カテゴリ:movie( 70 )

ステイ・フレンズ

昨日「ステイ・フレンズ」という映画を見てきました。

代官山で、高校の同級生たちと会ったあと、
そういえば今日はファーストデイだなあと思って桜木町によったのです。

この映画、王様のブランチで予告見て以来気になっていたのですが
誰と一緒に行っていいものか迷った挙句、1人で見てきました(笑)

察してくださいな(笑)

でも、全然アリかもしれません。
親とか彼氏と行くのは避けた方がいいかもですが(^^;

ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・クニスが
とってもサバサバして付き合っていて、見ていて気持ちよかったです。

あんな男友だちがいたらいいなあ。
男の人と親友になるのって、大人になってからは難しいけれどね。

でも20すぎてからであった男友だちってみんな大事に思ってる。
恋愛なのか、友だちなのか微妙なまま話す時間って結構好きだったりして。

友だちだからこそ言えることもあるし、
恋愛関係になるのかもって思えばこそ出てくる雰囲気もある。

あと一歩踏み出すのかどうか、友だちのままでいるのか、毎度難しいです。
自分だけの問題でもないし。相手あってのものだし。

ディランのお父さんが言ったように
大事な人を逃して、後悔しないようにだけ、進んでいきたいなあと思いました。

ポップで見ていて楽しいコメディ映画なので
ぜひ同性のフランクな関係の友だちとどうぞ♪♪
[PR]
by you-lilly | 2011-10-02 19:53 | movie

Les Trois Mousquetaires

スイスに行った時、ローザンヌという街に泊まった。

レマン湖という大きな湖に面した文化的な街で、
バレエのコンクールやオリンピック委員会のある街として知られています。

この湖の対岸はフランス領になっていて、定期的に船が運航しているので
ちょっくら、フランスに寄ってきました。
以前なら考えられない行動力が、旅になると出ちゃうんです。

花がステキな村だというイヴォワールとちょっと迷ったんだけどね。
やっぱり、日本で愛されるあの、エビアンをぜひ飲んでみようと!!
エビアンに上陸したのです。

…と、この話はまたどこかで。

スイスの地球の歩き方しかもってないのに、よくフランスに行ったもんだと思います。
地図もパンフもないのに歩くのは、海外では初でした。

帰国してから、このエビアンの街についてもっと知りたいと思い
図書館で、最新の「フランスの」地球の歩き方を予約してみたんです。

そしたら、行きたいところが山のように出てきてしまって。

そういえば私、ルイ16世とマリー・アントワネットの時代や(ベルバラの影響)
ルイ13世の時代(三銃士の影響)、ルイ14世の時代(続・三銃士の影響)で
フランスってみたいところが山ほどあるのでした。

昔、幼いころに、パリには行ったことあるので
渡航候補地から自然と除外されていたフランス。

やっぱりステキな国なんだなあ。

しかも、地球の歩き方読んでいて気付いたけど、他の国より
よっぽどマイナーなところに行きたいと思わされる国でした。

たとえば、ヴェルサイユやルーブルなんて、もう行ったからいいのです。

ブロワに行きたいなんて、アトス好きじゃないと思わないし
ベル・イール島が見たいなんてアラミス好きじゃないと思わないし
カレーにたどり着きたいなんて、ダルタニアン好きじゃないと思わないのでしょうよ。

こんなこと思い出したのも、王様のブランチで見た最新映画情報に
最新作の「三銃士」が登場したからなのです。

どうも、アクション作にアレンジされているらしく
従来の三銃士とはずいぶん異なるような雰囲気でしたが
バッキンガムがオーランド・ブルームで、ミレディがミラ・ジョボビッチって!!
それだけで見に行っちゃいます(笑)

どうも、バッキンガムは悪役扱いで、空中戦になるようなのですが。
個人的には、剣の闘いが好み…;

キーファーサザーランドのアトスを超える三銃士はないのですが
やっぱり三銃士の作品自体が大好きなので、秋が楽しみです。

いつか行きたいなあ。
このマイナーな三銃士の旅(笑)

ラ・ロシェルとか!(包囲戦…)
トゥールとか!(マリーミション☆)
ヴァンヌとか!(司教様!)

