<   2004年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

MY PEGASUS @なんばHatch

BUMP OF CHICKEN TOUR 2004 MY PEGASUS

041012(火)@なんばHatch
SET LIST

01.オンリーロンリーグローリー
02.天体観測
03.sailing day
04.車輪の唄
05.くだらない唄
06.ノーヒットノーラン
07.ギルド
08.太陽
09.リトルブレイバー
10.乗車権
11.K
12.ダイヤモンド
13.同じドアをくぐれたら
14.embrace
15.fire sign

En
01.アルエ
02.Danny


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ZEPPが終わってからネットでライブの情報を漁ると、今回
どうも2公演連続である場所は2パターンのセットリストがあるよう。

前は2公演あるなら、後の日の方が盛り上がるに決まってると思って、
後の日のチケットを探したけれど、
今回もし取れるなら1日目のセットリストが聞きたいと思い、
急遽難波1日目を探す。

しかし難波、人気があるのか解からないが中々譲り人が出てこない。
出てきても13日との交換か代引取引ばかり。
ダメもとで譲ってくださいBBSのところに書き込んでおいただけで、
諦めていたところ、公演3日前くらいに2人からメールがきた。

よくよく話を聞くと片方の方は100番台という。
これは願ってもない幸運、というかつきすぎている。
もう一人の方をお断りして具体的な話を決める。

その人は、社会人で当日も仕事帰りに来るそうだ。
私はいつチケットが取れてもいいように予定を空けていたので、
代わりにグッズを購入する約束をした。
こんないいチケットをくれる人なんだから、グッズを買うくらいお安い御用。

当日、学校帰り早めに難波へ。
昔ラジオの公開生放送を聞きに行った事があるけど、
難波ハッチ自体に入った事はない。
凄く綺麗な記憶はあるが、どんな構造だったかな。

流石にZEPPより近く行き易い。
難波の駅から難波ウォークを歩くとすぐ湊町リバープレイス。
もう既に多くの中高生らしき子たちがいた。

グッズ販売も早くから始まっている。
人気の緑のTシャツを頼まれていたので慌てて列に並ぶ。
今日はそれほど並んでおらず、すんなりTシャツとリストバンドを買えた。

そしたらまた藤君画のニコルダンボールがあった。
今回はZEPPの時より近くに寄れたので、皆に混じって写メールを撮る。
けど画面が暗くて上手く撮れない。
結局あんまり画像のよくないのを2枚とってその場を去る。

とりあえず着替えよう。
トイレに行って、持ってきたマイペガサスTシャツに着替え、
リストバンドを装備、髪型をまとめる。
この前はくくらないで行ってひどい目にあったから、
今回はまとめておこう、そう思ってのこと。

こうして用意を整えると、いよいよライブなんだと体が引き締まる気がした。
ロッカーに行ってみると、またファンでごった返し。
開場前に閉めるというので迷った挙句、
自分の荷物はロッカーに押し込め、連絡をとる為
携帯とお金とリストバンドをだけを持って、ホールに座り込む。

周りを見渡すとなんだかカップルや中高生が多いな。
ダフやさんも前見たのと同じようなのが来ていた。
外では開場に備えて整理番号別に人員整理が早くから始まった。

チケットを持っていない私はただホールで待っているしかなかったけど、
気持ちは心なし焦る。
チケットを持っていないというのは、スタンディングでは恐ろしく心細い。

早い番号を取っても、遅れたら意味がなくなるなんて、
忙しい人には冷たいシステムだな、と思う。
これじゃ暇な学生に有利で仕方ない。早く来ないかな。

居ても立ってもいられないので、ホールを出て大階段の方へ。
私と同じく、人を待っている様な人がたくさん居たり、
友達同士でご飯を食べあってる女の子たち、ダフや。

ポツリと雨が数滴落ちてくる場面もある中、陽が暮れ始める。
やっぱり10月にもなると少し夕方は肌寒い。
携帯が濡れないように屋根の下へ場所を移動させながら
ひたすら待っていると、ようやく電話が鳴った。
振り返ると私より少し年上な感じの人が
電話を耳にあてて人を探している様子が見えた。

あの人だ!と思って駆け寄ると笑って挨拶してくれた。
荷物をロッカーに入れる時間もなかった相方さんは、
すぐにチケットを出してくれて、急いで呼ばれる人ごみの中に混じった。

流石に番号が早いので呼ばれるのも早い。
ドリンク代やグッズのことなど必要な事を手短に話した後、
どうやってこのチケットを取ったのか聞くと、
相方さんも譲ってもらったチケットだそうで、
よくよく聞いていけば、自分も譲ってくださいとメールを送ったけれど、
気づいた時間が遅くて断られてしまった女の子の事だった。

私が買ったグッズもその子に頼まれた物のようで、
何だか凄い因果だなあと感心してしまった。

相方さんは、ZEPP大阪のライブにも行っていた様で、
もう一つのセットリストが見たくて今回のチケットを探したのだと言っていた。
私とまんま同じじゃないか~。

そして相方さんはかなりのライブ通とみえ、
スタンディング形式のライブに多く参加していたようだった。
だからライブハウスの中にも詳しくて、
今回狙う場所も、落ち着いて見られる、
少し段の高くなったところを探すと言っていた。

私もこの前は前に行き過ぎて正直曲に集中出来なかったので、
手すりの前がいいなと考えていた。
開場してすぐ、相方さんはロッカーに荷物を入れに走り、
私は先にエスカレーターを駆け上がった。

飛び込んだ会場は全体的に赤い光に包まれ、
ZEPPより横に長いという感じがした。
即座に場所を物色するも、前は当然のように人でいっぱい。

けれど2番目以降の手すり前が開いていたので、
丁度藤君のまん前にあたる場所の手すりをしっかりつかんだ。

時間が経つにつれ、自分の前のスペースが埋まっていったので、
正直整理番号の良さを逃がしたんじゃないかと後悔したりしたけど、
後から考えればこの場所取りは大正解。

前の方は何故か背の高い男の子が集中するので少し嫌だったけど、
ライブが始まれば見えるだろう。
何より、藤君が見える位置にいて全体を見渡したい。そう思った。

前見た時もステージ上の機材を眺めたけれど、今回もやっぱり同じだ。
前より真正面から見ているだけで何も変わらない。
曲も多分前と同じ場内音楽だ、やっぱりこれはメンバー選曲なのか?

曲の切れ目になる度客が期待したように緊張するけど、
次の曲が始まるとため息をつく。
そんな繰り返しの末、あの曲が響いた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

クイックワンだ。一瞬にして視界が暗くなる。
そして一気に後ろからの圧迫を感じる。

今回は前と違って自分が手すりの前にいるもんだから、
自分がストッパーになってしまい、かなり苦しい。
手すりと自分のお腹が限界まで押され、あざになるんじゃないかと思った。

前の隙間に後ろから入り込む子もいたが、
私は手すりを越えようとはせず、頑なに手すりの前を死守しようとした。
ここで手すりを離したら、どうなるか解かったもんじゃない。
必死で腕を手すりに絡ませながら、目はステージ上をおう。

今回ははっきりと4人の姿が見えた。
また最前の子達に手を差し出す藤君。
羨ましいけどあそこには到底行けない。

ライブ本編はこちらから。
[PR]
by you-lilly | 2004-10-12 23:58 | live