カテゴリ:tv series( 23 )

秀忠

私の大河好きは知る人ぞ知るところですが、けっこう人から驚かれたりします。
若い人ってあんまり見ないんですね。

私は記憶にあるところからいくと、太平記くらいから見ているので年季はいってますよ!
まあ、毎年必ず見るんだけど、気乗りしないでフェードアウトする作品も過去にはいくつか・・・
たとえば琉球の風、天地人など。(ファンの人、スイマセン;)

今年の江ですが、個人的にはあんまり・・・だったんです。
なんというか、ホームドラマ色が強く、現代的にしすぎた感が否めなかったので苦手かなあと。
やっぱり大河なので、歴史的背景や史実を大事に扱ってほしいと思うんです。

あと、主人公の江を中心にしすぎていたりね。
たとえば信長が死ぬ時に、なぜ最期の最後に江を思い出すのか?って。
たかが姪でしょ?いくらなんでもなあ・・・と脚本書いた人にあきれたものです。

んがっ

秀忠の登場は楽しみにしておりまして。
向井理演じる秀忠の登場で、江も変わるかなあと期待しておりました。

まあ、賛否両論あるでしょうが、おかげで面白くなってきましたよ。

あんなカッコいい秀忠は見たことがない(笑)
私の記憶では、同じく大河ドラマ「徳川葵三代」の
西田敏行演じる秀忠ですから、向井くんは立ってるだけでカッコいい(笑)

ちょっと度が過ぎて、これは大河としてはNGだなあというところも未だにありますが・・・

江を火事になった屋敷から助け出した頃から、おおおと思い始め
仲良くなったかと思えば、「口うるさい」と冷たくされ(見事なツンデレキャラだな;)
でも娘二人もつくっちゃうほど、睦まじいのかと思わされ。

挙句の果ては、初めての総大将指名を嘆き、ぼやく向井秀忠。
同じく、戦を嫌う江と意気投合。
弱気になるあまり、「そなたが愛おしゅう思えるわ」とのたまう。

病気ですね。
これは作者が役者にあて書きしていますね。
正直、上野樹里の江よりも秀忠の方がよほど上手にできています。

大河の面白いところは、歴史的事実と、史実にない部分をどう推量して脚色していくかで。
史実にすっぽりとおさまる、上手な脚本を読むと、
本当に史実だったのかと思わされるほど、感情移入してみてしまいます。

秀忠が戦上手でなかったのは、史実にある通りであり
偉大すぎた家康の息子として、一生親父の駒として使われるのだと苦悩する秀忠は、
真実であったのではないかと思わされるのです。

そこで、江が母の形見の、信長の天下布武の印を渡すところは
感動的にうつるのです。

信長公の姪である江を妻とできたことを誇りとしていた、という言葉も胸をうつのです。

今見ていると、関ヶ原の合戦に向けて
三姉妹と、家康、秀忠、そして石田三成が本当にイイところだなあと思います。

これからが楽しみな大河です。

秀忠、関ヶ原の合戦に遅参するんだよなあ・・・とか
静と浮気して子どもつくっちゃうんだよなあ・・・とか
でも江とちゃんと嫡男ももうけるんだよなあ・・・とか
考えるだけで楽しいです。

樹里ちゃんと向井くんには、最後まで頑張ってほしいと思います。
そして、その間に、もう少し歴史を勉強しなおそうと思います(--;
[PR]
by you-lilly | 2011-09-10 16:38 | tv series

count stop

水曜日、24のシーズン8を見終わりました。

オールシーズン、クリアです!感慨深い・・・。

言いたいことは山ほどありますが
ジャックお疲れ~。な気持ちでいっぱい。
8回もアメリカのテロを救ってきた彼に拍手です。
公務員はつらいね(笑)


10年ちかく、この作品を見てきた自分にも拍手です。
いろいろ学ばせてもらったなあ。
英語も、政治も。
リアルタイムで進行する話だけに、
本当にリアルな判断力、人の情、人生の分岐点を垣間見ました。

映画もできるということですが
もう一度、すべてのシーズンを見直したい気分。
[PR]
by you-lilly | 2010-12-19 22:53 | tv series

24川柳

ラスト24.ちょっとずつ進行中。

毎日1こずつ、DVDを見ることにしました。
譲歩したでしょ?
一日に4本もDVD見ていたころからすれば進歩したでしょう。

4話見たのでエピソードガイドが見たくなり
FOXのサイトにアクセスしてみたらブログにすごく面白い24川柳が!