こんな地名で喜んでるの、何人いるんでしょう?
たまにはこんなマイナーは話もよいかな。
[PR]
by you-lilly | 2011-09-11 22:19 | movie

ツレがうつになりまして。

久しぶりに試写会にいって参りました。
10月8日公開予定、
堺雅人、宮崎あおい主演の『ツレがうつになりまして。』です。

原作は昔から知っていて大好きだったので、ぜひ見に行きたいと思っていたんです。
ましてこの2人の主演作ならなおさら。

東映本社試写室での試写だったので、初めて東映に行ってきました。

映画の内容とは別に、行ったことのない会社におじゃまするのは楽しいです。
まして自分と畑違いの仕事だとワクワクします。

社内に山のように映画ポスターが貼ってあって、
社員さんの机は書類や雑誌やグッズ(この辺が業界ぽい)が山積みで。
絵に描いたような忙しそうな現場でした。

試写室までいくのに、普通に仕事場を通されてびっくりしました。
以前、東宝本社の試写室に行った時は
きちんと仕事場と試写室が区分けされていて
私たちも安心して、お客様然として、入っていけたんですが(笑)
今日はあまりのざっくばらんぶりにびっくりです。
招待された人、みんな笑っていました。

さて、肝心の映画といえば、割と良かったですよ。
原作は可愛い絵と、作者の明るい性格で
うつ病という大変な病気をコミカルに描いているけれど
やっぱり実写にすると、その深刻さがにじみ出ますね。

でも深刻なだけだと重たいし、適度な笑いと癒やしが大切で。
そのさじ加減がとても難しいんです。

堺雅人と宮崎あおいが、その微妙な空気を表現してくれました。
特に、堺さん、うまいですね。相変わらず。
気分が落ち込んでは泣き、ハルさんにすがりつく、
浮き沈みの激しいツレにぴったりでした。

うつ病が誰もがかかる、『心の風邪』だというのなら、
その実態や生活の苦しみ、ハルさんやツレが体験して得たものを
世の中の人みんなに知ってもらいたい…
そんなハルさんのねらいは、見事に成功したと思います。

本当のうつ病患者やそのご家族の方から言わせれば、
ハルさんの体験したツレのうつ病は軽度のものだそうです。
でも、苦しみに対峙する人の気持ちは
病気の重い軽いの問題ではない気がします。

世間的には軽いといわれても、自分や親しい人に突然ふりかかってきたら
自分はのりこえられるのでしょうか…
自分らしくいられるのでしょうか…
怖いです、宇宙かぜ。

ハルさんが「がんばらないぞ!」って何回もいっていたけれど
これも一種の自分への励ましですよね。

頑張れ頑張れと、自分を追い詰めてくる世界から
必死に自分を守っているような、そんな呪文の言葉に聞こえました。

個人的には、クレーマーだと思っていた「できないさん」が
最後に著者を手に、講演会で一言御礼を発し
ふりかえらずに帰っていくところが感動的な場面でした。

一方的な目で見れば、わがままなひどい人でしたが…
ふたを開けてみれば、彼も何かに苦しんでいた人だったのでしょう。
苦しみをぶつけられていたのだと、その気持ちがわかった瞬間の堺さんの顔。
一番の演技でした。
かたい壁が氷解し、一気に心が繋がったような気がしました。

ツレやハルさんのまわりに優しい人がいたのではなく
苦しんでいる人の周りには、優しさや思いやりの心が育つのだと思います。
風邪ひいた時って、まわりの人優しいもんなあ。


自分も、明日からがんばらないぞ!なーんて(笑)
とても言えないけれど、無理に頑張らなくてもいいんだよって。
もっと楽に、気持ちをフラットにしていけたらと思います。

自分をもっと大切に。
もっともっと大事にしてあげたいと思います。

お暇がありましたら、ぜひみていただきたいです。
原作もおすすめですよ。
[PR]
by you-lilly | 2011-08-31 21:54 | movie

ハリーポッターと死の秘宝

ご無沙汰しております。

11月。研究発表が3つ重なったので死にそうです。
前からわかってたから、夏から少しずつ準備しておいたのに・・・
それでも死にそうです。カゼももらっちゃったし・・・。げーん。

昨日土曜出勤して、1つ山場を越えたので友だちと息抜きに映画を見てきました。

「ハリーポッターと死の秘宝PART1」です!


最終巻を2つに分けて上映するということで
丁寧で原作に忠実な映画だったように思います。

それでも、原作を読んでいない人には
急激な展開の早さや、突然出てきた登場人物の名前についていけないようで
見終わったあと、友だちからすごい質問攻めにあいました(笑)

やっぱり原作読まないとダメだよー(笑)

ハリーの世界を堪能するには、ぜひ、ぜひ!原作をおすすめします。
映画だけで許されるのは、2作目の「秘密の部屋」までですね。

さあ、ここからはネタバレオンパレード!
↓ ↓ ↓

More?
[PR]
by you-lilly | 2010-11-21 23:31 | movie

ナイト&デイ

1週間くらい前ですけど、友だちと「ナイト&デイ」を見に行きました。

最近、ああいう明るいアクションというか、ラブコメ要素もあるアクションを
見ていかったので、とっても楽しかったです。

絶対ロイには弾丸が当たらないとか、策謀が薄いとか
いろいろ言い出したらキリがありませんが、
展開はすごく早くて、すごく楽しめました!

