BUMP 城ホライブレポート(2月7日)

BUMP OF CHICKEN run rabbit run in 大阪城ホール
について詳しいライブレポート書きます。やっぱりブログなので
まず自分の為に書いてるので、個人的な日記も含まれてるけど、
どーでもいいよって方はすっとばして読んでくださいな(笑)

というか、こんなに記憶のないライブは久しぶりです。
たぶん2連ちゃんなのが影響してるんだけど、のめりこみすぎて
気がついたら終わってたかも。不思議な空間でした。うん、よかったよ。

個人的に7日はじんわり感動のライブ、8日は笑いがいっぱいの
あったかいライブだったかな。大きな会場になったことで少し心配
してたんだけど、やっぱり彼らの音楽は変わらずに響いたのでした。
まず7日のレポートから(かなり長いのでお覚悟!)
8日は頑張って後で書き上げます。

※MCはニュアンスです。細かいとこは間違ってます。あしからず。
あと思い出したら、色々こっそり付け加えるかもしれません。
同じライブ行った人、誰か助けてください~!(←セカチュー風)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

確かこの日の個人的スケジュールは、大学でレポートやって、提出して
卒論の公開口答諮問を偵察しに聞きに行って、友達を迎えに行って
グッズを買いに行き、ライブっていう…ビミョーな忙しさの1日。
ほんとにスピードと集中力が勝負だったかもしれない。
意外にレポートに手間取って、口頭試問にビビって、焦りましたわ…

一緒に行く友達はMY PEGASUS以来逢ってなかったから
凄く感動の再会でした。もう久々に逢うと喋りが止まらない止まらない。

グッズ凄い列かと思ったら、平日のお昼は良い感じに空いてて
スムーズに買えました♪迷ったけど、私はリストバンドとタオルを1こずつ。
お金ないんよ…本物目の前にしたら、どーしてもパーカーが欲しくなった
んだけど…これからまた出費が嵩むので見ないふりをした…(泣)

youはこの日スタンド席にしたんです。(8日はアリーナ!)
アリーナクラスのBUMPのライブは初めてだから、
スタンドも経験してみたいと思ったし、じっくり聞くのもいいかなって思って。
だから、開場時間まで明日に備えて(アリーナ)会場の廻りを偵察したり
近所を歩いて、マックで友達とだべったりして時間を過ごしてました。

スタンド席の良いとこは、ゆっくりライブに向えること!
マックのあるビルのWCでライブTシャツに着替えて、開場後に
城ホに入りました。もう1つ良いとこは、オシャレできるとこかな!
この日の私の格好は、ブーツ+スカート+マイペガTシャツ+リストバンド♪
アリーナなら許されないカッコでしょ?1回やってみたかったんだ(笑)

you的に城ホは5回目だったんですけどBUMPのエンブレムを
スタンドから見下ろすとやっぱり緊張(笑)城ホは凄くスタンドから全体を
見易いつくりになってるのだけど、段々と赤い席が人で埋め尽くされて、
立ち見が天井にまで埋まっていくのを見てたら、ドキドキしちゃいました。

アリーナを見て、明日はあそこに行くんだよね!とか友達と盛り上がって
アリーナの偵察に行ったりして遊んでたら、時間はあっという間に過ぎてった。
そして、いつしか会場BGがやんでいって、真っ暗になった瞬間
凄い歓声があがり、お決まりのクイックワンが…。心拍数激増(笑)

アリーナは凄い歓声あげて、拳を振り上げてたけど
スタンドはちょっとどうしたらいいのか解んない感じだったかな。
誰かが率先して立ち上がったら、つられるように皆立ち上がってった。

メンバーが入ってきて、凄く姿は小さかったけれど、ちゃんと自分の目で
姿が確認できて、もうそれだけで感動してた。プラネタリウムライブを
除けば、1年と数ヶ月ぶりのワンマンライブ。待ってたよ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

01.カルマ
やっぱり1曲目はこれでしたね~皆様の予想通り(笑)
スタンドの上の方はやっぱり少し音が悪くて、天井に爆音がビリビリ
響いてるのが解りました。まあ覚悟してたからいいんだけどさ。
尚更カルマの迫力を知るって感じ。凄いボルテージあがる。

確か、この曲の冒頭でステージの上(メンバーの背後ではないです)に
あったスクリーンがついて、メンバーの姿が4分割で現れたので
スタンドやアリーナ後方から凄い歓声が沸きあがりました!
私もちょっと感動した(笑)だってスクリーン誰も気づけないほど
開演前には解らなくて、ないもんだと思ってたから。