佳作ばかりなので興味のある人は全部目を通してほしいんだけど
自分的にツボにはまったのが…以下のもの。


>最大の 敵は睡魔と 電池切れ (キング・コングゥ~さん)

不眠の男、ジャックバウアー。
未曾有の危機の日に一日起きていられるのは、スーパー捜査官ならありとして
絶対携帯の電池が切れないのは七不思議のひとつ。
マガジンは切れるのにねえ~。


>まだなのか? いまやってます はやくやれ (やままささん)

これ、かなりヒット。
わかる人にしかわからないこのセリフ。
クロエとジャックのかけ合いってやっぱり最高!


>レンタルの 開始日メモし 休み取る (roku4649さん)

昔、これに近いことしたことあるな…(笑)
24全盛期には学生だったので。ありがたく自主休校してましたな。
今は勤め人らしくしております。ええ。


>実は彼 国に仕える 公務員 (黒江オブライエンさん)

彼も公務員って三文字があてはまるとはねー。
あんだけ、アウトローなのに、政府職員とは!


>手を挙げろ! いいから早く! 手を挙げろ! (yoshiki100さん)

セリフシリーズ。バウアー編ですね。
これなら全部英語で言える。バウアーのおかげ(^^)b


>一日で 解決させる 自信あり (ぽぽんたさん)

これは凄いね。ほんと。



>クロエしか 出来ぬ仕事が 多すぎる (夏多感さん)

クロエ登場はシーズン3だったと思いますが…
それでも、こんな強いキャラに育つとは思わず。
あの目と嫌味な笑い方がどうしようもなく好きです。



>待ってくれ! おれは知らない ハメられた! (ジョンさん)

これもよく言ってたなー。


>裏切りは いつも一番 側近だ (takeshitさん)

これも真実。敵は身内にあり。


>ボルトより 速く走れる レンタル日 (夏多感さん)

経験あり。ニマリ。

>これだけは 吹き替え版で 観たいんだ (RESONATEさん)

私、英語と日本語両方見ます。
基本英語派なんだけど、日本語は楽なんだよなあ…。
でも、1回しか見られないなら、24の場合
スピード重視で吹替えってなんかわかる気がする。


>祖父になり 孫の前では デレリスト (夏多感さん)

テリーにデレデレのジャック。幸せそうでよかったのに…。


>心臓が 二度止まろうが 生き返る (やっさん)

心臓も止まってたし、拷問もされたし、死の宣告や告白も
何回もしていたような気がするなあ…?


ダメだー。この笑いは、24好きにしかわからないー。

こんなステキな作品をつくってくださってありがとうございました。

最後に自分も駄作を…。

一日に 何回生死を さまようの

トニーとは 無二の親友 7までは

分析官 変わり者が 多い職

我が国を 救うかたわら 恋愛中

最強の 悪女は誰だ ニーナかな

バウアーの 心を射止めた ルネ・ウォーカー

そういえば 一番泣けた 死すエドガー

賢いと いうのもなかなか 辛いのね

驚いた CTUの 記憶力

見始めた 頃はアンダー トゥウェンティフォー


もう少しマシなもの作りたかったけど時間切れ。
愛すべきキャラとセリフを思いだしたら、またつくります。
[PR]
by you-lilly | 2010-10-06 23:01 | tv series

マイケル・J・スコフィールド

やっとプリズンブレイク、ファイナル、ブレイクしました。

ここまで長かった…

マイケルの最後、ちょっと泣けます。

佳人薄命…。

みんながスコフィールドの海のお墓に集っているとこ

すごいじーんときた。

手術がうまくいかなかったのかな。

それとも組織の仕業?

