TOWER NO.200 SPECIAL ISSUE!!

雨の日曜日。美容院に行って帰りに元町と三宮をお買い物。
ビブレのTOWER RECORDに立ち寄って、『TOWER』貰って来ました。
表紙はBENNIE Kのお姉さま方。すごーく綺麗で大人っぽかった。好きだなあ。
実は表紙は茶屋町NUで撮影したんだって!確かにNUの店舗だ・・・

なんと、200号特別号という事で、巻末に歴代の表紙と、表紙を飾った
アーティストのプレゼントがいっぱい掲載されてました!
知らない人もいると思うので、少し紹介しときますね。(全部じゃないよ)

ラルク、Mr.children、GLAY、Dragon Ash、OASIS、宇多田ヒカル、平井堅、
BRAHMAN、ケツメイシ、MISIA、ビークル、ケミストリー、ACIDMAN、EXILE、
くるり、中島美嘉、レミオロメン、デスチャ、BUMP、東京事変、アジカン、斉藤和義、
COLD PLAY、THE BACK HORN、ゴーイング、ゴスペラーズ、TMR、B-DASH
アヴリルラヴィーン・・・もう挙げればキリないんでやめときますが、
結構プレゼント豪華なのでぜひ応募してみてください!

ちなみにGLAYはポーター別注のグッズ、BUMPはアーティストグッズ、
レミオロメンはサイン入りポスター、アジカンもサインでした。応募しとく?(笑)
でも私はプレゼントより歴代のTOWER表紙見てる方が面白かったです。
懐かしいんだもん。どれだけ持ってるかちょっと調べてみたい気もする(笑) 〈更新〉
鹿野さんの日記が更新されてました。BUMPのインタビュー話も載ってましたよ。
-藤原は音楽以外のことに鍵をかけまくっている-
これが何を意味するのか正確には分かんないけど、音楽を生み出す為に逆に
彼が犠牲にしてるものがあるって事は分かります。私たちが喜んで聞いている
至上の音楽の裏には、何かしらの犠牲があるんだと思うと複雑な気持ちになる。
ヒトの人生の一部を聞いてるんだって、そんな気にもなる。
でもだから、全力で受けとめに行かなきゃいけない気にもなるのです。



ビルゲイツの言葉に対する鹿野さんの言葉も音楽好きの真意としていいなと思った。
確かに、音楽を補填する為に生まれてきた技術なのに、技術に音楽を汚される
ようにはなって欲しくない。そんなの本末転倒だから。
私は今でも小学生の時にとった録音テープが大事だし、アナログへの愛着もある。
音楽好きじゃない人(ビルゲイツが音楽好きかはおいといて)たちに、
音楽ライフスタイルを決められたくない・支配されたくないというのは
自然な感情だと思う。音楽配信が当たり前になって忘れていたけれど
やっぱりデータとしての音楽に満足できないから、生を求めてLIVEに行くんだと思う。
そこに音楽がある。
それを技術者は忘れてるんじゃないの?
[PR]
by you-lilly | 2005-11-06 22:36 | music
<< ライブ当選! PV初オンエア! >>