You are at middle of nowhere

実は昨日書いてたライブレポが消えました。も~脱力だよね。
気を取り直して書き直してるけど、ちょっとショック。昨日と内容
変わってるけど、エルレワンマンライブin ZEPP大阪でのレポートです。

最初BUMPみたいに1曲1曲の感想書こうと思ってたんだけど、
やっぱり無理!できなーい(笑)大雑把にまとめてみます。

それに細美さんお喋り!(笑)MCが多すぎてどこで何言ったんだか
はっきり覚えてないのが本音。でも印象的なのをピックアップします。

大抵お客さんとの掛け合いみたいに、聞いて答えてみたいなやり取り
だったんだけど、中には細美さん自身が言いたい事を語り始める時
があって、なんか先生みたいだった(笑)



◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

すごーく良いお天気だった18日。御昼頃家を出て、チケットを
譲って下さった某様(大感謝!!ほんとにありがとうございます。)
と待ち合わせしてZEPPへ。ZEPPはMY PEGASUS以来。
会場自体は好きなんだけど、ZEPP大阪のあるコスモスクエアって
ほーんと何もないっていうか殺風景なのがちょっと…つまんない。
でも久しぶりのZEPPを目にしたらちょっとワクワクしてきた。

16時頃着いたら、もうグッズ購入者の長蛇の列が出来ていて急いで後に
並ぶ。HPで事前に内容チェックできなかったので、並びながら何がある
のか偵察。見た感じTシャツを複数買ってる人多かったな。私は結局
Tシャツとタオル、リストバンド、ステッカーを1こずつ買いました♪

その時くらいから陽が陰り始めて激寒に…。でもメゲずにロッカーに
いってTシャツ+タオルに着替えた。どーせすぐ開場だし!と思ったのが
甘かった~めちゃくちゃ手際の悪い開場整理で相当時間待たされる事に。
ZEPPは河沿いにあるので風が吹くと寒いんです…並ぶ事数十分で大雑把に
呼ばれて(怒)入れて貰えたけど、ライブ前に凍死するとこだった(泣)

ZEPPの中に入ると、もうお客さんで半分は埋まってたかな?でも最初から
後ろで見ているつもりだったので、後ろから入って安全な場所探したら
丁度PA卓の前に全体が見渡せる場所があって、そこに落ち着きました。
なんか待ってる間、BGを聞きながら色々見てたんだけど、思ったのは男の子
が多いな~って事と、エルレのライブ猛者らしき集団が居る事。怖い怖い(笑)

BGを聴いてたら、いよいよなんだな~ってちょっと心地よい緊張が走る。
そしたらそう時を待たずに、いきなりBGがSEに切り替わる!と同時に
ヒートアップする会場。熱過ぎる!!もうこれだけで感動してたかも(笑)
エルレのSEはめちゃくちゃテンションあがる音だから、やばかったな~

手を振ってにこやかに登場するメンバー。あれ5人?(笑)肩を組んで
登場し、ステージの前に出てきた2人の内、1人が声援を受けた後消えていく。
誰~?って思ったら、後から聞いたところによると、マキシマムザホルモンの
ダイスケはんでした(笑)なんで居たんだろ。でも嬉しいよね♪

1曲目はなんだろう?ってずっと考えてたんだ。多分Supernovaだろうって
思ってたんだけど、予想外のスターフィッシュ。常連さんの中にはわりと
スロースタートだったって言う人もいるけど、私は充分凄い盛り上がりに
感じたなあ。なんていうか会場の拳を振り上げる一体感が凄すぎて。あんな
テンションの一致したスタート初めて見た。嬉しかったなあ。

私が居た後方は全然押しがなかったけど、モッシュピットは凄かった。多分
沢山の人が急速に押しつぶされてたんだと思う。前奏が長くて中々始まらない。
細美さんが下を見ながら、他のメンバーに前奏を伸ばすように指で指示してた
のが見えて、「ああちゃんとファンの安全を考えて見てくれてるんだなあー」
って曲を聴く前からやたら嬉しかったのでした。

最初の3曲くらいはあっと言う間だったかも。元々曲が短いから楽しんで
飛び跳ねて一緒に唄ってたら終わっちゃうんだーはははー(嬉しい叫び)
「BBQ Riot Song」とか普段なら聴き流しちゃうんだけど、ライブでやった
らかなり良かった。ライブって今まで刺さらなかった曲が刺さるから不思議。