しばらく間があきすぎて、あのあたりの話を忘れてしまったので

すごい気になるので、ちょっといきさつを調べようと思います。

息子に同じ名前つけたのって、どうしてかな。
[PR]
by you-lilly | 2010-10-04 21:14 | tv series

ジャック・バウアー死す!?

2日いよいよ解禁。

ラスト24.シーズン8。

朝一に借りに行ったのに~、走ったのに~。全速だったのに~。

オールレンタルド。

シット!とかディミット!とか罵声をあげたくなりますけど
我慢我慢…。
ヤケになった訳ではありませんが、
プリズンブレイクのファイナルブレイクを借りてしまいました。

でもツタヤでもらった号外に
「ジャック・バウアー死す!?」って書かれててイヤーな予感。

でも、ま、シリーズ最後だし、死ぬんだろうな…。

ラストの巻までには今しばらく猶予があるので
それまでに覚悟しておきたいと思います。

彼の死にざまを見届けますよ。
やっぱりキーファー好きだ。
[PR]
by you-lilly | 2010-10-04 04:04 | tv series

24 SEASON 7

24: Season 7 (6pc) (Ws Ac3 Dol) [DVD] [Import]

20th Century Fox



やああっと。24のシーズン7を見終わりました!
シーズン6がしょぼかったので、全然期待していなかったのですが
意外に面白かったですよ、このシーズン。

CTUが閉鎖されているってとこからして、新しい展開ですけど
トニーの復活というありえない事態、初の女性アメリカ大統領就任など
見どころは満載で、なかなか見ごたえありました。

新キャラのルネがかっこよくて、仕事のデキる女!って感じでしたね。
てか、FBIがものすごくカッコ悪くてビックリした。
ジャニスとラリーの情けなさったら(笑)

政権の方ではケニンとか好きだったな。
あんた、おじさん好きだねってつっこまれたけど。
オリビアは最低でしたね。あれはパーマーの奥さん以来のウザったさ。

ピアース護衛官はすごくよかったです!アーロン大好き!
クロエも相変わらず、凄いテクで活躍しながら毒舌はいてステキでしたね。

個人的には、大好きだったビル・ブキャナンの殉死に涙・涙。
いつも愛すべきキャラを抹殺していってしまう、24スタイルには慣れっこですが
ビルが、ビルが~~っ!とショックはひとしおでしたね…。

トニーも死んでしまうんじゃないかって思ってましたけど
トニーは、FBIに拘束されて終わりましたね…。
というか、トニーの変貌には賛否両論あると思います。
あんなに愛されて、ジャックの唯一無二の戦友だった人を
ああいう形で復活させてよかったのかなと…。

国家に尽くした見返りに得たのは、家族の喪失。

テイラー大統領も、連邦捜査官であるジャック・バウアーも
そしてトニー・アルメイダも、同じ道をたどってしまったというのに
それぞれの選択はまた違うわけです。

トニーの叫びが今でも耳に残っています。
ミシェルとその子どもを殺されたトニーの哀しみはしごくまっとうでした。

でもそれを、国家の正義という形をとりながら復讐するトニーと
あくまで、他の人間の命を助け続けることで救われようとするジャック。
対照的でしたね。

個人的にはトニーが好きだったから、
トニーがあんな風になってしまったのは残念なのだけど、
ジャックとトニーの対照的な人生を描くという意味ではよかったのかな。

珍しく、シーズン終盤にむけて弱っていくジャックの姿が新鮮で
(生物兵器による感染の為死期が近づいているから当然なのだけど)
あんなに彼の真摯な落ち着いた言葉がきけたことは
なかったのではないかと思いました。

24の素晴らしいところは、常に時代の象徴であること。
たとえば、黒人大統領の就任をいち早く見こし、パーマー大統領を生み出した。
核兵器、生物兵器、化学兵器と様々なテロを予測して、国家の危機を警鐘した。
そして、それに対処していく複雑な人間の関係を描いてきた。

今回は、(おそらくヒラリーさんを)みたてた初の女性大統領をたてたことに加え
国家を崩壊させるほどの政治の腐敗と
アメリカが抱える傭兵組織会社の問題をリアルに描いていた。

