<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

HUNTING

the HIATUSのライブチケット、当たりました♪
まともにチケット当選するのは久し振りなので嬉しいです。
てか、買っておいてなんだけど、音源聞いたことないよ。

今年は夏フェスとか何処行こうかな~とぼんやり考えてはみるんだけど
夏になってみないと予定って確定しないからなあ。
海外にも出かけたいと思ってるので、体があくかどうか思案中。
NANO MUGENにテナーとHIATUSが同日出演になったけど
その頃っていつも職員旅行と重なる。行けないかもな。
今年はどうも島へでかけそうな雰囲気。
エステにダイビングに美味しいものって。そりゃ凄い。

最近読んだもの。脈絡なく語る。

つみきのいえ

平田 研也 / 白泉社



アカデミーの短編映画賞に輝いた作品の原作。
「おくりびと」の陰に隠れて、なかなか地味だったけれど
私はこの作品の方が好き。
鉛筆の柔らかい色合いがとても優しくて。
同じくらい優しい気持ちにさせてくれる物語がとてもいいのです。
なんというか、藤君の書くお話にちょっと似てるかな。
水中に沈んだ家に残る思い出の数々。
もぐるごとに、心の奥底にもぐるような気分になります。
よく考えたら、メーデーの歌詞そのままなんだけど
世界観はEverLastingLieって感じ?(わかり辛いか)
短いけど、あたたか~い気持ちになれます。

ハンター×ハンター (No.17) (ジャンプ・コミックス)

冨樫 義博 / 集英社



なんでか読んでなかった富樫作品。
この人、連載休んだりするから中々続けて読めなかったり
絵コンテのような状態で出版したりするから、いらいらする時も。
でも幽遊白書好きとしてはずっと読みたかったのです。
面白いので大人買い。大人買いってやっぱりいいな~。(にまにま)
読む暇がないから、少しずつだけど読んでます。
只今グリードアイランドの中です。
FF好きにはたまりません。
ライフログはどれでもよかったけどお気にのキルアで。

陰陽師 (9) (Jets comics)

岡野 玲子 / 白泉社



こっちは逆に漢字が多くて、頭がパンクしそうな陰陽師。
歴史好きにはたまりません。
たまーに厭になって読み飛ばしてみると理屈がわからなくなって
戻らざるを得ないので、結局まじめに読むしかないんですが。
平安時代の霊や呪に対する考えは興味深く
そういえば、自分わりと古典が好きだったことを思い出した。
晴明より博雅や菅原道真、真葛が面白いので好き。

GWは帰る暇なさそうなので、色々読もうと思っています。
こっちで遊ぶ計画たてないとね。
[PR]
by you-lilly | 2009-04-26 21:20 | book/comic

スラムドッグ$ミリオネアと三銃士

スラムドッグ$ミリオネア、公開初日に見に行きました♪
アカデミー作品賞受賞だけあって、前評判はたかく
初日から凄い人でした。(舞台挨拶もあったしね。)

私は、物語にはそれほど魅かれはしなかったんだけど
あの「スラム育ちの少年がなぜ答えを知っていたのか?」という
広告文が気になって、やっぱり見に行ってしまいました。

見た感想としては、案外普通のラブストーリーだったなあと。
お兄さんとの兄弟愛や、孤児同士の同胞愛、そして恋人ラティカとの愛。
どれもがストレートに描かれたヒューマンドラマ的作品でした。
特にひねりもなかったし、こういう作品がアカデミーをとるようになった
ことの方が、逆にへえ~と思わされたというか。

この作品で大きいのは、きっとインドという新しい映画界の素材ですね。
物語に色濃く映し出される、混沌とした世界。
綺麗で煌びやかな側面と俗物的で汚い側面。
物質的な意味でも精神的な意味でも、非常に対照的で
今現在、両極端に存在しているものなんだなあと思いました。
インドは、好きな人と嫌いな人が大きく分かれる国だとは言うけれど
自分はどっちかと考えると、ちょっと笑ってしまいます。
0を生み出した国ですからね。
今後、映画界でも大躍進するかもしれません。
個人的には70点くらいかな。見たい方はぜひ劇場へ。


どうでもいいけど、私はラストの問題ににやりとしていました。
三銃士の問題なんですが。

Q.アレクサンドル・デュマの「三銃士」に登場する三銃士は
アトス、ポルトス、そしてもう一人は誰?

A.アラミス B.リシリュー C.ダルタニアン D.プランシェ

勿論、答えはAのアラミス。
これは常識問題。三銃士読んでりゃ分かる。
ただ、ちょっと曖昧に覚えている人はダルタニアンで間違えるかも。
なぜかというと、「三銃士」の主人公は三銃士より
実は銃士志望のダルタニアンの方だから。

リシリューは、フランスの枢機卿で、ルイ13世の暗殺を企む人物ですから
三銃士の敵な訳で完全に不正解。
Dのプランシェに至っては、ダルタニアンの従者!味方ですね。

ちなみにアトスの従者はグリモー。ポルトスの従者はムースクトン。
アラミスの従者はバザンなのであります。
我ながらすげえマニアックだな。
個人的に、「三銃士」は有名な第一部だけではつまりません。
ぜひ「二十年後」「ブラジュロンヌ子爵」まで読む事をお勧めします。

