スランプ

MUSICA読みましたよ~。表紙は合成ですか?(笑)

3曲とな。 3曲!?

既発のシングルが4曲だから、3+4=7曲あるとして…
アルバムだったらあと3曲は書くよね…。とすると…

どーも…まだまだ待たなきゃダメそうね?(>_<)

待つのは全然構わないけど、やっぱり会えなくて
声も聞けない時期が長く続くのは寂しいな。

本誌にも書いてあったけど、3年て時期は若ければ若いほど辛いと思う。
だって、生活も気持ちも、激変する時期だから。
でもそれに藤原さんの方が気づいてくれたのが嬉しかったです。

うまく言える自信はないんだけど
ファンは自分の人生を左右する位、凄く傾倒してしまって、
依存してしまう、影響力のある音楽ってあると思うんです。
または、そういう時期があると思う。

アーティストはそんなニーズに合わせて作るような事はしないって
解ってても、何かリリースして、何かライブをして
自分を変えてくれるきっかけを投げかけてくれないか待ってるような、
そんな期待があると思うんですよね…

本当に純粋に音だけを聞いている人っているのかな?
そういう人も沢山いるだろうけど、多くにとって
音楽は自己中心的に扱える、物凄い許容量の大きいもので
鏡のように自分を重ね、照らしてるものだと思う。

特にBUMPはそういう風に待たれてる音楽だと思う。
私も、ユグドラシルの時とは、全然生活も、気持ちも違う。
昔ほど音楽に気持ちは依存してないと思うけれど…

次のアルバムが出る時、ユグドラシルを超える感動があるのか
どんな事を感じるのか、ちょっと怖くて待ち遠しい。

でも、もし自分が逆の立場で、自分の影響力や
これだけ待たれてるって事をひしひしと感じたら…
“何も言葉が見つからなくなった…”っていうのも、凄く解る気がするんです。
[PR]
by you-lilly | 2007-05-16 00:00 | music
<< 商標ELLE あをによし奈良の都 >>