NANO MUGEN FES 2008 LIVE REPORT

遅くなりましたが
ナノムゲンフェス2日目のライブレポです。
といっても、もう怒涛の様な日程だったので色々忘れました。
なのでかるーい感想レポで(笑)
当日のタイムテーブル順に書いてこうかな。

[NANO MUGEN FES 2008]

↓     ↓     ↓





☆8otto

旅行帰りで間に合わなくて、オープニングは見逃したものの
一応全部少しずつは見る事ができました。

クロークから慌てて出て、会場へ入ると
中は既に8ottoのこゆーい舞台に。(異様な雰囲気を感じた;)

ドラムの人がボーカルなんですね。このバンド。
ギターやベース弾きながら歌うのでも十分凄いのに
ドラム叩きながらって、私の中では超尊敬の人です~。
頭がアフロだったのも印象的で(笑)

動けないので、音で盛り上げるしかないって感じが
ちょっと個人的には、歯がゆかったです。
でも彼がラストの方で立ち上がって、ハンドマイク握った時は
ちょっとテンションあがりましたねえ~♪♪
すごい、MCとか不器用な感じでした。これから人気がでそう。

☆ART-SCHOOL

見ようと思ってたんだけど、どーしてもお昼が食べたくなって。
というか佐世保バーガーの長蛇の列に並びたくなっちゃって。
少し見ただけです(^^;
ごめん理樹さん!
この日の理樹さんは、すごい藤原さんにそっくりでした。余談。
佐世保バーガーはすごいボリュームで美味しかったです☆
(アートの感想がこれかい;)


この後、なんとゴッチ&健さんのトークコーナー♪

ゴッチ「みんな盛り上がってるー?」
お客さん 「イェーイ!!!」

ゴッチ「お。いいねー。掛け声の練習しようと思ったんだけど皆声出てるね」

喜多「みんなー楽しんでるー?」
お客さん「イェーイ !!」

ゴッチ「健さんさ。結構ライブとかよく行ってるよね?」
喜多 「プライベートで普通に行っちゃうね」

ゴッチ「フジロックとかさ。結構マニアックなバンド出ててさ。
半分以上が知らないフェスとかってあるじゃない?
だけどさ~洋楽とか関係なく音楽が好きなやつが集まってるのって何かいーよね。
で、フジとかに健さんが行った時の盛り上がり方を
昨日とは違う感じで知りたいなーと思うんだ」

喜多「例えば?」
ゴッチ「フェスで初めてアジカンを聞いてるうちに、
あ、いいかも☆ってなった白人の感じ?」

健さん、だんだんと揺れだす!
ほわほわ揺れて、ついに腰を左右にふって、腕をイエーイって上にあげちゃった(笑)
会場大爆笑~♪

ゴッチ 「いんじゃない?(笑)じゃ次は大好きな洋楽のバンドが
新曲を披露する時に、曲はわかんないんだけどノっちゃう時あるよね?その感じで」

喜多「じゃあイントロやってくれる?」

ゴッチ「お!いーよ。紹介からやるよ。
Next song is new...song.!!」

お客さんが噴き出しそうにくすくす笑う。

何歌うのかなあって思ったらボイパで適当(笑)
そのとたん、健さん

喜多「…フォーー!!!」
お客さん 「イエーイ!!(笑)」

ゴッチ「こういう感じで盛り上がって下さい!
そろそろ次のアーティストにいこっか。健ちゃん、紹介して」

喜多「次のアーティストは切なくて踊りたくなるようなバンドです」
ゴッチ「切ないのに踊りたくなるの?(笑)」

喜多「そうなんです。愛しさと切なさと…」

ん?どっかで聴いたような(笑)

ゴッチ「心強さと?(笑)
・・・ってこんなコントみたいなことやってる場合じゃないね」

喜多「とにかく踊りたくなると思います!
カリフォルニアから来て下さいましたーハローグッバイです!!」


☆hellogoodbye

ゴッチがものすごーく親近感を感じたというメガネメンズ。
明るくてポップなのに泣けるという前振りを聞いて
ゆるくスタンドで楽しみました。

ほんとに、明るくて親しみやすい音でした。
あのちゅーんちゅーんって音があんまり好きではないんだけど
憎めない感じ。音源ちゃんと聞いてみたいな。
英語で喋りかけては、変な叫びや吐息(?)で煽って。
良い人達でした(笑)


