<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Home ship? Home-ship?

ラヴィンポーキン。ツアー第2弾発表です。めでたいです☆
ほんとに事前に漏れてた通りでした。
個人的には時期が少々微妙だけど
東名阪が3月までに終わるので、ちょっとホッとしました。

BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR "ホームシップ衛星"

2/23(土)2/24(日)
千葉 幕張メッセ国際展示場ホール9・10・11
3/6(木)3/7(金)大阪 大阪城ホール
3/17(月)3/18(火)名古屋 日本ガイシホール
3/22(土)仙台 ホットハウススーパーアリーナ
4/5(土)金沢 石川県産業展示館4号館
4/12(土)新潟 朱鷺メッセ
4/19(土)札幌 北海道立総合体育センター きたえーる
4/29(火)広島 グリーンアリーナ
5/5(月)5/6(火)福岡 マリンメッセ
5/10(土)静岡 エコパ・アリーナ

よく見ると…“ホームシップ”って何(@@)~*
寒い、なんか寒い感じがする!(笑)
MY PEGASUSがPEGASUS YOUになったみたいに
ホームシックな衛星も、ホームシップになるんでしょうねえ~。
意味があるんだか、ないんだか。文法変(笑)

今回は、ちょっと関西以外のところも
1個行きたいなあと思ってしまいました。
きっと時間が許さないだろうけど。「あの日」が入ってる。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-28 22:54 | live

100 thousand hits !!

e0078993_20585976.jpg


Thank you for 100000 hits !!

25日に10万ヒットしていました。
(IP数なのでカウンター数ではないですが)本当に嬉しい事です。

元々書くのは何の苦もない人間ですけど
書いたものに対して、レスポンスして下さる方が居るから
これだけ書き続ける喜びも大きいのだと実感しています。
これまで読んで下さった方々には、心からありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願い致します。

写真はT-FMの80。YOUNG FLAG特集号です。
関西に住んでいるので貰いに行けないと諦めてたのですが
FMさんの方から贈って下さいました。大感謝です☆
3面の表紙になってて、壮観のバンド陣です。

そして…こっそりお話ししますけど
BUMPのアリーナツアーの発表は11月29日解禁の様です。
これ間違ってたらごめんなさいですけど
802でDJさんがうっかり情報漏らして、平謝りしてましたから(^^;
城○ールや、マリ○メッセ(隠す意味ない?笑)はある?よう。
ただ、どうも時期が期待してたより遅いみたいで
ちょっと個人的には行けるか解んなくなってきました。
よよよよよ。行けなかったらかなりショックかも。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-27 20:58 | live

生まれた意味を知る

1979年4月12日は木曜日で、雨の日だったという
藤原さんの話を読んで、ふと自分の誕生日の事も考えてみた。

私は晴れの金曜日生まれ。

生まれた曜日は元から知ってたんですが、
流石に天気までは知らなかったから、ネットで調べてみたら
すぐに出てきました。インターネットって凄いな~(笑)

でもほんとに、何の意味もないような事が
ビックリするような偶然の意味を持っている事ありますよね。

思い出すのはマザーグースの歌。
Monday's child is fair of face,
Tuesay's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for his living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.


という歌があるんですけど、これによると
木曜日に生まれた子どもは「旅に出る子ども」なんですよね。
なんだか藤原さんにピッタリだなあ~って思います。

ちなみに私は「惚れっぽい子ども」です(笑)
別の訳だと「愛情深い子ども」なんですけど
惚れっぽいが一般的の様で(^^;否定はしないです、ハイ。

古代メソポタミアで、木星を司ったのは
バビロンの守護神であり主神でもあるマルドゥク神。
(王家の紋章や赤い河でお馴染みですね)
マルドゥクが雨の神なら、金星はなんだろうと思って
調べてみたら、金星を司ったのはイシュタルでした。
愛と美の女神です。ほわぁ~畏れ多い事です。

生まれた曜日で、人の性格なんて決められないと
頭では解ってるけど、こういう運命的なものを信じちゃうと
不思議な縁や世界観を感じて面白いです。

そういえば、セーラームーン(古っ!!)で
金星はセーラービーナスとかいうのがいたなあと
不覚にも思ってしまった自分。小さい頃の思い出です;
[PR]
by you-lilly | 2007-11-22 19:45 | music

Immortal


「Immortal」フラゲに行ったらもう無かった…。
タワレコには行けなかったから、我慢するしかない。
こんな哀しい事があっていいのー!?

