賽を振る時は訪れ人生の岐路に佇む

年始から色んな人と逢って話すうち、
元気もらったり、逆にめり込んだりの繰り返し。
自分が何処に向かってるのか解らなくなります。

自分のやりたい事とか、夢とかはよく解ってるんだけど
最近よく思うのは、何を基準にしてるのかなーってこと。

自分の仕事を第1に考えたら居たい場所と
自分の大事な人たちを第1に考えたら居たい場所は違うんです。

仕事をばりばり頑張ってる人はとっても素敵だと思うし
立派な家庭を築いてる人もとっても素敵だと思う。

でもどっちも選べない私は中途半端で、
人間的にまだまだ未熟だなあと感じます。

結婚したら仕事やめて主婦になる、結婚しても仕事続ける、
なんて2択があったら、おそらく後者を選ぶ人間のくせに
はっきり前者を選べる人が少し羨ましく思える時がある。

別に仕事して自立してる人ばかりが偉いんじゃなくて。
誰かと生きていける覚悟のある人も偉いと思えるんです。
私が仕事を選ぶのは、相手を信用してないからなんだよ、きっと。
まだ自分を優先してる。

昔はこんな事思わなかったんだけど。
現実味を帯びてきたせいかなあ…
独りで生きていくのは寂しいくせに、
誰かと生きていく道を選ぶのは、現実的にはまだ無理。
それを選ぶには、どうも若すぎるみたいです。
[PR]
by you-lilly | 2007-01-23 01:55 | weblog
<< Fake こんなに人を好きになっていいんですか >>