数曲終わったとこで、細美さんが「SPACE SONIC TOURへようこそ!!」って
MC入れてくれました。ようこそって言われて、「やっと来れたよー」って実感が
湧いたな。ライブの最初の方だったんで安全面の事言うのかな~、
ケガすんなよ!とか言ってくれるのかなあって思ってたら開口1番
(書いていいか迷うけど)最初に出たMCは生理ネタ(笑)
最近コレ言うのエルレ的に流行ってんのかな~ヤダなあ~(^^;

細美「くれぐれも無理すんなよ!突然生理なっちゃった人いたら
出してあげて下さーい!盛り上がって急に生理きちゃうと大変だから(←本気)」
客「(笑)はーい」

そしたらライブ進んだ時のMC時に男の客が
客「生理きた!」
細美「(笑)おおきたか、出してあげて下さいね!って…オマエ男じゃねえかよ!!(笑)」
笑いすぎ。てか女にとっては冗談じゃないし。
あの大変さがわかってんのかね、男よ(泣)

他にもライブが盛り上がりすぎて
客「もうイっちゃうかも!」
細美「おう!イっていいぞ!」
次の曲でも
客「もうヤバい!イク!」
細美「だからイっていいっていってんだろ!!(笑)」
完全にコント状態(笑)
でもほんとに良いライブだったんですよー終始笑顔が尽きなくて。

印象的だったハプニングは、誰かが靴をなくしたって言った時。

客「靴脱げた!」
細美「何?靴無くなったの?」
客「コンバースのハイカット!!」
細美「コンバースのハイカットね(笑)ああ~でもそれはもうあっちとか
大分遠くまでいっちゃってるからな~多分見つからないぞ。でも片方か?
片方しかないとバランス悪い?高さ違うとストレスたまるタイプ?
ストレスたまるよなあ。何なら俺の履く?VANS。臭いけどな。ははは!(笑)」

そう言って、靴を脱ごうとするから会場が騒然としてた。みんな
羨ましかったんだろうけど(笑)しかも結局その子細美さんの靴借りる
ことになって。右足かな?細美さんのスニーカーがぽいっと客席に放り込まれる。

細美「これシークレットブーツだったら絶対貸さなかっただろうな。
はく?とかいっときながら結局かさねえんだよ(笑)・・・・
なんか俺がバランス悪いな。気持ち悪い(笑)ストレスだわ」
客「脱げばー??」
ほんとに脱ぐ細美さん。そしたら靴下が…あらららら…(笑)

細美「ほらね!脱ぐと靴下が両方違う色なのバレちゃうだろ!!」
確かに彼の足は、右がグレー、左が白(笑)もう笑いが止まらない。

細美「ツアーやってると洗濯が間に合わないんだよ~」
それでもさ、オシャレとかいっとけばいいのに…正直だね細美さん…

客「裸足になればー?」 言われるまま靴下を脱ぐ細美さん。
細美「おおお!これ良い!!人間余計なもの身につけない方がいいんだな!」

そのまま裸足でギターを持つ細美さん。何か不思議な絵でした~
だって、裸足で歌うのって例えば中島美嘉とか元ちとせ、矢井田瞳、
鬼束ちひろ、COCCO…等、歌姫たち思い出すじゃないですか。
裸足で歌うって何か大地から力もらってる様なイメージある。

この日自分の中で1番の曲を挙げるなら、裸足で歌いだした
「Middle Of Nowhere」に尽きます。もう~言う事ない位最高でした。
個人的に年始年末、卒論やりながら何故かこの曲ばかりリピートして
聴いてて(いつの間にかi tune再生率もTOPに)心底救われてたので
歌いだした瞬間からヤラれてました。

すごく、ほんと月並みな言葉しか出てこないんだけどカッコよかった。
アレンジがカッコよくて、間奏のとこギターを鬼の様にかき鳴らすんです
よね…背筋がゾッとするくらい良かった。
裸足のせいかは解んないけど、ボーカルもめちゃめちゃ迫力あって
心に迫るものがありました。ガツンと殴られた様な衝撃ってこういうこと
言うんだね。終わった時放心状態で拍手してました。

その後大好きな「Missing」「The Autumn Song」聴けて
嬉しかったなあ~もうセットリスト的には自分の聴きたかった曲だらけで
新曲も3曲とも全部やってくれたし、古い曲からの選曲もあって。
イントロがかかる度歓声をあげて、一緒に歌って、大満足してました。

それから靴下の事件のあと、数曲後進展が。靴が見つかった。

客「靴あったー!!」無くした子の場所とは別方向で声が。
細美「マジ?おー靴あった。良かったなーじゃあ俺のはいらないね?
返して?(靴が返ってくる)ほいほいほい…あいついい奴だな!
普通こういうの戻ってこないよね。で、また靴下はかないとな。
あれ、どっちがグレーだっけ??(笑)」
客「みぎーー!!(笑)」
細美「(笑)」 中々履きにくそうにしてる細美さん。