☆SPECIAL OTHERS

本ステージの脇にある、小さなステージの方から幕が上がる。
ここからスタンディングゾーンに行ってしまいました。
エルレとアッシュの前だからってのもあるけど
スペアザ目当てに集まる人見てたら、混ざりたくなって(笑)

でも結果的に行ってよかったです。
すっごい楽しくって。音楽にのって踊るのが気持ちよくて。
スペアザが一気に大好きになりました!
時々入る歌がまたいいんですよね。

MCもかなりおもろかったです。
どうも出身が横浜で、しかも新横浜のすぐ近くにある
岸根高校らしくって。ぜひ行ってみて下さいだって(笑)

楽しすぎたのか、ほんとに短かったのか
すごい早く終わってしまって残念でした。


ここで山ちゃん&潔さんのトークコーナーが!

失礼ですが、ゴッチ&健さんよりひどく影が薄かっ(強制終了)

潔「盛り上がってるー?」
お客さん「イエーイ!!」

山田「盛り上がってるーー?」
お客さん「イエーーイ!!!」

山田「いやー盛り上がってますね。声だししに来たんですけど…」
潔「盛り上がってるっていってんじゃん(笑)
山ちゃん、冗談は顔だけにして~」

お客さん爆笑☆

潔「後ろで見てたんだけど、本当にすごく盛り上がってるよね!!
でさ、手を皆ががーって挙げるじゃん。
あれ後ろで見ててすごく綺麗だからさ。
絶対このステージから見たらもっと綺麗なんだろうなって思うわけよ」

お客さん、一斉に手をあげてイエーイ!

潔「そうそれ。もう声だしの練習しなくていいんじゃない?」
山田「でもさ…。あそこに誰かいるよ?」

なんかこの下手なこ芝居がいよいよ聴きがたくなってきた頃
喜多さん登場。

潔「また出てきたのー?(笑)」
喜多「いやー。昨日来てくれた人は分かると思うんだけど。
コールアンドレスポンスの練習をしようとね。思いまして。
コールアンドレスポンスって分かるかな?
僕が言ったやつを真似して言ってください。
それじゃあやりますよー。フォーーー!!」

フォー好きだな(笑)
でもお客さん、続々リピート!!

喜多「フォーフォー!」
お客さん「フォーフォー!」

2、3回やったかな?

喜多「収拾がつかなくなってきたので、
昨日と同じく、男性陣、言ってくださーい!!フォーー!!」

男「フォーー…」

これが案外声小さくて…(^^;

喜多「じゃあ最後は皆でフォーーー!」
お客さん「フォーーー!」

喜多「それぐらい盛り上がってね。次のバンドでもやって下さい。
次は北アイルランドからやってきてくださいましたー。ASHです!!」

健さん、盛り上げ上手です~。楽しかった★


☆ASH

01.Lose Control
02.Burn Baby Burn
03.You Can't Have It All
04.Renegade Cavalcade
05.Kung Fu
06.A Life Less Ordinary
07.Orpheus
08.End Of The World
09.Girl From Mars
10.Twilight Of The Innocents

ASHの人気はすさまじかったです。
もう何度もナノムゲンに出てるだけあって、もう集まる人の数が…!
私は落ち着いて見れるように、そこそこ真ん中にいたんですけど
前の方の熱狂度が(>_<)
ASHが登場した瞬間、黄色い声も出ました~。
ASHのSEがまたすっごくカッコよくて。
今までとは別格の雰囲気を醸し出してました。

日本のライブにも慣れてる風で
ボーカルが煽るタイミングとか話しかけ方がうまかったです。
Kung Fuで、アジカン!アジカン!って煽ったのには笑ったな。
あと突然火が出たり!アジカン以上にお金使ってるよ、この人たち(笑)

