
なんとか1日で熱下げて、何事もなかったのように出勤。
解熱後でふらふらしながら仕事を終えましたが
やっぱり少し不安になり、保健師さんにこっそっと相談。
「あのー熱はかってもいいですか。」 「なんで?」
「実は昨日38度熱出て。」 「出勤したらダメじゃない!!」
「はあ。すいません」 「実家関西だよね?最近帰った?」
「はあ。GWに。」
「んーじゃあ潜伏期間は過ぎてるか。じゃ向こうから誰か来た?」
「いえ。」 「じゃ向こうからなんか荷物来た?」
「いえ。(えええ?荷物???)」 「ちょっとー第1号はヤだよー?」

…私もヤです(切実)
おかげ様で熱は平熱に戻ってますが
診察受けてないだけで、ほんとは感染ってるような人、
インフル疑惑の人っていっぱいいるんじゃないのかなあ~。
ま、警戒に越したことなないけど
24のSEASON3とか、アウトブレイク的な恐怖はなさそうで安心。

とりあえず、実家に救援物資(マスク)送っときました。
マスク不足の中、かなり役に立ってるみたいで何よりです(^^;
おそらく、母校も休校なんだろうなあ。
ニュース見てたら、最近の子は
「学校ないと面白くない~」なんて話してて関心しちゃいました。
あたしだったら、喜んで1週間休むのになあ。
自分てつくづくおうち遊び、ひとり遊び得意(笑)
自慢にならないな。凹む。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-23 22:27 | weblog

Nexus Tour Final@日本武道館

e0078993_18452492.jpg


半分くらいしか見れなかったので
あまりレポとはいえないかもだけど
テナー@武道館の日のことを書きます。

この日の関東は朝から雨で(というか前夜が凄い雨だった;)
雷は鳴るわ、地鳴りはするわで結構デンジャラスだったのです。
でもだんだん霧のような雨になって、やんだり降ったりするうちに
夕方、なんと虹が!そして夜には綺麗な満月が。
シンペイさんも日記に書いてたけど、ほーんと劇的で移り気な。
1日に、雷と虹と月だすってなかなかないよ(笑)


武道館は沢山の人が集まっていて、フロアには凄い熱気が。
途中から入っていくと、どうしても遅れをとった気になるんだけど
アリーナにまぎれてじっと集中したら、目が闇に慣れるころ
すぐに独特な世界観に飲み込まれていってしまいました。

セットリスト

01.クラッシュ
02.Ark
03.Melodic Storm
04.TODAY
05.AFTER THE CALM
06.PLAY THE STAR GUITER
07.Stilt
08.FREE
09.Discography
10.Lightning

11.奇跡の街
12.LIVES
13.蝶の夢
14.Black Hole

15.POSTMODERN
16.KILLER TUNE
17.Little Miss Weekend
18.Magic Blue Van
19.ROCKSTEADY
20.TRAIN

21.SIX DAY WONDER
22.イノセント
23.ネクサス

En.
24.REMINDER
25.YES,SIR

En.2
26.MARCH


曲間には、シンペイさんのお誕生日をお祝いする声も多くて
暗闇で、ぼそっとシンペイさんが
「ありがとう☆」って言ったのが思いがけず可愛かったような(笑)
メモリアルな日でも、カッコつけず
そうやって答えてくれる雰囲気がよかったなあって思います。

面白かったのがホリエさんの何気ない熱いMC。

ホリエ「僕は基本的に80%自分のために曲を書いているんだけど。
でも、今日は100%みんなのためだけに演奏します!!」

それ聴いたお客さんは嬉しくなってうおーっ!って盛り上がりました。
でもなんか気になる気になる。
次のブレイクでシンペイさんが遠慮がちにきいてくれました。

シンペイ「あのさ、さっきの80%自分だけの音楽ってのは、
あとの20%は俺達のためにつくっているってのでいいのかな?(汗)」

ホリエ「(大笑)」
シンペイ「いや、確認しときたかったの!気になって気になって。」

あやうく武道館で解散するとこでした(^^;
20%でもわけあえて嬉しいな。


15から17の流れが神だ!と思ったような。
ラストのPART3は最強でした。
POSTMODERNとYes,sirはかなりテンションあがりました☆
4人が狂ったように弾き乱れてるのを何度見たか解りません。
そういうとこみると、こっちもぞくっときてしまいます。
音の厚さや深みは勢いをましましたね。

でも最近のテナーは、(個人的にですが)
なぜかミディアムやバラードの方がぞくっとくる。
ホリエさんがピアノの前に座り静かに盤上に手をおくと
弾き始めるその瞬間まで、息をひそめて見守ってしまいます。

思えばツアー初日の横浜で
イノセントのあまりの神々しさにやられ、
なんだこれは!?となったのが今となってはほんとに序の口で。
ツアーファイナルのイノセンスは、さらに、神々しさをまして
一言一言がぐさりぐさりと刺さってきたなあ。
ホリエさんは、日記に「声の調子が悪くて思うように歌えなかった」って
書いていたけど、全然そんな不調を感じさせないくらい
声がしみわたってきました。
寂しげで、切なくて、とてもよかった。

