<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最終巻読破!

e0078993_2155523.jpg


I DID IT !!Finished~!!

「HARRY POTTER AND THE DEATHLLY HOLLOWS」
(仮題「ハリー・ポッターと死の秘宝」)読み終わりました!

図書館から借りてた時は、読みきれず返しちゃったんですが、
そんなに読みたいならって、見かねた人が
原書をプレゼントしてくれたんです。すごい分厚いUK版。
本格的に読みだしたのは1月かな。
2月になるともう止まらず、毎日夜に少しずつ読んでました。
途中から英語だっていうのを忘れるくらいハマりこんで…。
そして、19日…ついに完結。

今は凄い達成感というか、充実感でいっぱいです。
自分が英語で読みきったっていうのもそうだし、
ホグワーツ魔法学校の7年間の物語が終結した事も感慨深いです。
嬉しくもあるし、ちょっと寂しいような。

日本語訳を待つ皆さんより、一足お先に内容を知ったという
優越感(笑)的な誇らしさもあるけど、どっちかというと
英語圏の子どもにやっとこさ追いついたっていう気持ちの方が大きい。
今は、口開くとネタバレしそうでどうしていいのか。
すっごいネタバレ全開で、誰かと語り合いたいなあ(>_<)

以下、最終巻ネタバレ注意!
[PR]
by you-lilly | 2008-02-20 00:28 | book/comic

I'll Be Waiting

ラヴ・レヴォリューション




慢性睡眠不足の私です。年始の目標はどーした…
忙しいと言うのは好きじゃないから
もっと時間の使い方を上手にしたい…
食事中に眠すぎて、噛むのがダルくなってきたり
お風呂で気がついたら耳が水面についてたり。終わってるな~。
眠い…眠いよ…zzz。

今絶賛脳内ヘビロテはレニーです。クラヴィッツです。
ずーっとI'll Be Waitingがかかってます。Lのせいですね。
私がレニーを聴く日が来るなんて。大人になったなあ!
でもこの曲ほんといいんだよ。暗めのピアノがグーです。
全然関係ないのに、映画の世界とシンクロしています。
「日本の皆さんこんにちは、ロック界のLです」なんて
指でLマークを作るあたり、かなりお茶目な人なんですね、レニー♪

あと、今日のアクセスがおかしい位多いんですがなんですか。
BUMPの追加公演のことですかね。
私は大阪行けるかも微妙になってきたので、考えたくもないです。
お願い、新潟だけは。絶対。行きたいのー(切実)
[PR]
by you-lilly | 2008-02-17 23:25 | music

GLAY HIGH COMMUNICATIONS TOUR@神戸国際会館

13日GLAYのライブに行ってきました!
ホールクラス、そして地元で見たのは初めてです…。
色んな意味で感慨深かったです…。

ってことでとりあえずセットリストを。
バンド側の意向で、セットリストのネタバレ厳禁なので
見たくない人は、以下絶対見ないようにして下さい。
レポはかけ次第追記しときます。

ネタバレ注意!
[PR]
by you-lilly | 2008-02-14 01:45 | live

L change the WorLd

e0078993_2246202.jpg

完結してきました!
公開からこんなに早く見に行ったの初めてかなあ。
もう、待ってられなくて、思い立ったら映画館に居ました。
見た感想は、もう、もう…ありがとうございました、です。

これでもうLに逢えないのかと思うと寂しいです。
どんだけL好きだったの(>_<)

ほんとは長々自己満感想書いてたんですけど
消えてしまったので(泣)もう同じことは書けません…が。
やっぱり、せっかくだし、ちょっぴり?ね?
以下ネタバレ注意です。

チェックメイトです。
[PR]
by you-lilly | 2008-02-11 22:46 | movie

倉敷の夜

Dizzy Lifeのぽちさんに教えて戴いたんですけど♪

TERUさんのブログにBUMPからの贈り物が!
しかもみかん。可愛いな。

GLAYとBUMPに接点なんてあったんだねえ~(失礼;)
TERUさんやJIROさんは結構BUMPのこと好きだけど
BUMPの方は…(ごにょごにょ)
先輩に気遣っての事という気もするけど、これで片思い実る?
良かったねえ☆ファンとしては素直ににまにまです。

岡山倉敷のヒサバに
升さんとチャマが遊びにお邪魔して
その宴はどうなったんだろう…(てかどういう経緯でそうなるの?)

あまりのGLAYのパーティ好きに引いたんじゃなかろうか…;
と余計な心配をしてみたり。流石に藤君はお留守番ですね。
若いバンドの方がお酒飲まなかったり、打ち上げしなかったり
ストイックだったりするから不思議です。

あー気になる気になーる♪
どこでもいいから、1度そういう打ち上げに参加してみたいものです。
大して飲めない身じゃ辛いかあ。
[PR]
by you-lilly | 2008-02-05 01:52 | live

スピンオフ L Lawliet

L FILE No.15
2月は期待の映画の公開ラッシュです。
この間も少し書きましたが、「エリザベス・ザ・ゴールデンエイジ」
「アメリカン・ギャングスター」…挙げればキリないほど。
ほんとにこんなに見に行けるのかな~。
中でも、「L change the worLd」は1年待ってましたね。

今日、金曜ロードショーで「DEATH NOTE前編」をやってて
DVD持ってるくせに、ほとんど見てしまいました。ながら族で(笑)
だってL×ロッテのコラボCMが流れるっていうんだもん。
コアラ編の他にも、電話編、テニス編と色々あるらしい。
ファン心理をついた、小憎らしい企画だなあ。
L PROJECTによると、今週は公開に先駆けて最後のL祭のようです。
(ローソンではLの宣伝アナウンスまで流れてるらしい;)
「L FILE NO.15」もその1つ。
蜷川実花さん撮りおろしの写真、そしてワタリの日記…。
妙に謎めいた風を装ってますが、言っちゃえばファンブックでしょ。
Lの知られざる日常、設定がやまほど…。
Lも寝るんだ~♪Lもトイレ行くんだ~♪お風呂入るんだ~♪
ってなミーハーな心が満たされる一冊です。

で、ちょっと嬉しかったんだけど(つい買っちゃった!)
蜷川さんの写真が、そういうミーハー心を刺激する写真ばっかり
だったので、逆に「これでLはいいのかな?」って事も思っちゃいました。

事実、何かのインタビューで松山ケンイチさん自身が
「Lという人物がここまで愛されて、もっと見たいと言われるのは嬉しい。
ただ、それをすべてやってしまうと、せっかく本編で
創り上げたL像を、壊してしまうことになる。」と言ってたんですよね…。
それはとっても共感できることで。
確かにLはキャラとして凄く人気があるけれど、
ミーハーに応えて作ったら、絶対に良い作品はできないですよね。

松山さんは、Lが絶対にしない事はしないと、
監督と口論してまで、再びLを創り上げたそうです。
Lが人を救うんじゃなく、LがL自身を救う物語にしたかったそうです。
そういうとこ、好きだなあ。
だから彼が、最後までLという人を演じてくれた事が嬉しかったです。

予告見る限り、ママチャリに乗ったり、L走り(?)まで見せてるけど
単に人気に肖った作品じゃないことを願っています。
なぜ、Lが微笑んで死ねたのか、やっぱり気になるから。
チケットは既に入手済みなので、なるべく早く見に行きたいと思います!
[PR]
by you-lilly | 2008-02-01 23:56 | movie