カテゴリ:sports( 7 )

銀色

今朝は、家具やさんから荷物が届くので
早起きしてめずらしくお家で待っているのですが
うんともすんともいわないチャイムです。
はやくこーい。

昨日はやったら仕事に疲れてしまったのだけれど
会議も残業も気持ちよく終わらせ、
若いみんなでボーリングに行ってきました。

なんだかわかんないけど、ストライクが炸裂しまして
商品をやまほどもらってみんなで山分けしました。
なんだったんだろう。

お茶してケーキを食べ、ごはんもして語り合い
急いで帰って女子フィギュアスケートを見る。
なーんてめまぐるしい一日だ。

ま、女子シングルは予想通りの結果だったので
男子シングルより心にせまるものはなかったんだけれど
試合後に幾度となく流れる浅田真央選手の軌跡をたどる
ドキュメント映像を見ていたら、
ちょんとしんみりきてしまった。

銅メダルは、金に同じと書くけれど、
銀メダルとは一体どういう意味をもつメダルなのか。
銅メダル取った人って大概、結構嬉しそうなんですよね。
一方の銀メダルは、やっぱり悔しいメダルなんですよね。

銀メダルをもらった時の、
浅田真央の悔しさしかない堅い表情を見ていたら
この子は見かけによらず、負けず嫌いで
心底アスリートだったんだなと思わせられました。

そんな見かけで判断しちゃいけないんだけどね。
いつもあどけなくて、つたない言葉で話すから
あの堅い表情には逆に感動してしまいました。

ああいうのみると、応援したくなるし
今回、すんなり金じゃなくてよかったなって思う。
まだ19。のびるのびる。
ソチ五輪、がんばってほしいです。
[PR]
by you-lilly | 2010-02-27 10:49 | sports

「すべての道は、ここ、バンクーバーにつながっていた」

記憶に響く言葉ですね。
毎回、オリンピックには名言が生まれるもんですが
その中には、必ず名実況もあるものです。
(あんまり民放のキャスターは言わないんだよね。)
単にタイトルそのまま例えただけかもしれないけれど、
おもいの外、深い言葉でした。

高橋の演技はほんとにすばらしかったですね~。
個人的には、前々シーズンの
ショート「白鳥の湖」やフリー「オペラ座の怪人」が
高橋くんらしくて、名プログラムだと思っていたのですが
終わってみると、この「アイ」「道」もなかなか。

精神面が弱いと叩かれた前オリンピックから4年。
順調に実力をつけてきたかと思いきや、
オリンピックシーズンを前に、
選手生命を絶たれるほどの大怪我をし
必死のリハビリから復活をとげたという、
悲劇的な、ドキュメンタリー映画のような道程です。

それが、このイタリア映画「道」の道化師役に
本当にぴったりはまりましたね。

ライサチェックとプルシェンコの演技もすばらしいもので
メダルの色は三者、順当だと思う一方で、
一番心に残る、魅かれる演技をしてくれたのは
ひいき目を差し引いても
高橋くんだと思うのはそういうところ。
彼の動き、1つ1つに意味や感情が感じられて
とても感情移入して見てしまいました。
心から銅メダル、おめでとう。

4回転論争もなんだか見苦しいものがあるけど
確かに、と思える点もいくつかある。

4回転という高い技術に挑戦する人々より
正確で安全な低い技術が評価されるのならば
誰も上を目指さなくなるのは必至であって。

それに警鐘を鳴らして果敢にチャレンジする人が
評価されない今の採点法は
純粋にスポーツとしてどうなのか。

フィギュアは芸術性の高いスポーツではあるけれど
あまりに主観によった採点だったから
現行の採点方法に変更されたのであって。
より客観性を求めなければいけないのになあ。

4回転をきめた小塚、4回転を
(若干着氷が苦しかったが)2回決めたランビエール、
4回転+3回転の連続技を決めたプルシェンコへの評価が
低すぎるのではないかと思うのですが。

まあ、ジャンプばかりがフィギュアでもないってのも
真理なのがはがゆいところだよね。
難しいジャンプ技術に挑めば
芸術性が損なわれる可能性が高くなり
高い技術を求めなければ
完璧な演技をすることは可能になってく。
すごい矛盾だな。

でも完成度の高さを目指すと
フィギュアの進化はとまっていくんでしょう。
それってどうなの。
今の採点法式は、ショーで、スポーツではないね。
女子もおそらくそうなんでしょう。
このオリンピック後の対応・論争の結果が楽しみです。
[PR]
by you-lilly | 2010-02-22 00:36 | sports

ショートプログラム

スピードスケート男子500mの銀・銅メダルダブル受賞で
オリンピックも過熱してきましたね。
今週と来週は、あまり仕事せず、
はやめにお家に帰る予定です(^^)b

帰ってきてからずっと
フィギュアスケート男子シングル見続けてますよ。
高橋、すばらしい!の一言。色気むんむんでしたね~。
3位につけたってのが、なんだか幸先良い感じ。
だって、荒川静香だって3位発進の、フリー1位ですもんね。
まさか、まさか…?