昨日のSOLに来校してて、
(ホリエ先生のダメっぷりはかなり面白かった)
凄いImmortalかかってて、Alibiとかとーってもカッコよくて
買う気まんまんだったのになあ。
それにテナーのメルマガ1号、驚きのホリエさん直々のメールで。
ちょっとテンションがあがってただけに、凹んだよ…。のーん。

腹いせ?にメルマガのアドレスを「ストレイテナー」で登録。
ちょっとほくそ笑んだ後、登録名を「ホリエアツシ」に変えてみる。
ますますにんまり。彼氏にバレたら、そっこー削除の対象だあ。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-21 01:12 | music

公転周期

BUMP OF CHICKENのアルバム、ついに、ほんとに、マジで(泣)
発表されましたね!まあ、昨日か今日が発表解禁だと思ってたけど
ポキメが来る前に、偶然公式で見て、ちょっと叫んじゃいました。
やったよー☆なんとか年内に間に合ったね(笑)

発売日は12月19日!収録曲はこんな感じ。
orbital period
1.voyager
2.星の鳥
3.メーデー
4.才悩人応援歌
5.プラネタリウム
6.supernova
7.ハンマーソングと痛みの塔
8.時空かくれんぼ
9.かさぶたぶたぶ
10.花の名
11.ひとりごと
12.飴玉の唄
13.星の鳥 reprise
14.カルマ
15.arrows
16.涙のふるさと
17.flyby

全17曲(2と13はインスト)

17曲もあるなんて♪藤君お疲れ様♪
またアルバムジャケットが綺麗なんです♪
インストの曲で「星の鳥」っていうのがありますが、
まさに星の鳥って感じの、BUMPのエンブレムの様な羽です。

アルバム名の「orbital period」は、「公転周期」という意味ですね。
これが存外深いんだよなあ。

普通にとると、天体が他の天体を1周する時間の事ですけど
メンバーの年の28歳を考えてみると…不思議な事が起こる。

地球は約365日かけて太陽の周りを1周するんだけど
その暦は、閏年をはさみ、曜日と日付が段々ずれていって
再び曜日と日付が合致するのは、遥か28年後なんですよね。

28 YEARS ROUNDですよ、皆様!(気づいて~)

28という数字の不思議。
28年かけて戻ってきた、その原点回帰に何を思うんでしょうね。
何年経っても「ガラスのブルース」を唄い続ける、その精神。
勝手に深読み妄想爆走ですけど、このアルバムヤバくないですか?

いつもいつも関係ない、偶然だって言うけど、
藤君て毎日天体の勉強でもしてるんじゃないの?って思うくらい
意味深なもの教えてくれるから面白い。
人よりずーっと大きな世界観で生きてるのかもね。
あとはライブに行くだけだなあ。
ホームシック衛星。これでやっと意味もわかったねvv
震えて待て。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-19 19:28 | music

ROUTE894公開生放送@京都駅ビル

ストレイテナーがゲストのFM京都公開生放送に行ってきました!
京都駅ビルは、もうクリスマスムード満点。
ホリエさんもムーディですねえ…と言ってました。

東広場は初めて行ったんですけど、CAFEの中に
ラジオブースがあって、凄く雰囲気の良い場所でした~。
それにタワレコよりは遠いけど、なんだか安心する距離で
じっと落ち着いてホリエさん見れたので、とても和やかでした。

話の内容は、時間があれば追記するとして
大事なのはホ リ エ 髭 な か っ たですよ!
証拠写真は→こちら
つるつる。つるつる。追加公演の時のちょびヒゲはなんだったの?
きっと評判が悪かったんだろうなあ~(笑)

公開生って近くで会えて、すごく嬉しいんですけど
お互いどこ見つめていいのか、恥ずかしいものあるんですよ。
で、うわ~うわ~ってなるうち、口元見たら消えた!?ってなる訳で。
黒メガネに茶のチェックを着てらしたんですけど、そうしてると
世の大学生と大差ないので、やっぱ髭なしがいい(^^)b

ホリエさん、わりと楽しそうに喋ってくれてましたよ。
無理矢理京都に泊まれるよう手配した位
京都に来たかったみたいです。(夜ご飯は湯豆腐…☆)
どうせならあと1週間遅く来れば、綺麗な紅葉見れたのになあ。
私は新福菜館のラーメン食べて、紅葉情報をチェックして帰りました。
お金ないけど、ミニアルバム楽しみだー♪
[PR]
by you-lilly | 2007-11-16 01:25 | radio

L、最期の23日間

e0078993_22584441.jpge0078993_2257636.jpg







日曜は1日梅田中を歩き回りました。
そしたらクリスマスツリーを見つけた。街中クリスマスの準備に入ってる。
1年の内で、この秋からクリスマスにかけての時期が好き。

私も色々冬支度をしました。
手帳を探したり、写真を自分でアレンジする為に
アルバムリフィールを揃えたり。あと映画のチケットも。

ちょっと早いですが、DEATH NOTEのLのスピンオフ映画
L change the WorLd」の前売りチケットを手に入れてきました!