シャーロットがいなくても、全然大丈夫なASHでした。
最後の盛り上がりがまたよくて。
私はEnd Of The Worldに1番感動しました。
また去り方がカッコよかったし…!
もう少し聴きこんでいけばよかったなあ。


☆ELLEGARDEN

01. Opening
02. Space sonic
03. Acropolis
04 .Fire Cracker
05. 高架線
06. BBQ Riot Song
07. Marry Me
08. I Hate It
09. salamander
10. Red Hot
11. Make A Wish
12. ジターバグ

やっぱりナノムゲンに来た1番の理由はエルレかな。
休止前に1回でも多く見たかったんです。

私は、エルレは戻ってきてくれるって信じるけど
またナノムゲンでエルレが見られる保証はどこにもないなって思った。

昔、ホリエさんが細美さんに
「もうないかもしれないよ?
3バンド(アジカン・テナー・エルレ)が一緒にやれることなんて」
と言って、ナノムゲン出演を決めた事があったけれど
今さら、この言葉が凄く真実味をまして聴こえて
ほんとにそうだよなって実感しちゃいました。

この日の細美さんは金髪で、なんかBOOTLETのVol.1の頃に
戻ったみたいでした。若くって、今よりもっと怖いもの知らずな感じ。

意図してないんだろうけど、黒髪だった時の細美さんは
凄い迷ってて、葛藤してて、出てきた曲もダークだったから
金髪の細美さん見たら、なんだかモードが変わった気がしました。

この日は最初からお客さんも凄いテンション!
会場すべてがエルレファンなんじゃないかってくらい熱かったです!
スタンディングゾーンにいたら、アジカンがのっとられたような
そんな錯覚さえしちゃうくらい、凄かったなあ。

みんな思いは同じなんだと思いました。
エルレが休止しちゃうことを知ってて、来てる。
でもいつもと同じように楽しいライブは始まって、みんなで歌ってて。
それはそれは不思議な感覚でした。

セットリストはとってもハッピー。
本音言えばMiddle of Nowhereあたりが聴きたかったけど
絶好調な曲ばかりで、不安を吹き飛ばしてくれました。

細美さんも

「すっげー楽しいです!楽しいことって終わりがあるような気がしてたけど
こんなに楽しいんなら、続ければいいんだよね。
俺達はこれからしばらくお休みしちゃうけど
こんな楽しいことやめられるわけないし、これからもよろしくお願いします」

と言ってくれました。
言葉少なだけど、いつもと同じ様だけど
みんなの心配な気持ちを酌んでくれた言葉だなあって思います。

「THIRD EYE BLINDを10年位前からみたくて、
でも1度も見れなくて、
今日は楽しみにしてたので皆と一緒に楽しみたいと思います」

なんて1音楽ファンの細美さんらしい一言も。

もう後は、言葉がなくたって音聴いてるだけで泣けてきました。
楽しい曲でも泣けてきちゃうんです。
私的には、I hate itと高架線あたりがヤバかったですね。
ぶわーっときちゃうと、これがもう止まらない。
じわーっと染み出した涙おさえて、いっぱい歌いました。

Make A Wishを歌う時、ピークはきました。
今までも何回もこの歌を歌ってきて、失礼な話、飽きるくらい
ラストに歌われてきたこの歌を歌えるのが、
最後になるかもしれないと思ったら、うわーっと思いました。

「願い事をしようぜ」

そういう曲ですよね。
みんな同じこと願ってたと思います。
それくらい、1つになった瞬間でした。

みんなで円陣組んで、1の指あげて、願い事をして
暴れまくって、終わったーと思った時
細美さんがギターをおかず、名残惜しそうにもう1曲を始めました。

私には、不意打ちに見えたんだけどな。予定にあったのかな?
ジターバグでした。
Make A Wishの後にこれがきたのがビックリで、でも嬉しくて
またみんなで歌いました。
またすぐに歌えるといいのにな。
エルレ、大好きでした。これからも大好きです。

☆SPACE COWBOY

エルレの大熱狂の後、このままじゃいられないと思って
スタンディングゾーンを抜け出しました。
そしたら外はアリーナに入る大行列が!恐ろしい…;

ちょっと休憩した後、スペースカウボーイを見るべく
スタンドの方へ。ゆったりまったり見るつもりでしたが
これまた凄い熱気でした。

特に、アジカンのループ&ループをリメイクしたやつを
流した時には、会場中がほんとに湧いた!
あとはノリノリなお姉さん達も出てきて
一躍ダンスフロアと化してました。若いのに、凄いよね。

スペースカウボーイも短かったなあ!