02.stage of the ground
イントロが全然何の曲が解んなかった。和太鼓みたいなドラムを升君が
叩いて、藤君がみんなに手拍子を求めて、何の曲だろう?ってずっと
思ってたら、stage of the ground!すっごく嬉しかった。
「君が弱くても歌ってやるよ」って言われて、すーっと涙がでた。

03.sailing day
記憶がないですね(笑)あっという間に終わっちゃった気がする。
スタンドはアリーナより冷静に聞けるんだけど、その分どこまで
ノッっていいか解らなくて、というかライブやBUMP初心者が多い
のか、少しバラつきがあるんですよね。初々しいのお~

04.プラネタリウム
イントロからぱあ~っと優しい光が照らされて、すごーく良い雰囲気
で始まった。私は夏フェスに参加できなくって、この曲生で聴いたこと
なかったから、凄く胸に染みました。本当にじんわりくる唄。

スタンドから手拍子が出たんだ、この曲。スタンドはやっぱり初めての
人とか多かったみたいで、手拍子出たらつられてやる人でてきて
正直「うわ~」って思ったの覚えてる。(覚悟してたけどさ)曲の雰囲気が
壊れて、いつか藤君が中断するんじゃないかって不安に思ってた。

そしたら、チャマが黙ってすーっと手を横にふり始めたのね。
それが映像に映ったとたん、みんなが同じ様に手を横に振りはじめて
拍手が自然に止まった。なんか私それに感動してた(笑)
唄ってる藤君の感情を乱さずに、チャマが心を配って、ファンも傷つけない
やり方でライブが進められる様になったんだなあって。
その時から会場が、ちゃんと聴く姿勢になったんだよね。

確かプラネタリウムの最後に、初めて藤君が口を開いたのかな?
「ありがと」って、マイクがなきゃ聴こえないくらいの声で、言って
みんなが感動した様に拍手してた。MCは期待しないものって
思ってても、やっぱり声が聴けると嬉しいのね。心が伝わるからね。

MC
藤原「今晩は!BUMP OF CHICKENです。どんどん唄うから
どんどん聴いてください。」

この辺かどこで言ったのか忘れたけどチャマのMCも。

チャマが「大阪~!俺後ろまで見えてるからなー!!チャマすっごく
視力いいんだよ~?2.0あるんだよ~!!あのね…ロスト…って
書いてある!そこの人のシャツに。ロストって。そんくらい見えてる
って言いたいんだよ!!」

05.リリィ
この曲何年ぶりの解禁なのかな。ずーっと聴けなかった曲。そして
ずーっと生で聴いてみたかった曲。目をつぶって歌い上げてるのが
印象的でした。最初で最後の恋人リリィ。私のブログの名前は
ここから貰ったんだよね。(誰でも気づいてるわね 笑)
だから尚更感慨深かった。こんな人になりたいな。

06.リトルブレイバー
ギターの音が優しく響く。曲の前に藤君が1人でギターをかき鳴らす
シーンはライブではよく見られることだけど、古い曲であればある程
大事にその音を紡いでる様な気がして、そこから曲に引き込まれる。

07.ギルド
この曲をMY PEGASUSで初めて聴いて以来、何回かこの曲を生でも
音源でも聴いたけれど、いつも歌詞が違う。この日は「生きてるヒトに
出会えただけ」って唄ってくれた。一緒に口ずさんでたら歌詞が違うこと
に気づくんだけど、その瞬間の感動というか衝撃は、ライブでなきゃ
体感しようがないものだと思ってる。凄く、心に響くの。

08.太陽
イントロが始まった瞬間「きた~」って思った。これをアリーナでやるのは
凄い勇気というか自信だなあって。ぞくぞくしましたよ。この曲は
MY PEGASUSで1回だけ、なんばhatchの1日目に演奏されました。

ほんとに偶然だけど、私その場に居て、この曲聴いてめちゃくちゃ
感動したんですよ。その後どこでも演奏されることはなかったから
もう聴けないんだと思っていた、ある意味幻の曲です。

唄いあげていくに連れて感動の沸点もあがっていく感じ。藤君の
歌唱力に聞き惚れてしまう様な曲。本当に背筋がゾッとして
歌詞のままに、寒気がした。壮大な曲にみんな呆然と拍手してました。

09.embrace
今回はアルバム後でもないから、どれだけ「ユグドラシル」の曲が
選曲されるんだろうなあ~って思ってたんですが、やっぱりこの曲は
やるだろうなって思ってました。

