ELLEGARDEN ELEVEN FIRE CRACKER TOUR 2006-2007

遅くなりました~。11月16日に行われたエルレガーデンの
対バンライブ@なんばHatchのライブレポです。

日が経ってから書いてるので、またいっぱい忘れてます…;
てか、3バンもいると…脳の許容量、パンク!!
今回は短めに書こう、うん。(それでも長い;)

よくチケットとれましたね、ってコメントもいただきましたが
私、ハコのライブで自力でチケット取れたのってテナーだけなんです。
エルレは毎回先行にあたっては砕けてます。
チケ運は最低です。いい加減へこむ。

今回も当然取れなくて、行かない気満々でしたが
2日前に譲ってもらえる事になってホクホクと同伴しました~。
(こういう時の為に一応、予定は空けてあるのです。)
本当に某様、ありがとです~。感謝してもしきれません。

完全に諦めてたので予習はゼロでした(笑)
エルレとテナーはヘビロだけど、Allister…うっ。




なんばハッチは毎年1回は来てる。今年は2回目。
早めに会場に着いたのに、始まってもない物販に既に長蛇の列。
寒空の下待たされて、ツアーTとリストバンドを買いました♪

そしてすぐライブ装備。チケットのお礼にロッカー代を奢る。
軽くご飯を食べて、お喋りに花を咲かせたらすぐ開場時間。

番号は遅かったけど、まだ前の人来てなかったし
A(HP先行?)だったので割と早めに入れた。
でもなんばハッチ恒例のエスカレーターダッシュなかったなあ(笑)
あれテンションあがるから好きなのに。ひとりでするのは虚しい。

体調も良くなかったので正面後ろで待機しました。
あとなんだろ…テナーのなんばライブでDeadman体験してから
ちょっと前が怖くなった。今日はそれにエルレとAllisterが
あると思ったら、自然と後ろめに(笑)ライブ行く予定じゃ
なかったから、場所取りなんて考えてなかったってのもある。

きょろきょろしてたら久しぶりに逢えた方たちが沢山。
ライブってこういう出逢いの瞬間も嬉しい。
始まるまで色んな話をして待っていた。

私はこの期待でいっぱいの喧騒の中、お喋りをしてる時間が好き。
対バン誰からかなーとか、予想裏切ってテナーからかもよ?とか
エルレから出てきたらどーする?とか(笑)
土壇場でも、ここに来られてよかったなあって思った。

中々サウンドチェックも始まらなかった。おしてたのかな?
開演時間は過ぎていたよう。あらゆるBGが流れて
かなりじらされた後、ふっと明りがおちて歓声が沸き起こった。


◆allister

マイクの本数と位置で察してた通り、1番手はallister!
あのSE、映画のサントラだよね?バックトゥーザフューチャー?
思った以上に人気で、最初から盛り上がりも良かったです。

私はほんとに予習が間に合わなくて、ほとんど曲名が解らなくて
心底申し訳なかった。だからその場で音に身をまかせる様にした。
Nap Starで聞き覚えのある曲が何曲があって嬉しかった。

allisterの面白いところは、TimとScottが交互にボーカルを取る
ところだと思う。日本のバンドじゃあまり見ないもんね。

またその合間をぬって、Scottが挟むMCが巧い巧い。
ラジオやブログでその日本語力は知ってたけど改めて脱帽…。
しかもScott、誰に教えられたんだかちゃんと関西弁喋ってたよ…。
~やんかーとか…。方言話す外人さん凄い…;

Scott「まいど~シカゴから来ました、allisterです!」
(ほんとは鹿児島県って聞こえたんだけど 笑)自己紹介できてる~

Scott「みんなエルレのアルバム聴いた?カッコいいよね!」
愛想いい…親近感ぐーんとアップ♪

Scott「ほな、ケガせんといてや~」

ScottのMCは愛情がこもってて、1つ1つに笑顔になりました。
聴いてたら、ああこの人もライブが死ぬほど好きで、
エルレが大好きなんだなーって実感しました。

春にSSTVで「僕の夢は日本でエルレのライブを見る事なんだ」って
語ってたScottが目の前でエルレと対バンしてるんだなあって思うと
凄い形で夢を叶えたScottがめちゃくちゃカッコよく見えました。

