Can't buy my love


アヴリル来日中!まだ結婚したとは信じられないなあ~。
INROCKにアヴリルの結婚式写真がいっぱい載ってる号があるのですが
普通に綺麗なカナディアンお嬢さん(22)。可愛い。めちゃ可愛い。

なのに何故。宇多田もそうだけど、あっさり結婚できるのが羨ましい。
結婚したいんじゃなくて、その人生決断力が羨ましいのです。

先行シングルのGirlfriendはノリノリで明るくて大好きなんだけど
歌詞見てビックリしました。うーん簡単に言うと、
「あなたの彼女よりあたしのが断然いいから付き合って!」って
アピールをしまくるだけの歌なんです。

仕舞には「あたし、あなたの彼女嫌い」とまでのたまうという…。
文化の違いとは言え、なんでそこまで自分に自信があるのでしょう…。
日本人が奥ゆかしいと言われる所以が身に染みて解る歌だ。
カナディアンボーイ、嫁にもらっておくれ。


←これも中々良かったです。まだ少ししか聞いてないんだけど。
JAPANの2万字読んで、凄く苦労してきた子なんだなあと思いました。
自立心が顔に現れてますよね。きりっとしてあまり笑わない所が好きです。

藤原さんといい、YUIといい、音楽しかないって思った人の取る道は
どこか共通点があると思います。成功した後から話を聞くと、
「才能のある人はいいよね」で片付けられるのかもしれないけれど

成功するまでの道は絶対不安だっただろうと思うし
信念だけでは進めない、保障のない道だと思うんですよね。
歌を歌うっていうのは、それくらい人生賭けてるものなんだって気づかされます。
[PR]
by you-lilly | 2007-04-29 07:35 | music
<< フジワラムジカ Complicated >>