あれでキャメロンとトムが10歳若かったらなあ(笑)

二人とも、年齢にしては、若々しくて素敵なのですが
やっぱり年には勝てないねえ…と思ったところもあり。

トムのお肉、キャメロンのしわ…ああ。

アンチエイジング!!

あんまりそこが残念だったんで
バニラ・スカイを借りてきてしまいました。

名台詞の「With me? Without me?」
しょっちゅう、言ってます。

最後がよかったです。
おたがい、必要としていた相手と巡り合えて、幸せそうでした。
[PR]
by you-lilly | 2010-10-24 21:24 | movie

男女逆転大奥

髪をバッサリ切りました。
何があったという訳でもなく、なんかそうしたくなったんです。
今の堀北真希とか、一時期の浜崎あゆみみたいな長さです。
これ、伝わるかな~(^^;

「大奥」見てきました。
原作読んでから、すごく楽しみにしていたのです。

e0078993_0291122.jpg






朝、ブランチで8人の主要キャスト陣見て、一層期待はつのったのですが
行く前、ふと口コミを目にしたら
あまりのレビューの悪さにビックリしました。

こりゃよほどだな…とへこんだのですが
見てもいないものを酷評しても仕方ないので
自分の目でしっかり見てくることにしました。

でも、見て思ったけど、そんなに悪いことないじゃん。て感じ。

原作を忠実に表現しているように見えましたし
キャストの方々が、みな演技がうまかったですよ。
二宮さんにしたってそうです。
彼はやっぱり、うまいのです。
ただ、水野にあってるかといえば賛否両論なのかも…。

私的にはあの、江戸っ子ぽい気っ風はピッタリだと思うんですが
いかんせん、ニノは背がちいさい!

体も小さめなので、どうしても見栄えが…となっちゃうのです。

というのも、後ろに控える大御所の
総取締役・藤波の佐々木蔵之助と御中廊・松島の玉木宏が
180センチ超の長身なので、二宮さんが
実際よりずっと小さく見えてしまうんでしょうね~。損だ。

将軍・吉宗もよかったですよ。
柴崎コウって、ほんと、ああいう歯にきせぬ役が似合うなあ~。

加納久道の和久井映見、お信の堀北真希なんかもよかったですよ。

男役では、阿部サダヲささんや玉木宏が良かったですよ。
玉木さんは、ほんと大奥にいそうな美しさで
所作も言動も見事に江戸の武士でした…。

悪かったのは、衣装の色合いとか
時代劇の雰囲気を壊す、現代風の所作や描写ですね。

これは第一部にすぎないので
第二部のありこと編を続編としてつくってくれないかなあと
期待しています。ありことこそ、玉木さんがぴったりなのになあ…
脳内で、いろいろなキャスティングが行われちゃいます(笑)
[PR]
by you-lilly | 2010-10-03 00:12 | movie

借りぐらしのアリエッティ

仕事帰りに友だちと「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました!

宮崎監督作品ではないジブリって何かとケチがつくんですけどね。
でも、予告から気になってて見たかったので、劇場まで見に行きました。

先に見た同僚からは、「んー微妙…」とか
「ジブリ好きにはあんまりかな…」などと
はっきりしない感想聞いてたのでドキドキしましたよ。

でも、私はああいう文学作品のジブリ、好きです。
およそ1時間半と短く、少し物足りない気はしましたけど
世界観とか、役者さんとかは好きでしたよ。

アリエッティ役の志田未来さんと
翔役の神木龍之介くんがハマり役でした~(神木君は昔から好き♪)
お父さんの三浦友和さんも寡黙でステキでした。

ただな~。
お母さんが少しばかりウザったいキャラだったのと
家政婦さんの意地悪ぶりに嫌気がさしたかも…。
何もあんなに小人を敵視したりしなくても…。

「つかまえたい!」って気持ちのあらわれなんでしょうけど
害虫駆除の業者呼んだり、坊ちゃん閉じ込めたり、タチ悪い。
そこだけ、すこーし嫌な気持ちになりましたね。

小人とか、「借り」って言葉がステキですよね。
あと、監督や製作の人が言っていましたが、凄く小人の目線から
描かれた自然や人間の姿がとてもリアルで魅力的です。

あんな朝露でいっぱいの葉っぱの間を駆け抜けたり
人間のお砂糖を1こだけかばんに入れたりする生活、
ちょっとやってみたいなあ。
[PR]
by you-lilly | 2010-07-27 21:31 | movie

踊る大捜査線3ヤツらを解放せよ!