お次はゴッチのトークコーナー♪
ゴッチが一人で登場!

ゴッチ「SPACE COWBOY、
ループ&ループのリミックスやってくれましたねー(苦笑)
嬉しいような恥ずかしいようなって感じですね。
あれ、俺がたまに歌詞間違えるのを
皮肉ってるんじゃないかと思ったんだけど(笑)」

ゴッチ「で、昨日も来てくれた人は分かると思うんだけど」

お客さん「よいしょー!」

ゴッチ「そうそれ。名古屋場所ね。今やってるとおもうんだけどさ。
俺がシコを踏みますので、!(凄い歓声がおきました!)
それにあわせてよいしょーって言って欲しいのね。
んじゃあ最初は練習で、せーのって言ったらやってみて」

ゴッチ「せーのっ!」

お客さん「よいしょー」

ゴッチ「まだまだ足りないよー?せーのっ!」

お客さん「よいしょーーーー!!!」

ゴッチ「よし。じゃあ次はシコを踏むからそれにあわせていってみて下さい」

ゴッチがシコを踏みました。
これが似合わないんだー(笑)

凄い気合いの入ってない簡単なシコで。
(ほんとにファンか?)力士とは程遠くて笑えました。

でもちゃんと、横綱の土俵入りしたんですよ!
雲竜型の方が私は好きですけど、不知火型だったかな。
ゴッチの力士ぶりが面白くてしかたなかったです。

ゴッチ「その調子でラストも盛り上げていきましょう!!
次は、10年ぶりに来日してくれたTHIRD EYE BLINDです!」

ゴッチ「テナーのホリエくんとメールしたときにさ。
彼はTHIRD EYE BLINDのことをいつも
”天津飯“ってメールに書いてくるんだよねー!(笑)
間違いじゃないけどさ~。
それでは次は、THIRD EYE BLINDです」

会場中が歓声あげる前に笑に包まれました。
私も楽しみにしてたサードアイブラインドだってのに、
ゴッチのせいで、すっかり頭がホリエの天津飯で一杯になってしまいました。
恐るべしホリエ(笑)


☆THIRD EYE BLIND

エルレの次に楽しみにしてたのが彼らかなあ。
私も細美さんに負けじと見たかったバンドです。

残念だけど、セットリストが全然わかりません!
誰か知ってたら教えてほしいくらい。
最強のお品がきでした。

10年ぶりだなんて思えないくらい、フランクなステージでした。
なんていうか、余裕があるんですよね。
どっしり構えてて、こっちを試してきたり。
けど、久しぶりの日本を楽しんでくれてるみたいで
若手バンドみたいに無邪気に喜んだり。
とってもベテランなのに可愛く感じました。

ボーカルの人がかぶってるシルクハット的な帽子がくせもので。
(後にゴッチが受け継ぐことになるのですが☆)
あと首にまいたカシュクールみたいな装いが
妙にロックぽく見えなくて、そのあたりがまたウケました。

とても楽しいステージでした。
個人的にはASHよりハマったかなあー。
曲もカッコよかったし、ボーカルも好きでした。
帰って、真っ先にMY SPACEで探しちゃったくらい。

トリ前だけあって、すごく沢山の曲を歌ってくれました。お腹いっぱい☆
この日大トリのアジカンを前に、とっても満足でした。


☆ASIAN KUNG-FU GENERATION

さあささ、いよいよアジカン!
このフェスの主催者って忘れちゃうくらい、なりを潜めていた(笑)
それくらい、正直、地味だなあって思います。
たまに袖から出てきて、前説したり、バンド紹介しにくると
お客さん沸くけど、主催者って感じじゃないなあって感じる。