細美「じゃあ~俺が靴下をはいてる間に、ウブの面白トークを♪」
生形「ええっ…」
客「おおお~~~~」
細美「髪が赤になったよね?」
生形「髪染めました。髪、赤にね、しました。」
客「カッコいい~~!!」
生形「カッコいいでしょ☆」
客「カッコいい~~~!!」「なんでー??」
生形「あの、あのギターが黒だからね、合わせて赤にしました。」
客「おおお~~」(確かにその時黒いギター持ってたし)
細美「ウブ、お前嘘つくんじゃねえよ!!(笑)」

ウブさんが喋るのは珍しいのでちょっと嬉しいかも♪
でもほんとにあの染め方は独特…色より染める位置が気になった私。

高田さんに振るシーンも。
客「ゆういちさーん♪」
高田「(笑)」
細美「(怒)人気者だなお前。前から思ってたんだけどさ、
その首のタオルいらねーんじゃねえの?なんで巻いてんの?」
高田「…」(手と目でいるって説明)
細美「その手のやつ(包帯みたいなの)は…?…あ、あたるから。
ハイ、なるほど~わかりました~」(←結局どうでもよかったらしい笑)

どこでどのMCはさんだか記憶にないんだけどね(笑)
最近の精神状態のお話も♪

細美「最近精神的に調子がいいです。」
客「おお~~(パチパチパチ)」
細美「なんていうのかな、別に前まで調子が悪かった訳じゃないんだけど
最近ふとしたことで、人間いつもいつも完璧じゃなくていいんだなって
思えるようになって。そう思うと凄く色んなことが楽しくて、うまくいく
ようになって。ああ~お前らにも解るようにカレーライスに例えてやろう!」

客「(爆笑)」
細美「ここにカレーライスがある。中くらいの。」
客「(中くらい??)」
細美「レベルが中くらいのカレーがあるのね。ある人はこれを
その中くらい程度のまま、普通だって思って食べる。けどある人は
これをすっげえ美味い!!って食べる。何が違うと思う?
違うのはカレーじゃないんだよ。」
客「(話を遮るように)福神漬け??」
細美「ぷっ…(笑)福神漬けじゃねえよ!だから~違うのは…」
客「福神漬け??」
細美「ああ!もううるせえ!!このブサイク共め!(笑)
オマエ!次『福神漬け!!』って言ったらマジでオマエのとこまで
降りていって殴るからな!…ああ~でもアイツこう言ったら
絶対『福神漬け!!』って言いそうだな~ああ~アイツ絶対言う~!(笑)」

客「(爆笑)」
細美「だからもう~いいか?大事なのは、カレーでも福神漬けでもなくて
お前らなんだよ!食べる人が普通だって思って食べたらそれは普通だし、
めちゃくちゃうめえって思って食べたらうまいんだよ。
このライブだって、俺らは最高のライブをやるつもりだけど
普通だと思えば普通だし、めちゃめちゃ楽しいって思ったら楽しいんだよ!」
客「おお~~~(パチパチパチ)」

このカレーライスの話、解り易いはずなのに、福神漬けのせいで
えらく解り辛かった…(笑)でもめちゃ面白かった…。

食べ物ネタでもう1こ。なんかお客さんが「ハンバーグ食べた?」とか質問
してくるんだよね…で意味わかんなくて
細美さん「?食べてないよ。俺が何を食べようといいでしょう?」
そしたら別の集団(たぶん女の子2人が)
客「●●●バーガー食べた?」
細美「??何?」
客「●●●バーガー食べた?」
細美「?何バーガーだって?」
客「○○○バーガーだってば!!!!(怒)」
細美「(爆笑)おうおう~わかったわかったわかった!岡山の!取材のやつね!
食った食ったよ。…ははは!!面白いなお前ら!ははははは(笑)」

文字にすると大して面白くないんだけど(笑)女の子たちの
半ギレしたみたいな声が面白くって、大ウケしてました。

笑ってばかりだけど、ちゃんと感動的なMCも。

細美「何が正しいのか解らなくなることってない?誰が正しいのか、何が
正しいのか解らなくなる事…あるよな。
最近凄い、偉い人と話す機会があって、凄く意見が食い違ったのね。
で、どうしても意見が噛み合わなくて、俺は凄い噛み付いた訳なんだけど…
どうも俺たちは普通の感覚とずれてるみたいなんだ。
でも俺は何が正しいのか解らないし、俺らがやりたい事をやっていくって
ことだけが正しいって思ってるから。
それをお前らが正しいって思うかはわかんねえ。でももしお前らが
俺らのやってる事を見て正しいと思ったなら、
一緒に、また宜しくお願いします。」

