借りぐらしのアリエッティ

仕事帰りに友だちと「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました!

宮崎監督作品ではないジブリって何かとケチがつくんですけどね。
でも、予告から気になってて見たかったので、劇場まで見に行きました。

先に見た同僚からは、「んー微妙…」とか
「ジブリ好きにはあんまりかな…」などと
はっきりしない感想聞いてたのでドキドキしましたよ。

でも、私はああいう文学作品のジブリ、好きです。
およそ1時間半と短く、少し物足りない気はしましたけど
世界観とか、役者さんとかは好きでしたよ。

アリエッティ役の志田未来さんと
翔役の神木龍之介くんがハマり役でした~(神木君は昔から好き♪)
お父さんの三浦友和さんも寡黙でステキでした。

ただな~。
お母さんが少しばかりウザったいキャラだったのと
家政婦さんの意地悪ぶりに嫌気がさしたかも…。
何もあんなに小人を敵視したりしなくても…。

「つかまえたい!」って気持ちのあらわれなんでしょうけど
害虫駆除の業者呼んだり、坊ちゃん閉じ込めたり、タチ悪い。
そこだけ、すこーし嫌な気持ちになりましたね。

小人とか、「借り」って言葉がステキですよね。
あと、監督や製作の人が言っていましたが、凄く小人の目線から
描かれた自然や人間の姿がとてもリアルで魅力的です。

あんな朝露でいっぱいの葉っぱの間を駆け抜けたり
人間のお砂糖を1こだけかばんに入れたりする生活、
ちょっとやってみたいなあ。
[PR]
by you-lilly | 2010-07-27 21:31 | movie
<< 旅立ち CATS >>