<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2007 BEST AWARDS

今年もこの季節がきちゃいました。
2007年のマイ・エンタを振り返る時期が。早いのお…。
今年は個人的に忙しくて、あまり幅広く音楽広げたり
ライブ行ったりできなかったので、凄く視野は狭い感じしますが
まあ、それはそれ。狭い中でもBESTを選んでみます♪

BEST SINGLE

①SIX DAY WONDER (ストレイテナー)
②花の名(BUMP OF CHICKEN)
③Flavor of Life (宇多田ヒカル)
④CHE.R.R.Y(YUI)
⑤ボニー&クライド(髭)

(以下すべて順不同)

元々好きなアーティストはさておき、普段買わないのに
気になるって、それだけ曲の力だよなあって感じる。
どれも大好きでよく聴きました。
個人的には①が802のヘビロになって嬉しかった…。

BEST ALBUM

①orbital period (BUMP OF CHICKEN)
②LOVE IS BEAUTIFUL (GLAY)
③LINEAR (ストレイテナー)
④The Best Damm Thing (Avril Lavigne)
⑤LOST HIGHWAY (BON JOVI)

好きなアーティストの新譜で埋まった感じです。
1番意外だったのは⑤。
リリースする事も、内容もビックリなものでした。

BEST SONG

①ジュゴンの見える丘 (COCCO)
②HERO (tacica)
③image training (NICO TOUCHES THE WALLS)
④ハロー・ハロー (superfly)
⑤AFTER THE CALM (ストレイテナー)
⑥ひとりごと (BUMP OF CHICKEN)
⑦MIRROR (GLAY)
⑧Girlfriend (Avril Lagvine)
⑨UNDER CLASS HERO (SUM41)
⑩WONDERFUL&BEAUTIFUL (レミオロメン)

好きなアーティストのアルバム曲や
シングルランクから漏れたものをピックアップしてみました。
③、④はヘビロなので、凄く耳に残っています。
②はコメントしづらいけど、最初聞いた時は
あまりにもあの人に似ていて、少しショックでした。
今聞いたら全然似てないんだけど。なんでそう聴こえたんだろ…。

BEST MOVIE

①蒼き狼地果て海尽きるまで
②ヱヴァンゲリオン新劇場版 序
③ハリーポッターと不死鳥の騎士団
④パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド
⑤ブラインド・サイト 小さな登山者たち

映画は正~直、旧作の方が沢山見ました。
劇場に行けたのは数少なく
見たいDVDでまだ見れてないものが山ほど…。
なのでこのランキングはちょっと不本意です。

WORST MOVIE

①ファンタスティック・フォー銀河の危機
②ナイト・ミュージアム
③The licence to wed
④THE DEPARTED
⑤Mr.Been's Holiday

ワースト書けるのって映画ならではだなー。楽しー(笑)
①はダントツ!
後は物足りなかったり、性格合わなかったり色々…。

BEST DRAMA

①風林火山
②山田太郎ものがたり
③24 SEASON6
④ホワイトハウス SEASON4
⑤花ざかりの君たちへ

これは書こうかどうか迷ったんだけど…
あまりに音楽と映画のランクがへぼいので付け足してみた。
今年は自分にしては日本のドラマ見たんじゃないかな。
①は久々に大河でヒットですね。演技・脚本ともに申し分ないです。
②と⑤は原作のドラマ化だったけど、どちらもそれなりに面白く満足。
海外ドラマは今年は少し不作だったかな…
LOSTのSEASON3もプリズンブレイクのSEASON2も
いまいちピンと来なかったですねえ~。来年に期待!


あまり手を広げられなかったと言いながらも
やっぱりいっぱい音楽と映画にはお世話になってますね。
映画は旧作100本以上見ていました。
音楽の数より、見た映画の方が多かった事に自分でもビックリです。
時間があったら感想書きたかったけど、流石に無理だった(笑)
でも、まだまだ。音楽も映画も足りないなあー。
来年はもう少し時間的な余裕ができたらなあと思います。
2008年も良い出会いが待ってますように♪
[PR]
by you-lilly | 2007-12-29 02:06

Three Diamond Drops

e0078993_23566100.jpg

素敵なクリスマスでした。
私は昔、某ジュエリー店でアルバイトをしていて
「お客様、こちらがプラチナのお素材でございます」とか
ぎこちない販売やってたんですが(笑)
今年のクリスマスに、そのお店でお世話になった
スタッフさんが私の為にアクセサリーを選んでくれたんです。