なんか、オリンピックって4年に1度という緊張のせいか
かたい演技になってしまうことが多いのだけど
今日の高橋、プルシェンコ、ライサチェックの演技は
ほぼ完璧な上に、ほのかな自信ものぞかせたところが
ありありと出ていて、すごく良い試合になってましたね。
動きが絶好調で、ゾクゾクしましたよ。

織田くんと小塚くんは順当かな。
個人的にはブライアン・ジュベールが残念でした。
ランビエールは、点数こそ伸びなかったけど、
演技そのものは、私、好きだな。
まさかのウィリアム・テル!(心はのだめオケ♪)
テルってスイスの英雄だったんですね(^^;
勉強不足でした。

衣装がすごくカッコよく、似合っておりました。
ジャンプを補うほどのスピン。圧巻でした。
彼、間近で見るより、
ちょっと離れてみたほうがカッコいいのよね。
あさってが楽しみです!4回転!!(なぜ金曜日~;涙)
[PR]
by you-lilly | 2010-02-17 22:37 | sports

涙じゃありません、これは汗です。

やっと世界陸上が終わったと思ったら、今度は世界柔道が始まっちゃいました。
例にもれず、見てます☆見てます☆スポーツの秋ですもの!

あの4分あまりのせめぎ合い。緊張感。たまりませんな。
特に48kg級の福見友子選手はおそろしくカッコよかったです。

実力からくる余裕なのか、彼女自身の落ち着いた性格のせいなのか
表情ひとつ変えず、もくもくと一本をとっていく姿は
女の私も惚れた!女なのに古武士のような(笑)
ああいうクールな人、大好きです。

それに福見選手は、谷亮子の影に隠れ、ずっと出番を奪われてきた人。
実力がありながら、ずっと報われてこなかった
苦しい時代のことを知っているので、今回の優勝はじーんときました。
やっぱり努力は人を裏切らず。ロンドンに期待できますね。
闇雲にスポーツがやりたくなってきたなあ~。
背負い投げとか、一度でいいからやってみたいもんです。
[PR]
by you-lilly | 2009-08-27 21:53 | sports

世界陸上inベルリン

世界陸上!見てます見てます☆
元陸上部はやっぱり燃えちゃいます。

今日料理しながらぼんやりTVつけていたら
男子マラソンのコース、つい先日歩いたばかりのベルリンの街!!

マラソンをこんな感覚で見たことなかったのでちょっと大興奮ものです。
ちょうどいいので、マラソンコースにそって
ベルリンの写真をUPしようと思います。(マラソンコースはこちら

e0078993_20154578.jpg


10Km,20Kmの通過点、そして最後のゴール地点にもなっている
ブランデンブルク門。真下から見上げても、遠くから眺めても圧巻なのです。

e0078993_2028610.jpg


ポツダム広場。凄い近代的なビル群が立ち並ぶとこなのですが
ベルリンの壁が現存しており、現代と歴史が同居した不思議な広場なのです。

e0078993_2026417.jpg


自分が地下鉄や100番・200番バスや徒歩を使って移動した
広いベルリンを、自分の足だけで走っている選手たちを見ると
そのスピードをあらためて実感してしまいます。
自分、ポツダム広場からブランデンブルク門まで歩いたんですけど
夕方の陽射しのせいか、かなりしんどかった記憶があります(^^;
やっぱりマラソン選手は凄いなあ。

e0078993_20352318.jpg


ベルリンの壁はほとんど破壊されてしまいましたが、
壁があった場所の道路には、密かに跡がのこされているのです…。

e0078993_20302946.jpg


ジーゲスゾイレ。戦勝記念塔。バスの中から撮りました。
ここ、車で周りをぐるぐる回れるんですよね。
森のようなティーアガルテンにあって、夜見るととてもカッコイイ塔です。

e0078993_20385751.jpg


ドイツ連邦(旧帝国)議会議事堂。
凄い行列ができているのは、空中を歩けるガラスのドームがあるから。
何時に行っても大行列だったので残念だけど、諦めた記憶が(泣)

e0078993_20484023.jpg


5つの博物館が集まった島、博物館島。世界遺産です。
その1つ、最も有名なペルガモン博物館に入ってきました。
こっちも長蛇の列ですが、入った甲斐はありました!
バビロニアのイシュタル門は、見てよかったと心底思います。

