Doggy Bags

Doggy Bags見て、何を思った?

Middle of Nowhereが中断する事は知っていたんです。
3月3日のライブに行った人が、本当に残念そうに言及していて
どうにか防げなかったものかと…誰も責められずにいたから。

自分のZEPP OSAKAのライブレポ見て思い出したのは
このライブの1番のクライマックスがMiddle Of Nowhere
だったってこと。本当に神がかったような、誰も触れられない
世界に入り込んだ演奏が凄くカッコいいシーンだった。

私は中断は知っていたけど、やり直さなかったとは知らなかった。
「この曲はやり直すわけにはいかねえんだ。いかねえなあ…」
この言葉を聞いた、バンドと参加者の落胆ぶりがよく解る。
でも確かに、あれを繰り返す事は無理だろう…。
1度きりの気迫が生んだ演奏だったと思うから、一層惜しまれる。

だから映像化したのにはビックリした。
2日の映像に差し替えるのか、カットするのかと思っていたから
中断する曲をあえて映像化した意味を、ちゃんと考えるべきだと思った。

ライブの冒頭で、LIVE POWERをどかせるシーン。
みんな感動したと思いますよ。“そこはお前らの場所だから” 
“お前らの事信頼できないんだったらスタンディングなんかやんねえよ”
どれも涙が出るほど感動的なんだけど…でも…でもさ
それをカッコいいなんて一言で済まさないで欲しい。

それがどんだけ捨て身の信頼なのかわかってるのかな。
本人はそれでバンドが潰れても構わない、って言った。
でも、潰れたらみんな悲しむと思うよ。怒ると思うよ。
1番大事な音楽も逃げ場も失うのに、まだ繰り返すのかな。
バンドだって、生きがいを失うんだよ。きっと傷つくよ。
大好きなのに傷つけて平気なのかな。

あんまり書かなかったけど、SUMMER SONIC行った時も
同じ状況が起きていました。東京も大阪もモッシュがひどくて
マナーが悪いとかミーハーだとか、凄い議論が起きちゃった。

私は…前BUMPで凄いマナーが悪いって怒った事あったけど
今回はそうじゃなくって、なんていうか考え方の違いが巧く折合って
ない気がした。ダイブとモッシュのあり方。ひどく食い違ってる。

“自由に、好きにしていいってことは責任が伴うんだよ”
ほんとにその通り。自分に対しても、バンドに対しても
そして一緒に居る人に対しても責任を感じて欲しいと思う。

ライブハウスは、ルールに縛られない場所。
そう言うフロントマンがルールを作らないって言った以上
お客さんが考えてやっていくしかないじゃない?
私は何が正しいかわからない。だから何も言わない。
自分の考えを押し付けない。けどちゃんと考えて欲しい。

なんだか優しさに甘えすぎてる気がする。
あーなんか巧く言えない…めちゃくちゃ愛されてるし
守られてるのに、何も返せてない気がするんです。
大好きなものほど、うまくいかないのね。
[PR]
by you-lilly | 2006-08-17 23:21 | live
<< それもすべて君が望むまともな日常 RUSH BALL特番 >>