自分じゃ全然買わない私に、先輩たちが寄ってたかって
似合う色とか使えるデザインを一生懸命考えてくれて
なんだか凄く嬉しかったです。

結局選んでくれたのは、イエローゴールドの三石のダイヤモンド。
三石は、「現在・過去・未来」の自分を表すと言われています。
現在の自分が輝けるのは、過去の自分が輝いているから。
そして未来の自分が輝けるのは、今の自分が輝いているから。
女の子が好きそうな販売トークの一つなんですが(笑)

「これから頑張ってね」というエールと一緒にそう言われると
不思議と素直に聞けてしまいます。そう信じたいんだろうな。
私の名前は、宝石の原石の事で
磨けば磨くほど輝く、という意味があるので
凄く運命的なものを感じてしまいました。
もう、自分の好みとか主張しないままに、受け入れてしまいました。
時々こうやって運命的な偶然に身を任せてみたりします。
「ひとつだけ ぎゅっとつかまえて離すな」のダイヤモンドだし。
三石は、弱い自分、強い自分、かけがえのない自分、かもしれない。
そう考えると嬉しくなります。
一つのものを永く大事にするタイプなので
これからずっと大切に使っていきたいと思います。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-25 23:56 | weblog

星の鳥

orbital period



泣いたとか感動したとか、最高!じゃ月並みで。
評論家みたいな感想書いてるブログは大嫌いで。
けど自分の言葉を書こうとすると、
ひどく個人的な話になっちゃうので書きにくいな。
毎日聴きこんで、気がついたらアルバム曲ばかり聴いてたりします。
特に「才脳人応援歌」「ひとりごと」「飴玉の唄」のループ…。
相変わらず綺麗なメロディと歌声に沁みながら
僕と君の関係を色々考えてしまいました。

More?
[PR]
by you-lilly | 2007-12-22 03:05 | music

orbital period

e0078993_1461813.jpg

お昼休みに抜け出してHMVに行ってむふふ。

夜にポイントでフラゲして
家に帰ったらめちゃ眠くて
お風呂で目を醒ましてみたけど

頑張ってベッドの真横に別ステレオ設置してみたけど

………

曲聴きながら眠ってました☆
寝心地よすぎだぜ!(←負け惜しみ)
確か夢の中で星の鳥か衛星になってました。
暗闇に流れる隠し、怖かっただろうな。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-20 01:46 | music

無口な群衆息は白く歴史の深い手にひかれて

e0078993_0371228.jpg

最近夜遅く元町を通って帰る事が多いので
毎日ルミナリエを見て帰るという贅沢ができるんだけど
わざわざ毎日大渋滞にはまる人はいない訳で
結局1回しか見てなかったから、最終日の今日、もう1度見てきた。
毎年見てるけど、今年のデザインは好きだな。
私のバカ携帯にしては写メまともに撮れたと思う。

ああいった物を見上げると、ふと感傷的になる自分もいて
なぜか十年前の事を思い出したり、今年やり残した事とかを考えてしまう。
この光を見るのも今年で最後になるのかあーと思うと少しほろりともきた。
ライブでもそうなんだけど、大群衆の中にいるのに、
親しい人と一緒にいるのに、なぜかひとりぽっちになったような
すっごい孤独を感じる瞬間があるんです。

e0078993_0555058.jpg

[PR]
by you-lilly | 2007-12-18 00:37 | weblog

記憶

「orbital period」はどうもアルバム先行オンエアがないので、
ひどく謎めいたアルバムに感じる。
ユグドラシルの時は、アルバムリードが3曲あって
「ギルド」「Fire Sign」「車輪の唄」だったよねって言ったら
よくそんな事覚えてるねって言われた。そうかな。
自分でも変だと思うけれど、覚える気がなくても
異常に覚えている言葉や数字があって、音楽に関しては特に顕著。
発売日とか、雑誌に書いてあった発言とか
暗記する気もないのにめちゃくちゃ覚えてるんです。
最近は忙しくて、それも少し薄れてきてるけど
中高くらいの自分の、その分野の記憶力って凄くて
どんだけ真剣に思ってたんだろうって。笑えるんだ、これが。

「かさぶたぶたぶ」はかさぶたが主役だとか
パンクっぽい曲があるとか、前情報は色々入ってきてるけど
せっかく先行オンエアがないんだから
なるべく噂や憶測、ほんとの情報でも排除しています。
買った雑誌もおねんね。
こんなにゼロの状態でリリース日を迎えるって初めて。
18日夜に取りに行くつもりだけど、お昼休みに抜け出そうかな(笑)
ツアー、みんな第2弾で喜んでるけど
第3弾も隠されている気がする。たぶん代々木か横アリあたり。
アルバム聴いたら、気持ち止まらないだろうな。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-17 00:34 | music