ジャック・バウアーの公聴会で問われていた罪。
頭では法律が必要で、守るべきものであることはわかっている。
だが、現場ではそれが通用しないことがある…。
すごい複雑で答えのでない問いと闘いながら、この人は国家を救ってきた訳で。

ルネ・ウォーカーに対して
「教えることは何もない。自分の納得できる道を選べ」
と言って病院に入るジャックが感動的でした。
あれは、実際にテロと闘う連邦捜査官、そして戦地にいる兵士の
実の言葉なんだろうと思った。

自分は机上の理想論をたたいても
それを叶える裏には、いっぱい血が流れ、法を度外視した行為が行われているってこと。
それを絶対に正当化しては国家は立ちゆかないんだけれど…けれど…
綺麗事だけじゃすまないってこと。
すごくテイラー大統領の苦しみがわかって
非常に味わい深いシーズンでしたね。

終わり方は、少し中途半端だなあと思ったんです。
あと1時間あればきちんと完結できそうなのにって思ったほど。
でも、余韻と次への期待を残すのも24流ですね。

シーズン8では、孫娘にメロメロのジャックが見れるようなので楽しみです。
すこしは幸せになってほしいよ、ジャック。
[PR]
by you-lilly | 2010-01-24 13:13 | tv series

のだめカンタービレinヨーロッパ

      





のだめ2夜連続SP。よかったデスねえ~♪海外編なので映像化は難しいと言われてましたがハーフを使いまくったり、都合よく吹替にしてみたりして乗り切ってましたね(笑)もう、その気持ちだけでブラヴォです。

前編が千秋のプラティニコンクール、後編がのだめのサンマロリサイタルがメインという構成。削られたり、話が変えられたシーンもあったけど時間が限られた中で、美味しい場面をうまくまとめてたと思います。相変わらず原作に忠実で、原作ファンとしては暗記ものの台詞なのに、改めて生で言われると感動するのは、それだけ俳優さんがハマってるってことだろうな。
今回あらたにキャスティングされた人で、大ハマリ!~と思ったのがターニャ、片平さん、ゆうこ。ビジュアルも性格もなりきってました。リュカも!可愛かった☆個人的ヒットはウィルトールのホルンです(笑)思ったよりいまいちだったのがフランクとジャンかな。まあ、みんな白目がめっちゃ上手で笑えました☆

千秋とのだめは更にパワーアップ。特に千秋。指揮がめちゃくちゃ上手くなってて、感動しました。指先まで綺麗に回る回る~。今回はコンクールだから沢山の曲をやらなきゃなのに、指揮しながら台詞も、顔の演技もこなしてて脱帽。デビュー公演ではまた本気泣きかと思いました。玉木さん、役者魂ですね、ほんとに凄いです。

書いたら止まらないけど、砂漠のプロメテウス作戦、千秋の仮装アンドレイ、のだめの仮装モーツァルト、ポン・ヌフの跳び蹴り、片平のジャンプ、青緑の黒木君、手に光を宿すゆうこ…もう爆笑ものでした。拍手ものだったのは、変態の森。映像化してくれてひたすらありがとうですね。楽しかったです♪
曲は新しいCD聴いて復習しようと思いますが、個人的におお~と思ったのがチャイコのヴァイオリンコンチェルト。あれはヤバいですよ。「クネクネの華やかな曲」。ほんとアガります。去年神尾真由子さんの生演奏聴いたので、尚更重ねちゃいました。あとのだめリサイタルの「きらきら星」とラヴェルの「鏡」なんかも聴けてよかったです。やっぱり絵だけじゃ伝わらなかったものが、映像でビビッドになりますね。

海外ロケという事で制作陣は相当気合入れたようで。プラハとフランス中の名所が使われていて、歓声あげまくりでした。特に、パリはクリスマス時期に行った事があるので凄く懐かしかったです。シャンゼリゼはクリスマスにブルーのイルミネーションなんですよね。丁度ノエルの映像だったので、凄く綺麗で感動しました。プラハは行った事ないけど、2日見てから行く気満々に。ユーロと石油サーチャージがもう少し安かったらな。中欧5ヶ国ほど、まとめて行きたい所です。
前も書いたような気がするけど、いつかのだめツアーしたいですねえ~。
[PR]
by you-lilly | 2008-01-06 00:55 | tv series