私の記憶では、最初のMCの後、静かな曲が続くんだけど
ほとんどの曲のあと、藤君が「ありがとう」って言うものだから
よっぽど今日は気持ちよく歌えているんだろうなあって思った。

10.銀河鉄道
待ってました、です。この曲が1番聴きたかった。でも凄く長い曲
だし、新しいからライブでは聴けないと思ってた。それでも聴きたくて
ライブ前に藤君に「できたら銀河鉄道をやって欲しいです」って
伝えておいたくらい(笑)手紙かメールだったけどね。

たぶん皆リクエストしてたと思うけど。こうして自分の声に
応えてくれたって事に感動するの。想いが伝わったんだなあって。
凄くシンプルな音の構成だったけど、もう関係なくて。やっぱり
大好きな曲。作ってくれて、届けてくれた藤君に心から感謝した。

MC
一気にステージが明るくなって歓声があがる。
藤君が「大阪ちゃんと聴こえてるー?」って呼びかけたら一斉に
スタンドからも凄い声、ちゃんと聞こえてる、伝わってるよって応じてた。

やっぱり会場の大きさは否めない。心は伝わってるって信じてても
確かめたいんだろうなあ。幕張は経験のあるBUMPでも指定席で
こんなに広がりのあるアリーナは初めてだから、手探りでやってる
感じなんだろうなって感じた。

そんなやり取りを藤君がしてる間に、チャマが笑顔でこっそり脇で
色んな方向に向けて手を振りまくる。それに気づいたお客さんが
面白がって手を振り返す現象が起こって、凄い笑いが渦巻いた。

チャマ「俺黙って何やってるんだろうな。何も言ってないよ?俺。
声だして『行くぜー!』みたいにやる奴は居るけど、俺みたいに何も
言わないで手を振るのって初めてじゃない??いつも『後ろ行くぞー!』
とか言いながらやるから…」

みんな手を振りながら笑いが止まらない感じ。チャマに見られた人
みんながバイバイをしていく。会場中がバイバイウェーブ?(笑)

藤原「じゃあヒロがやれば?」 増川「え??(動揺)」
チャマ「だってお前、昨日ホテルでするとか言ってたじゃん!
俺(チャマ)前担当な!じゃ俺(ヒロ)後ろ担当な!って」
一斉にみんながヒロにむかって期待の歓声を上げる。

増川「う…。うん、わかった…よ。う、うしろー!!行くぞ~!」
後ろの方をまっすぐ指差して、目あわせて、なんかぎこちないフリに、
(だって後ろってどこを指すのか解んない! 笑)
とりあえず後ろだと思った人たちが歓声をあげてみる。

増川「前ー!!行くぞー!!」
主にアリーナ前方の人が拳を振り上げて歓声をあげる。このフリに
乗り遅れて歓声を上げられなかったスタンドの子達が取り残されてたら、
チャマがちゃんと気づいてくれて、スタンドの方をヒロに指差す。

増川「(うろたえながら)解ってるよ!…なんて言うんだあそこ…」
スタンドだよ!って心で叫ぶ客が失笑する中、ヒロ思いついたように
増川「最後の奴らーッ!!行くぞーッ!!!(←ちょっとヤケ)」
お客さん爆笑しながらみんな「おおー!」って歓声をあげる。

藤君も失笑しながら、仕方ないなあって感じでギターを抱える。
藤原「では聴いて下さい。天体観測!」

11.天体観測
もうお決まりやね(笑)アリーナだったら絶対やると思ってた。
でも何回聴いても良い曲なんだよね。最初に聞いた感動を忘れない
凄く良い曲。今を生きる、今をつかむって原点はここかもしれない。

12.ダイヤモンド
イントロの前で藤君がギターをかき鳴らす。いつもそうなんだけど
いつもとちょっと音が違った気がする。そういう変化も気づくと嬉しい。
何か個人的に、この唄でちょっとキてしまって、ぼろぼろ泣いてた気
がするんだよなあ。最後がリュックに詰めてくれ、じゃなくって
「この唄を一緒に連れていってくれ」って唄われて、うなずいてた。

13.アルエ
この曲もあんまり記憶がない(笑)
気がついたら終わってたなあ~でもよく考えたら
あんまり生で聴いたことなかったかもしれない。

14.fire sign
やるだろうなって思ってたから、曲が始まった時嬉しかった。
この曲が始まると、「さあ唄おう!」って感じになるから好き。
アリーナクラスの会場行って気づいたけど、あれほど今まで
ファンの熱唱が問題になってたのに、関係ないんだよね。
爆音過ぎて他人の歌声なんか聞こえないんだ(笑)