なんかじーんときたなあ。
そしたら細美さん同じ様なことをまた繰り返し言ってた。

細美「生きてると何を信じていいのか解らなくなる事あるだろ?
何が正しいとか、誰を信じていいかとか疑っちゃうけど結局解んないじゃない。
俺も、オマエらも不器用だから。だから色んな物信じて傷ついちゃうことも
いっぱいあると思うんだ。でもな、お前らは不器用なんだから、もう
目の前のもの全部信じて。信じて、で騙されたなら傷ついていこう?
面倒だけどな。傷つくのは辛いけどな。ただ傷ついても、今度会う時まで
そのままで、今のままで、何一つ失わずにいてくれ。大切なもの失くすなよ。」

この台詞、心底感動しました。じーんどころじゃない。
涙の滝ができるわ(笑)好きなものだけ信じろって言うのかと
思ったら、全部信じて傷ついていこうって、予想外の言葉だったなあ。

ラスト近くのMC。
細美「もうあと少しでSPACE SONIC TOURが終了します。
3月の3日?4日?それが終わったらアメリカ行ってライブやってきます!!」
客「おおお~~がんばってー(歓声)」
細美「で、帰ってきたらアルバム作ります!そしたらまたツアーやって
大阪に帰ってきます。」
客「おおお~~~~~~~(歓声)」
客「待てない!!」
細美「じゃあアルバム作らなくてもいい?それでもライブはやるけど(笑)
次作るアルバムがどんなものになるか解りませんが、俺らが最高だって
思えるようなものを絶対作るから。もしお前らがそれを聴いて、いいと思って
くれたなら、またライブに来て下さい!」

なんかほんとにアメリカ行くんだなーって思ったら感慨深かった。
エルレってアメリカでどんな受け入れ方されるんだろう、凄く興味ある。
なんにせよ、日本人としてはアメリカ人より先に見れて良かったー(笑)
次エルレが作ってくれるアルバムなんて、想像もできない。
でも絶対裏切らないと思うんだ~逢えたら逢いに行きたいな。

アンコールの時のMC。
アンコールは比較的早く出てきてくれた。

細美「アンコールありがとうございます!!2曲やっていいかな?
俺はお前らがいないと本当に寂しくって、お前らがいないのが嫌なんだ。
そういう、いないのが嫌いなんだって事を唄った歌です。」

1曲目は「I Hate It」。そしたら1番唄い終わらないとこでいきなりストップ。
両手をアンパイヤのように水平に挙げてセーフ!ってやってた。
細美「ごめんごめんごめん!セーフ!セーフ!セーフだよ!これは!(焦)
俺アンプの電源入れ忘れてて、歌が始まってからその事に気づいて
ヤバいと思ったら歌詞が出てこなくなって。ほんとごめん!
ここ凄い良い歌詞だから、ちゃんと唄いたかったんだよ。
間違ってても止めずに唄うべきだって思う人もいると思う、
けど俺は大好きな歌詞だからちゃんと気持ち込めて歌いなおしたかったの。」

そうして聴くやり直しの「I Hate It」は本当に気持ちが込められてて
良かったです。細美さんが大好きだっていう歌詞も凄く伝わりました。

そしてほんとの最後「Make A Wish」。たいていの人がこの曲って
解ってたと思う。唄うぞ~って期待して待ってたと思う。そしたら…ある子が
倒れたらしい。いきなり客席から「倒れた!」の声が出て緊張が走る。

細美さん、すぐギターを外してその子のとこ駆けつけた。そして
ちゃんと助けてあげるように指示して見守ってた。またもじーんとする私。
なんか大した事なかったみたいで良かったけど、笑い声が起きたから
安心した。そしたら細美さん、あの流行の「おつかれぃ!!」を
マイクを通して(笑)もーこの人は(笑)天性のカリスマだなあ~

細美「今日は本当にありがとうございました。最後は大きな声で、今日1番の
声で一緒に唄って欲しい。あの~~~たまにいるんだよ。(オカマみたいな声で
体をクネクネして笑)『あたしは~細美の歌が聴きたいの~だから唄いたくない~』
みたいな奴が!(笑)だけどこの曲に関してだけはそれは許さねえ!!!」