他のメンバーも、曲が解らなくても楽しめるように
煽ってくれたりして、すごく楽しめるライブでした。

Scott「次の曲は知ってたら一緒に歌って下さい!」

極めつけ、誰もが知ってるスピッツの名曲「チェリー」のカバー。
勿論パンクVer.だけど(笑)めちゃ盛り上がりました~。
これはみんなノリノリで凄く楽しかったです。

Scott「次はストレイテナー!みんな楽しんでいってニャ!!」

にゃー??(笑)
最後までScottに笑わせてもらって、最後の曲で燃え尽きました。
思った以上に楽しくて、しっかりファンになりました~(単純)

※余談だけど、下手にライブを見ているホリエさんいなかった?


◆ストレイテナー

個人的に対バンライブって初めて見たんだけど。
転換の時間、微妙に困ってしまう。
マラソンした後、軽く走り続けてダウンしなきゃいけないみたいに
休んでたら余計しんどいような、休みたいような(笑)
allisterのライブの感想を少し話したら、言葉が出なくなってしまった。

マイクの位置が変わる。サウンドチェックの音が違う。
ひなっちのベースの音は、明らかに他と違う変な音がする(褒め言葉)
ビヨビヨビヨ~って鳴ったら、あ、DiscoとKILLERやるな~ってニマリ。

よく考えたら、たった2週間ぶりのストレイテナーでした。
京都女子大でのライブが凄く良かったので、エルレとの対バンだと
どんだけ凄いことになるのか、すごく楽しみだった。

転換でじりじり待って、また突如明かりが落ちる。
テナーのSEはめちゃくちゃカッコいい。何度聴いても鳥肌!
すごくクールに登場した3人。ホリエさんがピンク(紫?)の
Tシャツを着てたのに軽くビビった。何でこの人は…(笑)

ナカヤマさんがテンション高いのか、最初からクルクル踊ってた。
ひなっちは手を挙げて煽る。ホリエさんは相変わらずマイペース。
いつも最初から凄い沸点だけど、今日は気合入ってるなと思った。

京女の1曲目がPOST MODERNだったので、今回もそうかなーと
予想してたら、ホリエさんが1人でギターをジャカジャカ、歌いだす。
ライブVer.のDiscography!うわ~きちゃったきちゃった。

しかも2曲目PLAY THE STAR GUITAR。
キラキラキラ~って音でうわーって歓声。アガる、アガる。
この曲、2曲目以外で聴いた事ない!(笑)最高永遠の2曲目。
3曲目がROCKSTEADYきたのが意外だったけど。
今日は絶対やると思ってた。選曲がストレイテナー王道。

ここで一息。ホリエさんは曲が一段落してもずーっとタオルで
顔ふいたり水飲んだりで、喋るとは限らないからハラハラ。
今日もたっぷり溜め込んだ後、意を決してマイクへ。

ホリエ「こんばんは、俺たちストレイテナーっていいます!」

久々に聴いたー!これ!(笑)
この自己紹介的なMCが対バンぽくていいな。
ワンマンでも同じこと言ってたけどね。それが笑えるホリエさん。

最後までよろしく!と叫んで4曲目。The Novemberist。
相変わらず間奏のドラムに感動してしまう。この曲の1度入り込んだら
中々出られないような世界観は何度聴いても身震いします。
この日のナカヤマさんは凄かった。1番気合入ってた。
渾身の一撃を何度も叩いてた様に見えた。

ここからしっとりと来るのかなーなんて思ったら甘かった。
KILLER TUNE(Natural Killer Born Mix)のイントロ!
リズムにギターが重なるとみんなが飛び跳ね始めた。
会場はダンスフロアになる。めちゃくちゃ楽しい!
いっつも思うけど、この曲あっという間すぎるんだよ~