24 -TWENTY FOUR- SEASONVI

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス



帰りタワーレコードのカウンターで試聴してたら
いつの間にか眠ってて、椅子から落ちそうになりました。
タワレコで寝てしまったのは初めてだ(笑)
PUNKで30分熟睡。明らかに睡眠不足と見受ける。
今週は睡眠4時間で5時起きとか平気でやってましたから。

その原因1。ついに見終わりました24のシーズン6。
9月解禁から2ヶ月あまり…長かった…。

シーズン5の完成度がとても高く、史上大傑作だったので
今回はあまり期待してなかったんですけど、
それにしてもあららな展開で、ネタ切れ感は否めず…。
このままつまらないのかなーと思いきや
やっぱり、そこそこ盛り上がると楽しくて。
いつものごとく、それなりにハマったのでした(笑)
とりあえず、以下感想でございます。

ネタばれはこちらから。
[PR]
by you-lilly | 2007-11-11 00:17 | tv series

山田太郎物語

金曜の「山田太郎ものがたり」見てる方います?
私、普段はドラマ見ないんですけど、「山田太郎物語」は
鬱々した中学時代を乗り切った、愛と笑いのアイテムだったので
懐かしい気持ちになって、録画して見ていました。

まあ二宮君演じる太郎のかーわいい事。(顔はともかく、性格は大ハマリだ。)
桜井君演じる御村君のうるわしー事。

菊池桃子さんの綾子、松岡充さんの和夫も、
吹石一恵さんの鳥居ちゃんも、吉沢悠の永原教授も
杉浦先輩も中井もハマりすぎて笑いが止まらなかった…。

でも1番すっばらしいのは、貴子こと多部未華子ちゃん。
声がとっても可愛くて、漫画よりずっと親近感だ。

個人的お気に入りは、七生です。
(六生とセットで、あの幼さがすっごい可愛いから…)

ドラマなので、原作とは話も設定も
色々違うところがあるんだけど、今のトコ満足して見れてます。

欲を言えば、御村のあんちゃんとよしこの婚約者騒動とか
一身上の大学受験、三つ子出産とかが見たかったかな~。

山田太郎に習った、貧乏を乗り切る知恵は多々あります!(笑)

ほんと、ドがつくド貧乏でも、あんな暖かな家族がいたら
人生楽しいだろうなって、ほんわかしちゃうんです。
家族は大切にしないとね。
[PR]
by you-lilly | 2007-09-14 18:25 | tv series

SEXY VOICE AND ROBO

誘われてバイオリンのコンサートに行ってきました。(←ライブ断ちはどーした)
春だからと、ベートーヴェンのバイオリンソナタやってくれたんですけど
のだめで峰君の春を聞き慣れてる私には、完っ璧なソナタでした。

パガニーニの超絶技巧まで演奏してくれて、
その技の巧みさと表現力に感動しました。たまにはクラシックもいいなー。

私の今の元気のもとはセクシーボイスアンドロボ。
すごい、馬鹿馬鹿しいくらい底ぬけに面白いです。

松山さんは、Lやジュチと同じ役者さんとは思えないくらい
ロボットオタクにハマりきってるし…(笑)
寿々花ちゃんはSAYURIの少女時代から少し大きくなって
七色の声を操る役を難無くこなしてる。あどけなくて可愛い。

この2人の演技見てるだけで面白いです。
脚本もあほらしいようで時に深かったり、考えさせられたり。
私的にはVOL1の三日坊主より、VOL2のごぼ蔵がほっこりして好きでした。
毎回ゲストが変わるのも楽しみ♪

…私、癒しと笑い求めるなんて病んでんのかな?(-.-;)
明日も楽しい事あるといいな。
[PR]
by you-lilly | 2007-04-18 23:56 | tv series