隠された会報

今頃気づきましたよ、会報が発送されてたの。
おいおいおいって感じですが。6月末には覚えてたんです。なのに忙しさにかまけて忘れて、昨日はっと気づきました。家族も教えてくれりゃいいのに、1階のダイニングにぽーんと置いてありましたよ。うっうっう

さっそく開けて読んでみました。今回はそれ程特集するようなネタなかったんですが、EXILEのHIROさんとの対談とか面白かったですね。実はEXILE、誰一人として名前と顔が一致してなかったので、初めてHIROさん認識して「ごっつくて怖そう~」って思いました。(すいません;)
でも、あんなに売れてるEXILEが音楽業界の先輩としてGLAYをレスペクトしている雰囲気が感じ取れて嬉しかったですね。レコーディングの話とか、PV撮影の記事とかありましたけど、どうやってSCREAMが出来上がったのか関心あったので興味深かったです

後で去年のB=PASS掘り出して読んでたら、HIROさんがインタビューで「夏はスポーツ誌が取り上げるようなビッグプロジェクトをやる。驚かせます!」みたいな発言をしてまして、今頃納得しました。早くからこのプロジェクトは水面下で進行してたんですねーMステが楽しみです

あとひそかに最近の楽しみになってるのが「社長の日本」。以前はマニアックすぎて話についていけずとばしがちだった、あの尚のコーナーが今や大人気コーナーに(笑)描いて送ってみたいですけどね締切早いんだよ。今のとこ尚が言う所のROMラーです。あれいつまで続くんだろ?

JIROのプレデターズの活動が凄く良い感じなので、てるさんや尚はソロでもいいし、何か活動しないのかなー?と思ってるんですがどうでしょう?SCREAM以降のGLAYの活動が見えてこないのでちょっと心配です。TAKUROのいわんとしている事も解るんだけどね。そんな壮大に構えなくても、大層な意味づけしなくても、って気は少しします。新曲出してくれて、いつも通り届けてくれて、ライブで逢えたら、それだけで満足なのにな

「音楽と人」にプレデターズが表紙巻頭で載っています。
3人のインタビューどれも面白かったです。印象的だったのは、さわおさんが「僕はJIRO君を大事な親友だと思っていて、JIRO君にGLAYでは絶対体験できない事を、音楽人生の中で経験させてあげたい」的な事を言っていたところと、シンペイ君が「あれ(EXPO99)をロックじゃないって言ってる奴もいるけど、じゃあ20万の前でできるのか?20万人の前でライブをしようと思ったら、そのプレッシャーで普通は精神が崩壊する。俺はそこをレスペクトしている。」って言ってたのがすっごく心に残りました。年齢やバンド歴、音楽観がバラバラなようで、ちゃんと一つのバンドとして人間関係が成り立っているプレデターズの、凄く良い姿が見えた気がしました。あんなお兄さんのようなさわおさんと、後輩のようなシンペイ君とバンドを組めるJIROは幸せだなーと思いました。

今日のマザーミュージックレコーズにプレデターズ出ます。何か最近やたらMMR聞いてるな(笑)楽しみですね
| GLAY | 2005-07-07 18:25:35 |

| comment ( 4) | Trackback ( 0 ) |
[PR]
by you-lilly | 2005-07-07 18:25 | music
<< さわおさん やっと聴けた >>