星の鳥

orbital period



泣いたとか感動したとか、最高!じゃ月並みで。
評論家みたいな感想書いてるブログは大嫌いで。
けど自分の言葉を書こうとすると、
ひどく個人的な話になっちゃうので書きにくいな。
毎日聴きこんで、気がついたらアルバム曲ばかり聴いてたりします。
特に「才脳人応援歌」「ひとりごと」「飴玉の唄」のループ…。
相変わらず綺麗なメロディと歌声に沁みながら
僕と君の関係を色々考えてしまいました。



星の鳥を求め追いかけた王様、
そしていつしか自分の事を気づいて欲しいと思った王様の話は
自分と音楽の関係ととても似ていると思った。

大好きになって、手に入れたくなっても
自分だけのものじゃないし、
自分は相手の事を知っていても、相手は自分のことを知らない。
気づいて欲しいと思うけど、気づかれたくて発信してみるけど、
その言葉が届いているのかもわからなくて
いつの間にか、どこが好きだったのか解らなくなってしまう。

よくライブは1対1だと言うけれど
すっとそんな事が出来る人は羨ましい。
自然と自分が主人公になったり
都合よく自分と恋人をあてはめたり。
私はそんな自己満足、できっこないんです。
自分にも歌われているはずなのに
自分以外の人に歌われていると思っちゃう。
歌の台詞を借りれば、「僕のことなんか知らないくせに」です。
大好きになればなるほど、
勝手なこと言わないで欲しいと感じてしまうんです。

独占欲とかでは決して無いんです。
彼氏とか家族に対する「好き」とは別の感覚。

自分の事知らないくせに、知っているかのように
歌われる事に耐えられなくなってきたというか
これだけ大事な存在になってるのに
単なる知り合いにも友達にさえなれない
その関係が、段々寂しいことのように思えてきたんです。

「orbital period」は、そんな自分に色んな返事をくれました。
なんで、知らないくせに、知っていたみたいに返事くれるんだろな。

優しさが生まれるのは、
自分がいい人に思われたいからっていうのは、本当に事実で。
そうすると自分が気持ちいいとか、何かしらエゴの所産であって。

だから、音楽を生み出すのは
その人が生きていく上で気持ちがいいからであって
お金を稼ぐ手段なんであって、
自分じゃない誰かが沢山いてくれれば
何も自分がお客さんじゃなくてもいいんだって。
そんな意地悪なこといっぱい思いました。

それに対して「君じゃなきゃ嫌だよ」って言われましたよ。

私のこと知らないくせにね。
そんな台詞を吐くなんてね。
やっぱり、ズルいなあ…と思ってしまいます。

自分のエゴを押し付けてるだけって
自分はひどい人だって知ってても
「あなたがいなきゃこの優しさは生まれなかった」っていう事が
答えなんでしょうね。

やっぱりズルいです。
すごく冷たくて厳しい事を言ってるのに
その客観さが、逆に凄く優しく聴こえる。
嘘が言えない、けどそれらを受け止めて生きてる
作り手の人柄が出てますね。
そういう救いようもない事実に
ちょっぴり希望とか笑いを込めてくれるとこ、好きだったんです。

「僕は君を信じたから もう裏切られることはない」

「信じる」って私にとっては
無防備で責任のない言葉にも聴こえるんだけど。
私が裏切っても気づかないのか。痛いですね。
僕と君。
浅い関係からは離れていっちゃう私には辛いな。
けどほんとは誰より深い関係なのかもしれないですね。

あーもう何言ってんのかわかんなくなってきた!!(笑)

音楽に依存する意識は、昔より薄くなってきているけど…
このアルバム聴いて、まだまだだな自分って思いました。
新しい音楽に動揺したり、影響される自分は片恋状態みたいです。
死んでしまった王様みたいに、一生とらわれるもの。
救いは仲間がいたってことかな。
好きって時にどうしようもないですね。
[PR]
by you-lilly | 2007-12-22 03:05 | music
<< Three Diamond D... orbital period >>