織田裕二の季節がやってきましたよー。
青島警部、係長になって、カムバックです。

踊るシリーズは2作目、友だちに付き合って見に行って以来です。
そんな熱いファンでもないのだけれど
シリーズってやっぱり乗り掛かった船。見たくなりますね。

それに、今回は小栗旬が出るって聞いてたし。
青島さんも昇進したっていうし、やっぱり見たくなって。
友だちの誘いにのっていっちゃいました。

前誘ってくれたのとは別の人だけど
誘われるってことは、縁があるんだよ、きっと。

でも見る前にヤフーレビュー見たらあまりの点の低さに衝撃を受けました。
いくら三作目でももっと、ましな結果が出るだろうと思ってたのに…。

でもでも懲りずに見に行く私。(1人だったらヤメてただろうな)

感想は、まあまあでしたよ。
24とか見慣れてる身からすれば、ちゃちい犯罪、ちゃちい警察なのですが
踊るシリーズにそんな大ミステリーを求めてないですから。
気楽に楽しめて私的には別によかったと思うんですけど。
さすがに、あまり迫力はなかったかなあ。

小泉今日子演じる犯人が、妙に教祖的で気持ち悪いだけで
あとはあまり…。
警察から拳銃が盗まれるとか
引っ越し中に、不審な人物が出入りしているとか
刑務所の人質解放に政府が応じるとか
なんだか日本の捜査組織を馬鹿にしてるんだろうかってくらい
情けなくて、ちょっと悲しかったですね。

映画のクオリティが低いとか、ハリウッドに比べて迫力がないとかなら
いいんですけど、脚本が日本の組織を小馬鹿にしている感じが
見ている日本人として情けないですよ。

やっぱり、自分の国のセキュリティ技術、警察組織は
カッコよく描いてもらいたいものです。
誰だってそうだと、思うんだけどな。
そこだけは、笑って済ませちゃ、いけませんよ。
[PR]
by you-lilly | 2010-07-09 22:00 | movie

アバター

なんか忙しさにかまけて放置しちゃいましたね。
書きたいことはいっぱいあったはずなのに・・・
5月はとんでもなく忙しいです。すいません。

とりあえずGWは実家でゆっくりしてきましたよ。
また京都にも行ってきました。
地元のお祭りも見れたし。旧友にも会えたし。楽しかったー♪

アバター [初回生産限定] [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


さてさて。いまさらですが「アバター」見ましたよ!
あんだけ話題になったんだから、劇場で見たかったんですけど
どーしても特別観賞2000円が許せなくてですね(←ケチ)
DVDで‘2D’観賞になりました。

でも、2Dでも十分映像は素晴らしかったですよ。
目がそわそわしちゃいました(笑)
ああいう、想像もとい創造の世界は
大好きなので、見ているだけでわくわくして楽しかったです。

印象的だったのが、「I see you」という言葉ですね。
彼らの世界での、相手を認めた時の言葉ですが
心が繋がり、信頼を得たことがよく伝わってきました。


きっと、平和への祈りや、民族紛争や異文化への理解…
宗教、科学への反発…
いろいろなメッセージが込められているんでしょう。
あまりつめこめすぎて少し欲張りすぎたかな。
何が伝えたかったのかぶれた感も否めませんが
久々の超大作ということで見ごたえは満点です。

トルーク・マクトとはいわずとも
普通に自分だけの騎竜はほしくなってしまいました。
よくも悪くも今年絶対見ておくべき映画になってしまいましたね。

個人的に気になるのが、続編があるのかどうかということ。
製作チームはもう動き出していると聞きますが
あの続きはどんな物語になるんでしょうか。

また人間が懲りもせず攻めてくるんでしょうか。
別に無理に続編創らなくたって、
1作で綺麗に終わってしまえばいいのに。
[PR]
by you-lilly | 2010-05-16 17:35 | movie

のだめカンタービレ最終楽章後編

e0078993_215271.jpg

見てきました。

ブラーヴォ!

感想はこちらから(ネタバレあり)
[PR]
by you-lilly | 2010-04-18 21:52 | movie