グリスマスサスペンダーショット?

e0078993_23293656.jpg


この1週間、関西のメディアはBUMP三昧でしたね。
各局SPECIAL WEEKも重なってお祭り騒ぎだったような。
びみょーに忙しくて、全部録音録画になっちゃいましたが
火曜からは久々、メンバーも来てくれて嬉しかったな。
関西でしか見れない(聴けない?)メンバーの表情とかあって
それを見るのは好きだから、結構楽しんでます。

梅田のタワーステーションの公開生放送は見に行きたかったけど
全然そんな時間はありませんでした(泣)
「ユグドラシル」の時は暇ッ子で、めちゃ見に行ってたのになー。
「これが大人になるって事なのね…」とか気だるく呟く自分。虚しい(^^;
3年4ヶ月って月日を感じちゃったよ。

でも、なんだかんだ言っていつも1番良いのは
NHK-FMのミュージックスクエアな気がします。
静かーに、落ち着いて、じっくり長い時間アルバムの話が聞けるものね。
メディア用の説明やノリの喋りじゃなく、
素の真面目な話や笑いが聴けた時が、私達も1番嬉しい気がします。
毎日来る『28』メールは実は面倒で放ってる事も多い私ですが
気がついたら、もうカウントダウンもLAST 5に!?
いやー楽しみ楽しみ♪このドキドキも今だけですね。

そういや、さっきおめでとうございますメールも来たんですけど。
「当選 朱鷺メッセ」って…。
来年の藤ロック参加決定ー!!(笑)
冗談のように申し込んでみたけど、当たったからには行かなきゃねえ~
ほんとに行けるかどうか予定は未定なんですけど
当選メールのおかげで、俄然行く気になってきた。
新潟はたぶん人生初上陸です。すっごい楽しみボム。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-14 23:26 | radio

本嫌い原作好き

よく本が好きそうとか言われるけれども実は割と苦手。
字は眠くなるのでなるべく絵か写真でもつけてもらいたい。
つまりマンガか雑誌の方が100倍は読んでると思われる。
とはいっても嫌いではなく、
読みたい本は山ほどあるのが私の矛盾してるとこだろうな。
そんな私にとって、最近の映画やドラマの原作映像化ブームは
とってもありがたくて、挫折した本にもう1度触れるチャンスになってる。

黄金の羅針盤〈上〉Âライラの冒険

この間「ミッドナイトイーグル」を見た時、予告が流れていました。映画化を知った半年ほど前、
原作にチャレンジしてみたんだけど
思いの外、序章が難解で半分もいかずに挫折(^^;
絶対にあれ児童文学じゃないってー(笑)と言い訳してましたが
映画にしてみると凄い迫力あって、ロード・オブ・ザ・リングなみに
面白そうでした。映画が来るまでに、もう1回読んでおきたいです。
1度ハマっちゃえば後も続くんだろうけど。それまでが辛いんだ…。

鹿男あをによし

これは全部読みましたよ。
直木賞から漏れた時に作品の事を知って読んだんだけど
思っていたのと全っ然違う不思議もので。
だからあまり好きじゃなかった。

研究室から追い出されて、奈良に赴任する教師の話なんですが
奈良に来た当初、生徒に
「奈良の主婦は鹿に乗ってビブレに行くんですよ、知らないんですか?」
とからかわれるくだりが好きですね(笑)真実は奈良の人ぞ知る。
来春、玉木宏主演でドラマ化するらしく、少し見てみたい気も。

人のセックスを笑うな (河出文庫)

タイトルがタイトルだけに皆最初は引くみたいね(笑)
来春、松山ケンイチと永作博美さん主演で
映画化される作品です。

映画の前宣が良い感じだったので、どんな話なんだろうなあと思って
読んで見たら、これまた大したことなかった(笑)
きっと映画の方がずっとムードがあって、
切なく泣ける話になってるはず。主役以外の俳優陣もいいし。
…と期待している…んだけどな。
紹介しておいてなんだけど、原作がよくないものは
原作を読んでない人は映像を先に見た方がいいかもしれません。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-09 23:46 | book/comic

俺様の音を聴け!



