軽井沢

11月になってしまいました(^^;
秋も深まってきましたねえ。

関東に来てから、秋が来るのが早いというか
関西より寒い地方なんだなあーというのを実感してます。

さて、遅ればせながら
この間軽井沢に行ってきた写真をのっけたいと思います。

10月半ばでしたが、既に紅葉は始まっていて。
空気も澄んでいるし、静かだし。別世界にいるようでした。

e0078993_23495348.jpg


秋晴れってこんな感じ?コテージに泊まりました♪♪


e0078993_23501325.jpg


教会と紅葉のコントラスト。


e0078993_23504164.jpg


こんなところを毎日自転車で散策していました。


e0078993_2351124.jpg


野鳥を探して森に。その後3つも温泉に入りました。



本当にどこにいても気持ちがよくて
心の底からりふれーっしゅ!しました。
都会の喧噪も嫌いじゃないけど、大自然に浸るのも大好きなのです。

軽井沢はゆうに10年ぶりだったので、
来ることが決まって以来、凄く楽しみにしていました。
特に、以前行ったのは夏の軽井沢だったので、秋の軽井沢は初めて。

下界(!)より一足早い紅葉がなんとも素敵で
軽井沢に別荘欲しいと思いました(笑)

トトロの森、魔女の宅急便の森、もののけの森、
あたしの頭は全部ジブリなんじゃないかと思うほど
森のイメージはファンタジーでいっぱいなんだな。

でも、ほんとに一筋迷いこんだら
誰もいなくて、しーんとした静けさの中
どこからか妖精やドワーフやトロールが覗いているような気になるのです。

北海道とか東北ではこんな気持ちにはならないんだけどなあ~。
軽井沢の独特の雰囲気のなせる技ですかね。

実は去年の今頃はカナダにいました。
カナダの紅葉は日本と全然違うんですよね。

日本のはこう淡い、渋めのコントラスト。
枯れゆく姿ももののあはれ、といった風情を愛すけど
カナダは、今を盛りと燃え盛る情熱的な紅葉を愛す感じ。

ローレンシャンの紅葉は山全体が本当に燃えているように
主張していて、どこの童話に迷い込んだのかと思った。
それでいて、頂上まで行けば雪景色。紅葉のふもとで雪だるまを作った。

ケベックの紅葉は北米のパリ風情で素敵だった。
でも日本の荘厳な雰囲気はやっぱり外国には出せない味。
白樺の清さに、松の渋み、紅葉の朱。
どこか切ない奥ゆかしさが、森の神秘を醸すのです。

軽井沢。また行きたいです☆
[PR]
by you-lilly | 2008-11-02 23:54 | weblog
<< Le Penseur 東京国際映画祭 >>