でもそんな地味さが私は好きですけどね(^^;
そんな地味な4人が、音楽やってたからこそ
海外からバンド呼べちゃうような存在になったって事が凄いんですよね。

いよいよアジカンが登場!ってなった時の会場は
今までと明らかに違って、会場全体が立ち上がって大拍手。

この時から、フェスじゃなくて、ワンマンライブでしたね。
みんながみんな、アジカンを迎える体勢になりました。
他のアーティストの凄さにめろめろしてた私は
まわりの予想外の熱狂的な
アジカンモードに切り替われなくて、おたおたしてました(^^)

01.フラッシュバック
02.未来の破片
03.トラベログ
04.No.9
05.惑星
06.転がる岩、君に朝が降る
07.夏蝉
08.リライト
09.ループ&ループ
10.遥か彼方
11.羅針盤
12.君という花

Encore
13.ThirdEyeBlindとのセッション「Song2」
14.アンダースタンド
15.ワールドワールドワールド
16.新しい世界


わりと昔の曲もやった方かな?
あまり最近のアルバムを聴きこめてなかったので
私は昔の曲が聴けるたび、すごく嬉しかったです。
未来の破片なんて聴いた時には懐かしすぎてもう。

特に、リライトの前でゴッチが
「大ヒットシングルやります」って言ったのが面白かったです!
皮肉なのかウケねらってるのか、ほんとわかんないけど(笑)
私の頭の中はリライトのPVで
実はコロコロつきの椅子座って走ってるゴッチで一杯でした。

アジカンて、演奏がカッコいいですよね。
1曲1曲バシってきめていく感じが、クールでとても好きでした。
ほんとは、もう少し情感ある方が好きなんだけど
ゴッチの声に限ってはクールな方がいいみたいです。

ゴッチはこの日MCを沢山してくれて、どれも凄く印象的でした。
たとえば、すべてのバンドについてのコメント。
どのバンドに対しても、熱い敬愛を示していました。
ナノムゲンフェスは、そういう友情とか、尊敬で結ばれ
繋がっているフェスなんだなって改めて思いました。

中でもエルレには
「言いたいことも沢山あるけれど」と前置きして、
出演してくれたことを感謝していました。
そして、ナノムゲンに帰ってくれるまで待とうと言いました。

とても言いにくそうでした。
本当に言いたいことが山ほどあるんだと思います。
個人的にも、バンドとしても。
ファンよりずっと言いたいことあるんだろうなあって察しました。
来年とはいわないけど、また将来のナノムゲンフェスに、
エルレが帰ってきてくれるといいな。そう思いました。


昔の曲も新曲も織り交ぜて、あっという間に本編は駆け抜けて。
ラスト「君という花」は大盛り上がりでした!
らっせーらっせー☆
テンションあがりました!

そしてアンコール。
なんか和やかな雰囲気で、何かやりそう…☆

ゴッチ「アンコールありがとう。ハンドマイク持ってるんだけど。
なんでこれを持ってるかって言うとThirdEyeBlindとセッションを
したいと思います。呼び込んでいいかな?」

会場中がイエーーーーイ!!と大拍手!
ThirdEyeBlindが出てきます。

ゴッチ「実は昨日…じゃなくて一昨日…じゃなくて
18日に話し合って決めたんだけど。
この前、ThirdEyeBlindのライブでサポートACTとして出させてもらって。
そんときにThirdEyeBlindの方からなんかセッションしたいねーってなって。
ブラーのソングトゥーをやることになりました」

ヒュー!!という歓声と溜息が洩れました。


私、この曲をそんな知らなかったんですが
ゴッチが英語を歌い、アジカンがセッションしてるだけで見ものでした。
既に仲よさそうだったなあ。とっても和やかなひと時でした。