普段なら前売りなんてあまり買わないんですけどね…
今回は、Lのお菓子がついてくるというので(笑)
思わず買いに行ってしまいました。Lには甘い自分…;

TSUTAYA ON LINEで買うと、串刺しのお菓子な上
笑顔のL(!)の台紙という2大特典なんですけど、申込が面倒だし
送料とか手数料でなんだかんだボラれていくので断念。
素直に劇場で買える4種の中から選びました。

ショートケーキもキャンディもひょっとこも、どれも可愛くて
捨てがたく感じたけど、実際サンプル見せてもらったら
チョコレートしかない!って思いました。
この板チョコ、ブロック1つ1つに「L」って入ってるんです。
凝ってるなあ。2月の公開がとっても楽しみです。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-12 22:57 | movie

24 -TWENTY FOUR- SEASONVI

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス



帰りタワーレコードのカウンターで試聴してたら
いつの間にか眠ってて、椅子から落ちそうになりました。
タワレコで寝てしまったのは初めてだ(笑)
PUNKで30分熟睡。明らかに睡眠不足と見受ける。
今週は睡眠4時間で5時起きとか平気でやってましたから。

その原因1。ついに見終わりました24のシーズン6。
9月解禁から2ヶ月あまり…長かった…。

シーズン5の完成度がとても高く、史上大傑作だったので
今回はあまり期待してなかったんですけど、
それにしてもあららな展開で、ネタ切れ感は否めず…。
このままつまらないのかなーと思いきや
やっぱり、そこそこ盛り上がると楽しくて。
いつものごとく、それなりにハマったのでした(笑)
とりあえず、以下感想でございます。

ネタばれはこちらから。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-11 00:17 | tv series

ELEVEN FIRE CRACKERS TOUR 06-07~AFTER PARTY

ELEVEN FIRE CRACKERS TOUR 06-07~AFTER PARTY
/ Dynamord Label

やーっと見ましたよ。買ってからどんだけ暖めたかってくらい。
熱は冷めてない。


チケットが取れないとか、都合が悪くて行けないとか
そういうのは全然いいんだけど、やっぱり会えなかった分
他の音楽に目線が向いてしまって、ひどくエルレご無沙汰感が…

だから妙に冷静に見始めた気がします。
見始めて初めて、そういやこれ幕張だわ…とか気づく始末。
テナーのDVDもそうだったけど、普段ライブハウスでやってる人達が
幕張の舞台に立つと、うわー大きくなったなあと溜息が出る。

気になったのは、声が悪いなーってこと。
細美さんの高音が特に出ていなくて、擦れる。伸びない。
いきなりネガティブでごめんなさいなコメントだけど
ほんとにそれが気になってしまって、最初は入り込めなかったです。
あれはなんでだろ?
その前のツアーは、細美さんの声が潰れてしまって、
手術しなきゃいけないとか、もっとツアーをしなきゃチケットが
取れないお客さんに応えられないとか、そういう問題があったけど…
今回は大丈夫だと思ってたから、気になった。
たぶん、自分が行けてない分、歌の出来が気になったんだろな。

でも、そういうのを踏まえて落ち着いたら…
次第にライブそのものに感動できて、とてもよかったです。
高架線とか、本当にいい唄だと思った。

1番印象的だったのは、金星の前のMC。
「やーっとここ(胸)の穴が埋まった気がする。ほんと初めてだよ」
という言葉。

昔から、なんでこんなに輝いてるように見える人が
こういう事言うのかなって思っていたんですけど、
見かけでは解らない事はいっぱいあって
細美さんもその例外じゃないと、最近でこそ思うようになりました。

すごく、人から求められる事を欲してる。
どんなに成功していても、細美さんの心は埋まらなくて
客観的に、CDが売れるとか動員が増えていく事が
幸せじゃないんだなって解った。

ライブで満たされている自分が1番幸せなんだって言うのは、
それだけダイレクトに求められている自分を
リアルに感じる事が出来る場だからですよね。

「幸せ死にってジャンルがあったら、今絶対死んでる!」
って言葉にも、笑っちゃったけど、
この人はこういう人なんだーって思ったら少し切なくて泣けた。

幕張の広さに、バンドが遠くなってしまったと感じる人、
ライブ慣れしてない人の多さに、不完全燃焼を感じた人は
多々いたと思うけれど、
細美さんがこんな言葉を吐くんだったら
幕張もやってよかったのかなって。私は素直にそう思いました。

自分、このツアー参加してないしなあ…と思ってたんですけど
エンドロールを見たら、しっかり参加してた(笑)
11月16日のなんばHatch。
Allisterとストレイテナーとエルレガーデンという衝撃の3バン。
ツアーの最初すぎて忘れてたー。凄かったのにー(>_<)

対バンライブも刺激的でとてもイイもの魅せてもらったけど
今度こそはワンマンに戻らなきゃなあと思った。
会いたいもんなー。新曲も早く聴きたい。待ってるよ。

そうそう、この言葉も彼らしくてよかった。
「みんなライブハウスへ帰ろうぜ」
[PR]
by you-lilly | 2007-11-07 19:25 | live