そうすれば、ミリオネアでこんな問題が出ても大丈夫。

Q1「三銃士」で最後まで生き残るのは誰でしょう?
A.アトス B.ポルトス C.アラミス D.ダルタニアン

Q2「三銃士」で子供がいるのは誰でしょう?
A.アトス B.ポルトス C.アラミス D.ダルタニアン

答えは1→C。2→Aです。
三銃士は全編読めば、フランスの歴史と文学が相当頭に入って
勉強になるのでお勧めですよん♪♪
まあ、自分が何に詳しくたって、何が問題に選ばれるかによって
ミリオネアになれるかは解らないものなんですよね。
だから私はクイズは苦手です(笑)
[PR]
by you-lilly | 2009-04-19 15:32 | movie

thirty

ぼんやりしてたら忘れそう。今日は藤原祭だったー。
桜咲く朱鷺メッセからもう1年経つってことなのね。
にま~。にまにま。ふやふや。
思い出すだに幸せ。
熱い想いは日本海まで追いかけたのよ。(だが越してない)
初めての新潟はとってもいい思い出になりました♪♪
基央Tシャツとか、仕舞ったきり家の何処かに眠ってます。探そうかな。

やっぱり男の人は30から何か違うよね。
水嶋ヒロじゃないが、こう、守るべきものがあると
人はこんなにも…てなもので。
内省的で自分の世界を守るのに必死な音楽って言われてきたけど
健気に、大事なものを守ってきた結果
とても沢山の人を守り続ける音楽になってますね。凄いなあ。
区切りなんてないと言っていたけれど、
彼の音楽はこれからどう変わっていくのかなあ。
そろそろ聴きたいなあと思うこの頃。
[PR]
by you-lilly | 2009-04-12 22:18 | music

the HIATUS

Trash We'd Love Tour

6/01(月)千葉LOOK
6/03(水)札幌FACTORY HALL
6/04(木)帯広MEGA STONE
6/06(土)青森QUARTER
6/07(日)盛岡club CHANGE WAVE
6/09(火)仙台CLUB JUNK BOX
6/16(火)新潟LOTS
6/17(水)金沢EIGHT HALL
6/21(日)横浜Bay Hall
6/23(火)福岡DRUM LOGOS
6/25(木)鹿児島CAPARVO HALL
6/26(金)大分T.O.P.S
6/28(日)松山SALONKITTY
6/29(月)高松DIME
7/02(木)広島CLUB QUATTRO
7/03(金)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
7/08(水)高崎club FLEEZ
7/09(木)水戸LIGHT HOUSE
7/14(火)名古屋DIAMOND HALL
7/16(木)大阪なんばHatch
7/21(火)東京新木場STUDIO COAST

平日だらけってとこがあなにくらしや。
行けるのでしょうか…。色々無理そうで悲しい。
ま、ライブより先に音源ですね。どんな歌なんだろうな~。
一転、全部日本語でブルージーだったら笑う。
何語だって、笑って歌ってくれてたら嬉しいのです。
[PR]
by you-lilly | 2009-04-12 21:55 | live

e0078993_203382.jpg


「H」と「JAPAN」が送られてきました。
最近、久々に懸賞づいて。何でも当たると嬉しいものです☆
当たるのはいいんだが、家にいないことが多いので
しょっちゅう不在者通知が入り。更に連絡を怠るので転々と
送り返され、手元に届くのはかなり後になるという不手際さ(笑)
ちなみに、トワイライトの試写会が当たっていたのですが
地元に帰っていて、見事に行けませんでした。残念。

Hの櫻井君の可愛さにきゅーんとなり
JAPANの細美さんのおしゃれさににやりとしました。
やっぱりスタイリストつくと違うねえ~(^^;
インタビューはさーっとしか読めてないんだけど、
ずっと謎めいてた活動内容が解ってよかったです・
もうすぐ音源が届くんだなあという実感が湧いてきました。
5月27日ですか。
もう2か月ほどだっていうのに、未だバンド名が決まってなくて
細美武士ソロプロジェクト(仮)ってなってるのが
最高に笑えます。細美さんらしいなって(^^)v

音はまったく想像できないので、とっても楽しみです。
エルレはエルレで好きだし未練もあるんだけど
細美さんの声が大好きなので、他のバンドサウンドで
聴けるっていうのは、ひとつの楽しみ!
[PR]
by you-lilly | 2009-04-04 20:03 | music

恩人

新年度が始まりました。
春は出会いと別れの季節なので、本当に昔から苦手です。

束の間の休暇から帰ると、職場での別れが待っていました。
私が上京してから、本当に母のように親身になって
私の面倒を見てくれた先輩が退職されることになって
ささやかなお別れ会を開きました。

退職のことは秋から知っていたのに、もう一日中、涙、涙、涙でした。
年の近い先輩からは、「泣きすぎっ!」と笑われてしまうくらい
先輩の顔見るたび泣いて、涙を見せない先輩まで泣かせてしまいました。

なんで実家から遠く離れてまでこんなとこで働いてるのかな~と
思うこともあるのですが、私はこの先輩に会う為にここに来たんだなあと
思えるくらいすばらしい方で、強く縁を感じてしまいました。

お別れ会では、言いたいことの半分も伝えられないだろうと
事前にお手紙を書いておきました。
その返事がPCに届いていて、それを読んだらまた涙でした。
「厳しいことも言いましたが、ついてきてくれてありがとう。
もうあなたは立派に一人前です」
1年分は泣いたな。涙の川ができるほど(笑)嬉しかったです。
この人に会えてよかった、って思える人に自分もなりたいですね。
4月からは一層責任の重い仕事を任されたので
心機一転、気合を入れて頑張りたいと思います。
[PR]
by you-lilly | 2009-04-01 23:46 | weblog