ゴッチ「ありがとうー!!
HMVで試聴して即買いしたのがThirdEyeBlindでさ。
あれ?HMVだっけ?ダイエーだったかも!(どっちだ 笑)
何かこれでうそ臭くなったけど、とにかく、試聴して、即買いして。
他のメンバー3人に教えたの。
そしたら、3人だけでカルーアミルクってコピバン作ってさ。
卒業講演ではモイスチャーミルクに変えてさ。
なんで俺あれにいれてもらえなかったのが今でもよくわからないんだよねー。
(メンバーを意地悪くちらっと見るゴッチ!)その辺どうなの?山ちゃん」

山田「あれは…ギターボーカルが喜多さんだったから…」

言い逃れた山さん(笑)

ゴッチ「健ちゃんってさ。自分が目立ちたい時俺を誘わないよね。
健ちゃんが主催してやったフェスの
KEN'S NIGHTにもアジカン呼んでくれなかったしさ」

喜多「だって、ゴッチを呼ぶと俺が目立たなくなるんだもん。
それにあの時は、違うコピバンでトリを飾ったからよべなかったんだよ(笑)」

で話は、ゴッチの頭にかぶせられた
Tirdeyeblindのボーカルの人のあの帽子に(笑)

演奏後、みんなとハグしあって、
なぜかゴッチの頭にちょこんとのっけられた帽子!
もうおかしくって、笑いが止まりませんでした。

ゴッチ「これは、絵的にどうなの?大丈夫なの?」
心底心配そうなゴッチ。
会場は爆笑の渦でした。

ゴッチ「まあいいや、かぶったままやります。
でもさ、今日、色々取材のカメラとか入ってんだよね?
色んな写真の中に、こんな帽子かぶっちゃったオレが混じっちゃって
なんだコイツってならない?いいの?」

心配はとめどなく(笑)
結局、喜多の健さんが1曲だけってことにしてくれました。
助かったね!ゴッチ★

アンコールが凄くあったまりました。
その後はアンダースタンドでわいわい楽しく!

ゴッチが感慨深げに話し出します。

ゴッチ「でもさ。本当に良いフェスになってよかった。
後ろの席で見ていてね。 最初の頃のこととか思い出しながら見てたら、
こんなでかいところで、 こんなオーディエンスが入ってて。
それを考えるとすごい感動したんだよね。

音楽が好きならさ。洋楽とかジャンルは関係ないと思うのね。
音楽が好きな人が増えれば、戦争はなくならないけど、
思いは伝わるし、インターネットの書き込みとかさ。
ホントくだらないじゃん?
なんていうんだろ。
たとえば戦争歌を歌ったところで戦争はなくならないと思うけど、
それを思う人はいるわけ。
だからさ。音楽がもっと広まっていけば、
きっともっといい方向にいくと思うんだよね。
そうすれば、秋葉原とかに車で突っ込む人もいなくなると思うんだ。

だからね。皆、音楽が好きで、ここにいたってことを忘れないで欲しいんだ?
独りぼっちで、寂しくなるときもあるとは思うけど。
そんな時、音楽を聞いて、少しでも気持ちが和らいだらいいと思うんだよね。
俺らがそれにどれだけ影響してるかなんてわかんないけど、
そんな曲をこれからも沢山書き続けていきたいと思います」


ゴッチは秋葉原の事件を引き合いに出していたけど…
昨今の信じられないような事件や、苦しんでいる人たちにむけて
アジカンが音楽でできること、どうしたいと思っているのか
一生懸命話してくれました。

私、こういう話するアーティストって苦手なこと多いんだけど、
ゴッチの話は詭弁に聞こえなくて
初めて、フェスの主催者としての責任や影響力の重さを
アジカンが背負ってるんだなあって実感したんですよね。
とてもずっしり響いた言葉でした。

そして最後は新しい世界。
ゴッチの言葉通り、最後にふさわしい、これからに繋がる歌でした。

アジカンを始め、他のアーティストにもみんな楽しませてもらって
すごく楽しい1日を過ごさせてもらいました。
旅行のあとっていう凄くハードな日程だったけど、行ってよかったです。
時に激しく、時にまったり楽しめたのがよかったのかな。

来年もまたナノムゲンフェスに来れたらいいな。
想いは来年に繋ぎます。
[PR]
by you-lilly | 2008-07-31 21:18 | live
<< PREDATORS再始動 富士急 >>