去年の今頃はやたらクラシックを聴いていた気がする。
ドラマ「のだめカンタービレ」のせいですけど。



元々たまにしか聴かなかったのが、凄い影響力で引き込まれていって
程好くクラシックの知識を身についたので、良かったなあと思います。
あのドラマ、凄い好きだった。
ベト7、ブラ1、ラフ2。この略懐かしいな(笑)
今でも凄い好きで、歪んだ音や歌詞が聴きたくない時によく聴いている。
そんな自分はちょっと変わったのかなあと思う。

原作の方はどんどん進んでいますね。
どちらかというと、周りの音楽仲間の話が多いのに
音楽に悩み、音楽から去る者を見て
最後まで音楽に残る2人が際立ちます。
2人の仲は安泰のようで、やっぱり少し不安も残していてハラハラ。
この話は千秋とのだめの共演がラスト、と囁かれていますが
その終章を見るには、まだまだ試練と時間がかかるようですね。

新春放映の「のだめカンタービレ2夜連続SP」は
千秋のプラティニコンクールがメインになるみたいです。
でもドラマなので原作と違って、ポンヌフの跳び蹴りや
変態の森に突入する千秋が見れる!?ようなのでドキドキ(笑)
言語の壁をどう乗り越えるつもりかよく解んないけど
とりあえずターニャをベッキー、フランクをウエンツが演じるそうなので
それだけで面白そうだなあとワクワクする。かなり楽しみ!
[PR]
by you-lilly | 2007-12-06 23:10 | book/comic

京都紅葉狩07

恒例、今年も京都の紅葉を見に行ってきました♪
ちょっと遅くなりましたが、ちょこっと写真をのっけたいと思います。

問題はどこに行くか、なんですが
京都は行った事ある場所も多いので、紅葉が良くて
人ごみがマシなとこ、という少々マニアックな場所を選びそうになったり
初心に返って、凄い王道に行ってみたり、凄く迷います(笑)
去年は嵐山に行って、紅葉状況も天気も最高に良かったので
今年は別方面で何日か、マニアック・王道とも行く事にしました。

e0078993_1435693.jpg

天気は最高に良くて、ちょっと光の量が多いくらい。


e0078993_1392890.jpg

石庭の石は、1度にすべて見えないようになっている。


e0078993_139023.jpg

一見誰も居ないようですが、京都は恐ろしい数の人出。


e0078993_1424932.jpg

床紅葉ならぬ水紅葉。水面に映った紅の綺麗さったら。


e0078993_1383742.jpg

毛布にくるまって眠ってる大原の猫。ラブリー♪


e0078993_1395670.jpg

この時期の京都は、どの社寺でも受賞菊に出会います。


e0078993_143993.jpg

金色色の紅葉とはこのこと。


e0078993_141794.jpg

松。


e0078993_1433551.jpg

空に滲む水彩みたいじゃありません?


e0078993_1413918.jpg

お庭を眺めながら、タダで茶菓が頂けるんです☆


e0078993_145771.jpg

赤というよりオレンジ色のグラデーションですね。


e0078993_1401915.jpg

アイスきゅうりって!実は裏にアイスなすも!(笑)


e0078993_1422941.jpg

よーく見ると、橋には馬鹿みたいにぎゅうぎゅうの人が…


e0078993_1404222.jpg

渋すぎて、誰も入ってなかった○○寺。


e0078993_144473.jpg

見上げて溜息。びゅりほー☆


e0078993_142433.jpg

おばあちゃんが囲炉裏に灯をいれてくれました。


e0078993_1441657.jpg

鞍馬で天狗のお迎え。怖い(笑)


e0078993_1452547.jpg

淵だけが赤いのです…異常気象の影響?


e0078993_1454837.jpg

夕方なのに真っ暗な山中。夕闇に灯る紅葉灯篭。


e0078993_147586.jpg

抹茶しるこ~。


e0078993_1474358.jpg

紅葉トンネルを抜ける時、車内の電気すべてが落とされる。

凄く幻想的な一時。



去年の嵐山の良さには負けるかもしれないけど、
今年も色々な所に行けて、凄く楽しかったです。
ただ、紅葉が少し不作だったかな?
猛暑のせいか、時期も綺麗さもいまいちだったみたいです。
来年期待!と言いたいとこだけど、異常気象のせいなら
この先ずーっと危ないですよね。なんとかしないとニッポン。

私的には鞍馬山の荘厳な感じが好きでした。
宮崎アニメで言うならこだまでも出てきそうな。
大河ドラマで言うなら義経を彷彿とするような。
頭の中はタッキーと美輪様が台詞を喋ってました(解る人には解る。)
やっぱり京都は何かを感じます。次はどこに行こうかな。


撮影地:
大原三千院、岩倉実相院、宝泉寺、鞍馬寺、貴船神社、東福寺など。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-05 01:48 | weblog