だから心行くまで熱唱できて楽しかった。それに今回は藤君が
ファンの歌声をベースにセッション的に歌い上げてくれて、それに
感動したんだよなあ。ちょっとセッションに参加したみたいな気分。

15.supernova
イントロの段々と音がフェードインしていくところが好きです。
みんなが溜息をつくような歓声をあげたの覚えてる。PV撮影には
参加できなかったから、ようやく手をふって一緒に歌えるんだなあって
嬉しかった。スタンドの上からアリーナを見下ろしたら、PVどおりに
みんなの手の波ができていて、感動しましたよ。シングアロング!

「ほんとのありがとうはありがとうじゃ足りないんだ」ってところ
凄く歌声に心がこもってました。ほろりときた。

MC
藤原「最後の曲聴いてくれ!オンリーロンリーグローリー!!」

16.オンリーロンリーグローリー
いきなり最後だって言うから焦った。最後だって惜しむ間もなく始まる
イントロに狂喜してる感じ。この曲の疾走感はやっぱり凄い。
MY PEGASUSではずっと1曲目だったから、そのイメージが強いんだけど
ラストでも凄くメッセージが伝わる曲。ほんとに駆け抜けていった。

MC
藤原「大阪ありがとうーーーーーー!!」

曲が終わると、一斉に楽器を置き、手を振るメンバー。
なんかいつもは「ラスト2曲です」って言って終わるから勝手が
違ってファンも戸惑ってたのかもな。ほんとに終わるの?的な目で
見送って歓声を上げてた気がする。確かみんな物を投げ込んでた。
チャマが水の入ったペットボトルを投げてるのは覚えてる。
最後まで残って歓声に応えてくれたのは、藤君。

メンバーがはけた後、アンコールの声が湧き上がる。
アリーナクラスの会場の難しいところは、音速のせいでアンコールが
揃わないところ。必死にあわせようとするんだけど、いつしかズレが
出てきちゃう。仕方ないんだけどさ。だから何回か、ズレを修正したり
してるうちに色んなアンコールの合唱みたいになってきて笑えた。

結構時間が経った後に、ツアーTシャツに着替えてメンバー登場。
藤君:黒Tシャツ  チャマ:帽子+白Tシャツ
ヒロ:白Tシャツ   秀ちゃん:ヴィンテージTシャツ

チャマ「アンコールありがとう!!今日は本当にありがとう!
あれ、あれれれれ?(キャップで前が見えないフリをする)…なんか
前がよく見えないと思ってたら帽子かぶってたんだわ」

注:この辺からチャマは関西人の様に関西弁を喋ります(笑)

チャマ「ツアーグッズね、俺がつくってんだわ。作ってるって言ったらね
デザインだけして、あとは任せてるとか思うかもしれへんけど、1から、
記事から何までやってるから!このキャップも、刺繍のとこ…
BUMP OF CHICKENって字のも1こ1こ書いてんの!」

関西弁の宣伝トークに笑うファン。1つ1つ心をこめて作ってるっていうチャマに
みんな暖かい拍手。結局コレ!って言ってやらしーお金のマーク出してたのが
笑えたけど(笑)ドラムの前に座って話を聞いていた藤君も感心
した様に拍手。いつしか、隣に増川君も座って並んでお喋りしてたのが
可愛かったな(笑)秀ちゃんは相変わらずの表情だった様な…

チャマ「『なに言ってるんや、このたこ焼き野郎が!髪の毛上くくって、たこ焼き
みたいな顔しやがって!!』みたいな感じやけど!…×△※○×…(もう早口の
関西弁すぎて何いってんのかわかんない 笑)…ああ~もうこんな関西弁
喋ってたら、ここらでボロが出るからやめるけど(笑)」

「皆がお金を出して買ってくれるものは、全部自分で作りたいんだよね。
ライブでは、最高の音楽と、演奏を聞いて、
そして最高!のグッズを買って帰って欲しい!!(笑)」