そしたら予想通り、続けてBERSERKER TUNE。
どうやら続編だけに、完全にセットにしてるみたいです。
最初は馴染めなかったこの曲も、3度目になると
すごいグルーブが出てきてライブ感が出てきました。
これだからライブって不思議。

曲が終わってひと段落つくと、ワンマンだったら
しーんとしたり、ザワザワしたり、メンバーの名前呼んだり
色々なもんだけど、テナーにしては珍しくザワザワしてたな。

でもこの時、ひなっち前でDeadmanが出て、
スタッフさんが急遽ペンライトを照らして救出に向かった。
それを見て、ホリエさんが喋りだした。

ホリエ「しんどいよな。俺だってしんどいもん!」

ええ~~。またそんな年発言を(>_<)
みんなちょっと爆笑してました。

ホリエ「昨日レコーディングが終わって、軽く病み上がりみたいになってます。
この間まで、細美くんがひどく病んでたんで、心配してたんですが
無事アルバムができてよかったです。」

細美さんがアルバム制作で煮詰まってた時、さわおさんとホリエさんが
「細美くんを励ます会」を企画してたって話を聴きましたが
バンドマンて、やっぱり同じ生みの苦しみが解る
友達なんだよなーってほんわかしてしまいました。
とてもホリエさんの方が年下とは思えない関係だけどね(笑)

ひなっちはというと、自分が着てたエルレのライブTを指して
「エルレガーデン!」って自慢してました。可愛い(笑)

最後のブロックは、REMIDER、Melodic Storm、MAGIC WORDS
という夢の様な3本立て。ほんとに王道テナーでした。

やっぱりエルレのライブという事で、いつものテナーのライブとは
少し違うノリを見せてたけど、Melodic Stormの認知度は高いのか
みんな楽しそうに飛び跳ねてたなあ。凄い幸せそうなんだ。

MAGIC WORDSは、ナカヤマさんがダイブするシーンで
中々飛び込んでこないからビックリしました。あれは止めたのかな?
止められたのかな?よく解んなかったけど、いつもの様に
こっち来い!!もっと来い!みたいな手招きの後、
飛び込まれなかったので拍子抜けでした。飛び込めばいいのにー

その代わりまた踊ってたけど(笑)エルレが主役だからかな?
シンペイ、暴走(笑)エヴァ初号機みたいでした。

ホリエさんとひなっちが、ドラムセットの上に2人して
立ってたのが印象的でした。今日の2人は本当に何回も向き合って
お互いに響かせるように、ガンガン弾きまくってました。
あれ見る度「鬼奏法!!」って思うんだけど。
迫力ありましたねえ…。気迫が凄かったです。

やっぱり対バンて燃えるんだろうな。
ホリエさんはレコーディング明けで病み上がり、なんて
言ってたけど、その鬱屈がパーンと反動で出て
凄いライブになっている気がする。

MAGIC WORDSを完奏して、引き際はあっさりと
またもクールにテナーは去っていきました。
allisterより格段に短く、簡潔だった気がしたけど
すごい完璧なテナーだった。
これがサポートだなんて信じられなーい!って思ったところで
残りの体力があまりない予感がしてました(^^;


◆ELLEGARDEN

転換を待っている間、対バンを楽しむ難しさを嫌というほど実感。
普通にワンマン3時間見るよりしんどい。
思ってなかった所で消耗していくんだよなー。

エルレまで温存しておこうとは思ってなかったけど
ストレイテナーで凄い盛り上がってしまったので
喉の渇きと空腹(笑)が凄かったです。

加えてエルレの出番がきた瞬間、今まで来なかった押しの圧迫を受けて
流されていきました。もう誰とも喋らなかった。喋れなかった。

長い転換待ちをこらえて明かりが落ちたら、下からエルレ馴染みの
ツアーエンブレムが登場。これも凄い鳥肌の立つシーンでした。
いよいよ、トリ、主役登場という興奮が高まった感じ。

