BRIDGE

e0078993_2034018.jpg

Bridge読んだよ!クリスマス号は私にとって豪華すぎる面子揃い。
表紙でにまにま。めちゃ笑顔のお2人!真ん中にマイクがあるせいで、
お笑いコンビの様な桜井×藤巻さん。サッカーやってる写真も可愛かったー♪
全体的に先輩と後輩の会話って感じがほのぼの。藤巻さん腰低いねえ(笑)
桜井さんに、粉雪のサビを指摘されて戸惑っているとこが1番面白かった。
あれでいいから、変えないでね…?てか先輩に言われたからって変えるなあ~!(笑)
“闘う君の歌を 闘わない奴らが笑うだろう ファイト!”(中島みゆき)
私も大好きな歌。実はスペシャのCMで、YUKIちゃんが歌ってるのを聴いて
初めて知った曲です。藤巻君が音楽をやる決意をしなかったら、
レミオロメンはなかったんだなあって思うとこの曲があってほんとに
良かったなって思いました。ありがとう、ファイト。

そしてやっぱり桜井さんは大きな人ですね。音楽業界を背負って立ってる人。
私は昔より、桜井さんの病気前後の曲が凄く好き。
何か愛だの恋だの世間に媚びたラブソングじゃなく、ミスチル流のニヒルというか。
偽善じゃないリアルさが出てる気がして。凄く音楽を愛してる人なのに、
その才能故、売れすぎる苦しみを味わってきた桜井さん。
それらを乗り越えて出来上がった彼の人間性が滲み出てるのかもですね。
彼の発言や曲を聴いてると、音楽を仕事として食べていく人間の覚悟を感じます。
だから藤巻君の発言をあわせて読んでいると、レミオはまだまだピュアで
汚れてない印象が強く残りました。まあミスチルが全盛の時代と比べたら
音楽業界も様変わりしただろうけど(笑)レミオロメンはまだまだこれからの
バンドなんだなあって思いました。

むしろ桜井さんに近づいてるのはBUMPの方だよね。ファン層がやたら
拡大して、音楽以外の問題・関心が向けられる今、藤君がどんな音楽を
生み出すのか。凄く興味あるなあ。今回のインタビューも渋谷陽一流!でしたね…
とことん分析されることを藤君も楽しんでいる様ではあるけれど…
「失う」ことについて考えさせられました。
でも何よりね、犬と撮った写真が珍しくて可愛かった♪
インタビューが深くて抽象度が増すと、そういうとこに安心するんだな。
[PR]
by you-lilly | 2005-12-26 20:03 | music
<< セルジュのリング りんくうプレミアムアウトレット >>