アンコールのあと、なかなか帰らない人たちが
アンコールをするでもなく、ただ感動をひきずって待っていたら
メンバーが出てきてくれました。
そしておもむろに始めたのはMARCH。
イノセンスで、出番をなくしていた曲でしたが
久々に聴いたら、イノセンスを超えていきました。
お客さんの誰もが、自分の未来や過去を
テナーの曲に重ねている瞬間だったと思います。

立ちながら、片手で鍵盤を弾くホリエが
1音1音確かめるように、弾く姿はなんだか泣いているみたいでした。
昔は、テナーの曲ってライブむけで、あんまりメッセージ性が強いとは
思ってなかったんだけど、最近はけっこう惹きこまれている気がします。
イノセンスと、MARCH。
これだけでも、武道館に来てよかったって思えました。


最後、みんなで肩をくんで
ふかく、ふかく、いつまでも頭を下げている4人を見たら
応援してきてよかったなあって思いました。
ライブもよかったけど、そうやって感慨にふけっちゃうのは
やっぱりメモリアルなライブならではなのかな。
カッコよかったなー。
好きになった頃から、どんどんかっこよくなってます。
次はいつ会いに行こう?
[PR]
by you-lilly | 2009-05-10 18:45 | live

March

e0078993_22243254.jpg

ストレイテナーのツアーファイナル行ってきました!
見事に遅刻しました。
職場でたのは1時半ですが、仕事終わったら6時半。
電車乗ったのが7時ですから、我ながら笑いました。
開演してるやーん(笑)


九段下から武道館に少しずつ近づくと
真っ暗闇、お寺でライブをやってるみたいな迫力でちょっと怖かったな。

お花がいっぱい届いていました。
アジカンにGLAYにシャカラビッツ。802からも♪

会場にはアシッドマンが来ていました。
普通に2階席に座っていて見上げたら目の前に大木さんがいてびっくり☆
見間違いかもしれないけど生形さんと高橋さんらしき人も…。

やっぱり武道館てめでたいんですね。

ハコとしては思ったより小さくて
メンバーが近かったから嬉しかったです。
メンバーはいつも通りみたいでいて、どこか情に熱いライブでした。
いつからこんな感動的なライブするようになったのかなあ。
二人時代からみてるから、ちょっと感慨深い。
ダブルアンコールには少し泣けた。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-08 22:24 | weblog

武道館

明日はNexus Final!
チケットとったのがずいぶん前なので忘れてしまうとこでした。
思えばツアー初日、武道館のチケットをもって
JRの駅で青くなったことを、ひしひしと思いだしました。

武道館ですか。
きっと、憧れの、念願の舞台なんでしょうね。
アーティストにとっては、一種の神聖な場所なんだと思います。
一介のテナーファンとしては別にどうでもいいことですが
何か、明日は特別な日になるのかなあと
ぼんやり、うっすら、期待してみたりします。
まあ、普通に考えて、セットリストは凄そうであります。
ホリエの気合も違いそうです。

さあ、初日からどう変化しているのか楽しみです。
気がかりは開演時間。
どう考えても、開演時間にたどり着ける気がしない。
仕事、明日に限って早く終わりそうもなく。
こっそりエスケープする気であります。
19時に九段下にいられたら奇跡でしょう。
おしてくれ(笑)
[PR]
by you-lilly | 2009-05-07 23:31 | live

joy&festivity

e0078993_2027267.jpg


スウェーデン大好きな私ですが、イケアも好きです。
スプリングを見に行ったのにソファベッドを気に入ってしまいました。
お財布より、部屋の広さと相談しなきゃです。

GWは結局ちょびっと里帰りしました。
帰ってきてくれと言われました。呼ばれれば帰らないとね。
でも新型ウイルスインフルエンザと、
交通渋滞を警戒してわりと近場で楽しんだかな。
島に魚釣りに行ったり、バーベキューに呼ばれたり
温泉に行ったりして、わりとアウトドアなお休みでした。
何より、地元がいつもGWは凄い大々的なお祭りをするので
地元はそりゃあ賑やかなもので、朝から夜までお祭り騒ぎだったな。
旅行の計画もたてたし、本も読んだし、ゲームもしたし
お菓子作りもしたし、中々有意義に過ごせたような。

5日も休むとまともな人に戻れません~。
友達はメーカーなので12連休だそうです。
不景気と給料カットというシビアな結果の賜物だとはわかっているけど
やっぱり長いお休みはちょびっとうらやましい。
友達と話すと、みんな少なからず不景気の影響を受けていている。
そうやって仕事や家族の心配をするみんなは
深刻そうだけど、とても大人に見えてしまう。自分も大人だけど(^^;
私は家族みんな景気と無縁だから、
そういうことにのんびりしすぎててすこし場違いな気がしてしまう。
明日から、またがんばろう。
[PR]
by you-lilly | 2009-05-06 20:27 | weblog