私もそうかもなとか思いつつ(笑)でもこの曲だけは絶対みんな歌おうって
思ってると思うんだよなあ。ほんとこの日1番の声で一緒に唄いました。
歌詞ちゃんと全部覚えてて良かった☆最後の方、細美さん前に出てきてギターを
掻き鳴らして、マイクに歌声が入ってなかったけど、それすら最高に思えて
良かった。本当に短くて完全燃焼しちゃう曲。最高でした。

エルレは引き際もあっさり。名残惜しくない訳ないんだけど、名残惜しそうな
素振りを見せずにスッキリ帰ってくとこが、逆にステキでした(笑)
ドラムの高橋さんが最後まで残ってくれてバイバイって手を振ってくれました。

客電もついて、ああ~終わったって思ったのに何故か帰ろうとしない
お客さんたち。普通客電がついたら諦めて帰るんだけどな(笑)
もしかしたらもしかするのかな~って危ぶんで、急遽お客さんが帰って
空いた手摺にもたれてWアンコールを待ってたら、出てきてくれた!

細美「出てきちゃった♪ははははは~」
客「おおおお~~~!!!!」「きゃあーーーー!!」
細美「(メンバーに向かって)何やろっか??」
客「メドレー!!!!」
細美「メドレーって!おい!(怒)メドレーって何だよ!!」
客「(爆笑&めちゃくちゃ期待の拍手)」
細美「ないないない!!ないーって!あのな~お前らはどう思ってんのか
わかんねえけどなあ!俺らは1曲1曲必要なパーツを必要な部分に作ってる
わけで、それを切って離してくっつけて~なんてこたあ出来ないんだよ!!
わかったか!なんだよ…メドレーって…(苦笑)」
客「(笑いが止まらない)」
細美「1曲やります。でもね、これがお約束みたいになっちゃうのは
嫌なので…でもお前ら正直者だから隠せないと思うんだあ?だからこの曲
やったって、聞かれるまで言わなくていいぞ(笑)」
客「いえーい♪」
細美「俺はお前らと別れるのが寂しいです。だから今の俺の気持ち…
I’m So Sadって事で…『So Sad!!』」
客「おおおお~~~」

曲が始まる。曲名言われた時、私泣くかと思ったー。
でも歌が始まらない。細美さんずーっとハミング。
おかしいと思ったメンバーが演奏をやめる。
高橋さんが立って、お客さんに親指下に向けてブーイングを煽る。

客「ぶ~~~~~!!(ブーイングの嵐!)」
細美さん「ふはははは~!ほんとごめんなさい。どうしても
2番の歌詞しか出てこなくってー。なんだっけ?」
客「I’m woke up from the dream ~♪」
細美「あ~~~~~!!そうそうそうだ!」
客「頑張ってー!」
細美さん頭をマイクにぶつけてゴンゴンやって反省してました(笑)
そして凄い笑顔で歌詞を復唱して確かめてました。

細美「なんか俺ほんと今日ダメだな~~」
客「イエーイ♪」「大丈夫!」
細美「でもまあいいよね!なんか…こんな大勢の人がいるのに
こんな慣れ慣れしいライブができて嬉しいよ(笑)
今日は本当にありがとうございました~!」

今度はちゃんと唄いきってお客さんも大拍手。すっごい良い笑顔でした。
よく考えたら客電ついたままwアンコールやってたよ。暗くしてやるアンコール
もいいけど、客電ついたままやるアンコールは、凄くハプニング的で
ハッピーな感じがしてとても楽しかったです。お客さんもwアンコールに気づいて
途中から慌てて戻ってくる人が多くって、モッシュゾーンがまばらな人の集まりで
ぐじゃぐじゃになってるとこが尚更ハプニング感があって面白かったです。

エルレのメンバーはまたもあっさり帰っていきました。でも全然名残惜しくない
っていうか、これ以上にないくらい楽しませてくれてありがとーって感じでした。
また最後まで残ってくれたのはドラムの高橋さんで、スティック投げて消えていく
のをみんな笑顔で拍手して見送りました。

思い残すことなかったのでドリンクをもらいに外に出たら、寒い風が
吹いて一瞬で現実に戻った気がした。でもこのライブでもらった元気というか
言葉に出来ないんだけど、優しい、強い気持ちはあったかいままで。
このまま何も失わないで、またエルレに逢いにきたいなあと思った。
凄く素敵な時間でした。大好きだなあーありがとう♪
貴方が居ないとダメなのはこっちもなのにね。アルバム待ってます。
それまで元気で。みんなおつかれぃ!!(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ああ~なんかまとまらないけど、一応UPしておきます。
また消えると悔しいし。ちょこちょこ直すね、ごめんね(笑)
[PR]
by you-lilly | 2006-02-20 22:44 | live
<< 動いていない様にみえても Space Sonic Tou... >>