e0078993_205499.jpg


ベルリン大聖堂。美しいです…。絵になります。
この背景に実はテレビ塔が見えてるんです。

e0078993_20562553.jpg


これがテレビ塔。下には沢山の人が水浴びしている広場があります。
けっこう変わった形で面白いですよね。(串に刺さったお団子みたいな…)

e0078993_2103197.jpg


旧博物館。この正面にある通りがウンター・デン・リンデン。
マラソン選手はここをひたすらまっすぐ走って行きました。
かなりの観光通りで、お土産やさんやカフェがめじろ押しです。
そして、その先にはブランデンブルク門があるのです。

e0078993_2135235.jpg


フィニーッシュ!ゴール地点のブランデンブルク門。
横から見ると、かなりの高さがあるのが解ってもらえると思います。
車両は通行禁止ですが、自転車は通れるので
ベルリン市民はすいすい通って行きます。
なんか変な感じ(笑)
けど、これが文化遺産と共存する街なんですよね。
触ると、ベージュの門壁が、ひんやりと固くて、おおきかったです。

ここに佐藤敦之選手が6位で入ってきた時、ちょっと感動でしたね。
実況の人が、「まさに凱旋門!!」と叫んでましたが
本当にそんな感覚におそわれます。

自分は短距離専門で、長距離はあんまり好きじゃないんですけど
世界中のレースで、世界遺産の街を走れるランナーは
ちょっと羨ましいなあと思いました。
ま、走ってる方はそんな見てる余裕ないと思うけど。
それでもちょっと羨ましいな☆入賞おめでとうございます。
[PR]
by you-lilly | 2009-08-22 21:12 | sports

STARS ON ICE 2009

e0078993_2274441.jpg


STARS ON ICE 2009に行って参りました!

グランプリシリーズを見ている頃、うずうずきちゃいまして。
昔から好きなのに、そういえば生で見たことないなあと思い
チケットをとってみたのでした。(高かったよ~;)

More?
[PR]
by you-lilly | 2009-01-18 22:07 | sports

ガラスの仮面


このままフェードアウトしていくとこでした。お久しぶりです。
インフルエンザにも一切かからず、元気にしています。
先週は久々にスポーツ三昧で血が騒ぎました。
特にサッカーとフィギュア。



中村俊輔と高原がオシムJAPANに召集って聞いて見ないはずない~。
国内組を軽視する訳じゃないけど、やっぱり俊輔ファンなので嬉しい。
このまま出番がないかと思った10番ユニフォーム。もらって良かった!

オシムは試合後、中村に苦言を呈してたけど一応務めは果たしたん
じゃないかなあ?個人的には久々に楽しいゲームを見た気がした。
中村の2アシストFK。魅せて戴きました♪
嬉しくて何故か『オシムの言葉』を読破してしまった。何やってんだろ。
でもオシムの人生って凄いです…ほんとにあの人は只者じゃなかった;


フィギュアは、ほんの子どもの頃から大好き。
昨今はアジア勢の実力が高くなってきたから、日本選手に注目するのも
楽しいけど、波乱の女子シングルの演技は、まあ、感動したけれど
私はどうも安藤と浅田の幼稚な性格が受け入れられなくて(笑)
そんなのアスリートに求めてもしょうがないけど、やっぱり好きじゃない。

今回凄いと思ったのは男子シングル。
ランビエールのフリー新プログラム「フラメンコ」は最高によかった。
実況の人が「ランビエール劇場」と称したけど、本当にそう。
引き込まれる演技の世界観が凄くて、芸術家だなあと思った。
今季不調が続いていたけど、執念のラスト高速スピンで泣きそうになった。
彼は既に世界王者だけど、その気品、貫禄、誰も寄せ付けないと思った。

キャンディローロの「三銃士」、アレクセイ・ヤグディンの「仮面の男」
に次ぐ、名プログラムの登場だなあって思ったくらい。来季が楽しみ。
それ言ったら、高橋大輔の「オペラ座の怪人」も名プログラム。
ストレートラインシークエンスの感動ときたら、日本人と思えないくらい。
ニコライ・モロゾフはやり手だ…。振り付け師って陰の役割も面白い。

ブライアン・ジュペールは確かにレベル4ばかりで凄かったけれど
彼の世界はプルシェンコに似て、すっぱりパキパキしたアスリートタイプ。
ダークホースのトマシュ・ベルネルもそうかな。
(でも彼は凄いよ!来季が楽しみな選手です♪)

フィギュアは確かにスポーツだけど、やっぱり芸術的な側面は大きくて
技術を正確に採点する今だからこそ、高い技術に裏打ちされた
人間からにじみ出る様な芸術性は不可欠なものだと思う。
世界フィギュアは、今季最後だけあって全選手の気合の入れ様、
緊張のピークは凄まじくて、それがまた名演を生んだと思う。
[PR]
by you-lilly | 2007-03-27 22:12 | sports