って言って、キャップをカッコよく脱いで客席に投げ込む!…が柵の前に
はらりと落ちる。1列目の客がキャーって言って失笑したのが見えた。

チャマ「…まあ、届かなかったけどさ(苦笑)」

藤原「もう1曲歌わしてくれんのー??付き合ってくれんの?」
歓声で応えるファン。

藤原「ありがとう♪」

En1.車輪の唄
これがアンコールにくると何か不思議な感じ!私この曲の
ライブバージョンが大好きなんです。イントロがCDより元気というか
カントリーバンドみたいで楽しい!何度聴いても良い曲だなあって
思いました。この曲もめいいっぱい唄っちゃったかも…泣ける…

曲が終わると、またすぐに楽器を置くメンバー。
アンコールが1曲だけなんて思ってなかったから、また同様するファン。
ほんとに終わりかと思ったよ~。この時凄い物をいっぱい投げ込んでた
気がする。水の入ったペットボトルとか何個投げたかなあ~結構後ろの
方まで届いてたよ。意外と強肩だったのね(笑)

やっぱり最後まで残ってくれたのは藤君。でもメンバーがみんなはけると
またアンコールが響く。さっきより声を合わせられたかな?絶対出てくるって
信じてる様なアンコール。そしたらわりかし早く出てきてくれた。

チャマが最後に出てきた藤君に、両手をむけて(登場~みたいに)
ヒラヒラ~ってやったら、藤君が恥ずかしそうに笑って、あとでチャマに
ヒラヒラ返ししてました。上からそれ見てたら凄く笑えた。

MC
藤原「大阪ありがとう!最後の曲聞いてくれ、ガラスのブルース!!」

En2.ガラスのブルース
どんなに会場が大きくなっても、ラストをこの曲で締めくくるBUMPに
ちょっと安心した。BUMPって言ったらコレなんだろうなあ…
個人的に聴いてたら、夏に亡くなったおじいちゃんを思い出しました。
最後だってかみ締めながら聴いてたら、あっという間に終わったなあ。

また物を投げ込むメンバー。そしたらチャマがなんとステージから飛び降りた!
そしたら近くのブロックがパニックおこしたみたいになっちゃってた。
水の入ったペットボトルを投げて、その後Tシャツを脱いで後ろ向きに
投げ込んでました。上から見てると一部始終解って面白かったな。

そして秀ちゃんも2回くらい飛び跳ねて「今日はありがとう!!」って
地味に言ってました。(あれ気づかない人多いんじゃ…笑)
増川君も、「大阪ありがとう、ありがとう」って何回も言ってくれました。

またも最後に残った藤君が、名残惜しそうにこう言って終わりました。
藤原「ありがとう大阪!また逢いに来るよ!!」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個人的には、ほんとにあっという間に終わっちゃったライブでした。
それにスタンドってこともあって、少し冷静に見てたかもなあ~
明日もあるって感覚も大きかったかも。静かに見れた分、曲をじっくり
聴きこめて良かった。逆に完全に燃焼したって訳じゃなかったかも。

あと、藤君があまり体調がよくなかった説もあります。MCが少ないのは
よくある事だし、気にしないんだけど、ちょっとマイクにぐったり寄りかかる
ことが多かったような?その分歌は鬼気迫るものありましたよ。
絞るように、吐き出すように唄ってて嬉しかった…

それでもやっぱり久々に逢えた、音楽に触れられた感動はあるのです。
友達とギャーギャー叫びながら、明日はあそこ(アリーナ)なんだよね!
大丈夫かなあ~?ヤバイ~とか言いながら帰りました(笑)

外に出たらものすごーく寒くって、明日生きて帰れるかな…なんて心配した。
この日、気温はともかく物凄い強風の日だったんですよね。たまに
まっすぐ歩けなくなるくらい。だからTシャツ姿があり得なく思えて。

そしたら、城ホの噴水のとこで踊りを踊りまくるパフォーマー数十人を発見!
かなり面白くて皆一緒になって観込んでしまった。面白いよあんたら・・・爆笑。
城ホの周りは、いつもそういう大道芸系や、アマチュアバンドでいっぱいなので
ライブ見た帰りに色んなモノ見て楽しんで帰れるのです。

帰りの電車でも、もう歌詞を反芻したり唄いっぱなしだった。
次の日卒論の試験あるから、自分の卒論読み返さなきゃいけないのに
1度も読まなかったなあ(失笑)もう次の日の備えて疲れを癒すことしか
考えてなかった!スタンドで不完全燃焼にしといた分、やたら次の日への
気合が高まったのでした。8日のレポートは次の記事に続きます!
多分8日のレポの方が面白くなるはず…☆
[PR]
by you-lilly | 2006-02-09 22:15 | live
<< BUMP 城ホライブレポート(... 大阪城ホール >>