エルレのSEもテナーに負けず劣らずカッコいい。
しかも今回はアルバムのOpenigに繋げてきた!
沸き起こるオイオイコールに、空腹の私は密かに負けそうでした(笑)

メンバーとか、自分が埋もれちゃって見えなかったな。
人の隙間から細美さんの嬉しそうな笑顔と、
正気を失ったウブさんの髪の毛が微かに見えました(笑)

1曲目。勝手にSpace Sonicかと思ってたらFire Cracker!
いきなり新曲。これにはビックリしましたー。歓声も凄かったな。
でも同時にモッシュも凄くて、久々にこの戦場の様なライブに
来たなーって実感しました。やば~い。

なんか、人をポカポカ殴るみたいにぶつかってくる人がいて
凄い痛かったので、それを避けようと移動していったら
知らず知らず手すりの前まで来ていて、
後は必死でそこにしがみついてました。

隣の方が凄い良い方で、居場所を守ってくれたんです。
あの人の気遣いのお陰で本当に安心して見れたと思います。

だから、最初の6曲くらいはほとんど記憶にありません。
立って、拳あげてノってるだけで必死だった。
覚えてるのは細美さんの笑顔とウブさんの髪の毛だけ(笑)
Alternative Plansがアルバムバージョンだったなんて
他の人に言われて気づいた。もっとちゃんと聴きたかったな。

細美「みんな対バンツアーにようこそー!」

MCがどこで入ったのか正確には覚えてないんだけど
みんながあまりに歓声を送って、メンバーに話しかけるから
細美さんが対応に困ってニヤニヤしていた。

細美「え?え?何?何?」
 客「--------!!!(聞き取れない)」

細美「●×▽~#□◆%*+*!!!(←めちゃくちゃ言葉)」
 客「(笑)--------!!!(聞き取れない叫び再び)」

細美「●×▽~#□◆%*+*!!!(←めちゃくちゃ言葉再び)」
 客「(爆笑)」

細美さんが舌をまわすように、みんなの歓声の真似をしたのが
すごく面白かったです。確かにあれ聞き分けられたら聖徳太子…;

唯一聴こえた単語が「たいしぼーう!!」だったらしく
細美「体脂肪?ウブ、お前のことじゃねーの?」って言ったのが
最初のMCだった気がします。これには笑ったな~。

細美「あのな、無理だけはすんなよ!ケガしないように。楽しくいこう!」

こうして再開した後も、リアルライオット状態でした。
みんなめちゃくちゃ歌って、ノって、モッシュ&ダーイブ。
合唱が凄かったな。でもそんな嫌じゃなかった。
だって爆音で聴こえないもん(笑)

途中で危なくなっているエリアがいっぱいあった。
細美さんが心配そうに見守って歌ってるのがよく解った。
その視線で、この人はDVDにあった様に、
本当に客席の一人一人を大事にしているんだなあって感じた。

私も、巻き込まれない様に気をつけて、途中で体力が
少なくなってるのも忘れてひたすら歌に集中していました。

私がようやく落ち着いて、目が覚めた様に曲に入り込めたのは
Missingあたりでした。この曲、大好きなこともあるけど
今日のライブに来られると思ってなかった私にとって
すごく重たい一言を歌ってくれる歌でした。

その後が虹、The Autumn Songと来たからたまんない。
じわじわ涙腺に来る曲が雪崩をうってきた。
でも何故か泣かなかったな。
泣く暇がなかった。楽しさが涙を乾かしてくれるんですねー

The Autumn Songの「We can party~♪」の前で
右腕をぐるんぐるん回す細美さんとか見ると元気でるんです。
マニアックだけど、ほんとにそう。

細美「大阪はサマソニ以来なんだよね。俺、サマソニ以来なんて
   あり得ないと思うんだよねー。来年はもっと大阪来るからさ」

この時まで、自分がサマソニに行った事を忘れてました(笑)
3ヶ月ぶりなんて、全然普通だと思うのにな。
何年も来ないアーティストだっている。日本全国回るの大変なのに。
さすがライブバンドの発言だなあと思った。すごく嬉しい。

