大学祭♪

昨日は更新できなくて、そしてコメントへの返信も遅れちゃってごめんなさい。
何に疲れたのか突発的に微熱が出たのと(もう大丈夫っす。)大学祭の準備等等で忙しく。
うちの大学は今週末、金土日が学祭なのですよー3日もようやるよね;

大学の規模は大きいけど、国立だから私立に比べてお金は少ないと見えて正直ショボイ。
独立行政法人化したんじゃないんかい・・・;;まあいきなりはムリか。これがまた、後日にある
医学部の学祭だともう少しグレードが上がるから不思議だ。しょせんお金の差なのね(泣)
学術的には大変真面目で良い発表をしてるんだけど、なんての、ミスコンとか~芸能人が
誰か来るとかさ、華やかな面で圧倒的におとる大学祭。
今年のアーティストはアカツキと何とかっていう女の子が来るらしい・・・(誰ですか~?)
うーん、もう慣れたけど寂しいっちゃ寂しい。3日もやる必要あんのか??

でも、うちの大学は春と秋、2回大学祭があるんだけど、秋の方がめっぽう盛り上がる。
学生はサークルとかの出店で3日分稼いだ収益で、今後の部費にあてたり旅行したり
飲み会やったり、結構重要な3日間。出店の場所もクジで公平に決めて、人通りの多い場所
を取った年にゃ収益金が半端ない!飲み明かし!今年も売り子さん、頑張るぞ~~~☆

BUMPの「supernova/カルマ」のジャケットが出たよー。→公式HP
カッコいい♪最近ちょっと趣向が変わってきたね。あんまりスタイリッシュすぎるとBUMPっぽく
ない気もする。ポンツカによると、通常盤の方には中にメンバーの写真があるかも・・・?
限定盤と違いをチェック!チェック!(←ミサト調)

熱が出てる時に暇で読みきった本。村山由佳さんの『星々の舟』
そしてお姉ちゃんが借りてきてくれた映画DVD『CLOSER』
前から借りたかったので面白かったー♪


   



『星々の舟』『クローサー』の感想は隠しちゃおう・・・長くなりそうだから。

まず『星々の舟』。村山さんの文体は読みやすくて好きなのです。
この本の変わってるところは、『冷静と情熱のあいだに』みたいに、同じ状況を
別の主人公の視点で追った構成にしてあるところ。
例えば章で言えば6つくらいあるんだけど、その6つとも語り手が別の人、
なのに全部読めば1つのストーリーとして楽しめるんですね。
こういうの、書くほうが難しいと思うんだけど、この作品はそのバラバラさが巧く
まとまっていて、面白かった。人間模様って色々あるんだなって感じた。
本当は誰もがこういう心情を抱えてるんだろうけど、表には出ないから分からないし、
理解できなかったりするんだろうね。繊細な心が綺麗に描かれていると思います。

でもまあ、あえて欠点を言うなら、みんな複雑な事情を持ちすぎ!!(笑)
環境に問題あるのは分かるけど、愛人いたり兄が妹好きになったり、不倫したり
ちょっと~もう~って感じで止めたくなる。世間的にどうなんでしょ??普通?

そして『CLOSER』の方は映画上映中に見に行きたくて行けなかったやつ。
ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、ジュリア・ロバーツ・・・という美人すぎなメンツが
揃ってって見目麗しい~~。(もう1人の主役さんの名前忘れちゃった;ごめんなさい)
ストーリーは・・・うーん、22の小娘が見てどうこう言える様なものじゃなかったかも。
恋愛において嘘って難しいですなって・・・あ~偉そうな事は言えないけど、
お互い信頼しあってるなんて思うのはほんと欺瞞で、言葉上の嘘が心を裏切ってるかって
いったらそうでもないっていう・・・ああ何言ってるのか分からなくなってきた。
愛ってなんなんですか(爆)30過ぎたらまた見よう(笑)
[PR]
by you-lilly | 2005-11-03 17:24 | weblog
<< 人間バトン 確かなものは温もりだけ >>