細美「今日は1回や2回イッたくらいじゃ済まさねぇからなッ!!!!!」

あーあ、言っちゃった(笑)

Salamanderは凄く楽しかった。この曲ノるとめちゃくちゃ楽しい!
うにゃうにゃ踊る。みんなでサラマンダー化(笑)

細美「うぁーーーー!きもちー!!!!
やっばい気持ちよすぎて!すみません!!」

みんなおんなじ気持ちだったろうな~
細美さんがこんな事叫んでくれると凄く嬉しくなる。

次に来たのは新曲アッシュ!
イントロ聴いた瞬間、すごいピンク色の声があがった。
アルバムで好きな曲は様々だろうけど、この曲をライブで
聴きたかったファンはきっと多いと思ったんだ。

アッシュは対バンライブでもやりたい、と言ってた言葉通り
本当にやってくれて嬉しかった。
というか生で聴くと、本当に一層染みる曲でした。
細美さんはこういう曲を書いたら巧いなあ。また泣かせにきたよ~(泣)

細美「ラスト2曲です!」

いつもこう言うと、要領を得たファンが、ええ~って気持ちの
声を押し殺してイエーイ♪ってなるもんだけど、
この日は何故か凄い心底悲しそうに「ええ~~っ」だった。
みんな、本当にまだまだ聴きたかったんだなあ。
私もまだ物足りない気がしてた。

ラスト2曲はジターバグとRED HOT。
この2曲も定番化してきたなー。みんなめいいっぱい暴れて
終わりを迎えた。あっさりと引いて行くメンバーに声援を
送りながら、すぐにアンコールが始まる。

こんな期待持っちゃいけないんだろうけど
やっぱりどこかお約束なのか、絶対出てきてくれるって信じてる。
ストレイテナーみたいに、事前にアンコールなし!って
釘を刺されたら別だけどね(笑)

この日のエルレはやたらアンコールに応えて出てくるのが早かった。
あれ時間おしてたんじゃないのかなあ(笑)
アンコールする方もお決まり感が出て申し訳ないけど
こんなにじらされないアンコールも珍しいと思った。笑える。

細美「アンコールありがとー!!!」
でも相変わらずお礼を言う細美さんは本気で嬉しそう。

細美「そういえば…ここ来る時【コスプレ焼肉】っての見たんだけど!」
お客さんが大爆笑。なんでよりによってそんなものに目が…;

細美「それは何?…誰がコスプレしてる訳?客がコスプレすんの?
   それともコスプレした人がいんの?」

 客「コスプレした女の人~」

細美「マジでえ??(←声が裏返る)何してくれんの?」

 客「肉焼いてくれる~」

細美「うおっ!ナースとかある?」

 客「いるよー打ち上げ行く~?」

細美「へへ、ナースがいればね~(笑)」

ナース好きの本領発揮ですね…;メイドじゃ駄目なのかな。
ウブさんが苦笑いというか、面白そうに笑ってた。

ヒロトさんによると、この焼肉屋はほんとに美味しいそうです。
それ聴いて細美さん更に喜んでたし、
エルレスタッフに詳しい情報を教えてあげたらしいので
今度大阪来たらほんとに行くかもね(笑)

細美「2曲やって帰ります」

そう言って歌い始めたのは高架線。
アッシュのイントロが始まった時もそうだったけど、
アルバム曲を初めて聴く時はゾッとするほど鳥肌だった。

ツアー半ばで、プロモーションも並行していて、
細美さんの声は、あんまり調子良くなかったと思う。
けど、その鼻声の様な声が一層切なくて凄くこの曲に似合ってました。
アルバムでも凄く大好きな曲の1つなので本当に感動しました。

そしてアンコールのラストはMake A Wish。
これも定番と解ってても、大声で一緒に歌える事が嬉しい。
なぜか、イントロと第一声の間で客席から大きな笑い声が起きて
ビックリした細美さんが不思議そうにしたシーンがあったんだけど
あれはなんだったんだろ?(笑)

でも細美さんは演奏を止めなかった。
そのまま歌いだした。

この日は、あまりメンバーを見ないようにしてた。
高橋さんなんてほとんど見ていない。
けど音に集中しながら、埋もれた隙間から微かに見あげたら
細美さんがほとんどマイクで歌ってない事に気づいた。

Make A Wishでは珍しくないかもしれないけど
こうしてマイクを通さないで歌っている時ほど
本当に別れを惜しんで、最後の熱唱をしている気がする。

メンバーは何度もありがとうと言って去っていった。
でもみんな帰ろうとしない。再びアンコールが沸き起こる。
2月にワンマンに行った時にはWアンコールがあった。
エルレのライブでWアンコールはそれほど珍しくもない。

けど、今回はないんじゃないかなあって思った矢先…
細美さんが下手から飛び込むように入ってきた。
やっぱり時間おしてるんじゃないの?疑惑(笑)

それでも出てきてくれた事が凄く嬉しかった。
細美さんが走ってきたのが、感動的だった。

エルレのWアンコールは客電がついたまま歌う。
あの明るく幸せな感じが大好き。

細美「出てきちゃいました☆」
すごい歓声が巻き起こるなんばハッチ。
会場から1度出ちゃった人も続々戻ってきた。歓声が鳴り止まない。

細美「ありがとう、ありがとう。」
細美さんは客席をぐるーっと見渡しながら感慨ぶかそうに呟いた。

細美「なんか、ありがとうしか言ってないんだけど。
   きっとお前らが思ってるより、ずっとありがとうって思ってるんだよ」

細美さんにしてはMCが少なめかなあと思っていたこの日。
最後にして凄く細美さんらしい一言を聴いたなあ。
凄くシンプルな言葉だけど、とても心に残りました。

ワンマンに行った時、細美さんがあんまり喋るんで
よく喋る人だなーって印象だったんですが

喋らない細美さんは、じっと客席の1人1人を見つめて、
うんうん、って話を聴いてくれるように、嬉しそうな顔で頷いていました。
なんかその顔を見ていたら、これで充分だと思えました。

ライブの定番やアルバム曲はやったし
何をやってくれるんだろうと思ったら…

細美「このギター、このツアーで初めて使うギターです」

新しい、ゴールド系のギターを高くあげた細美さん。
新しいギターを使うって事は今までやった事ない曲をやるんじゃ…。

まさかのMarieでした。アルバムの最後の曲。
“エルレはいつもアルバムの最後は馬鹿騒ぎの様な曲で終わりたい。”
昔、細美さんはそう言ってました。
この曲も最後っぽいパンクさがあるけど…
でも個人的にはどこか寂しい感じもあって、不思議と泣ける曲なんです。

初めて生で聴くMarieはやっぱり少し切なかった。
細美さんは何度も、声に出さない声で「ありがとう」と叫んでいました。

私に聞こえなかったのか、言葉に出さなかったのか解らないけど、
こんなにありがとうと言う細美さんは初めて見たから
すごく脳裏に焼きついています。

約3時間。3バンの対バンライブは大盛況で幕を閉じました。
どうも3バンド全員で飲みに行ったらしい(笑)
良いライブだったって事かな。嬉しいなー。

ライブの感想を書くのは本当に難しいけれど
念願の対バンライブに参加できて本当によかったと思いました。

自分としてはかなり突然行く事になったライブですが
それなりに思う所があって、参加したライブです。
最後に逢えてよかった。心からそう思います。

ほんとはライブ後にちょっとした良い事があったんだけど
書ききれないので、また後日♪長いレポ読んでくれてありがとでした!
[PR]
by you-lilly | 2006-11-20 02:50 | live
<< Duet♪ ALLISTER×STRAIG... >>