BEST MOVIE 2009

今年のBEST MOVIE

1位 のだめカンタービレ 劇場版前編

ドラマファン、原作ファンの期待を裏切らない出来栄え!
映画でこそ、はえるオーケストラ!圧巻でした。
一番驚いたのは千秋真一、もとい玉木宏の指揮の上達ぶり。
なめらかで、本当に黒い羽根が飛んでいそうな(笑)
後編を待っていられません。


2位 カールじいさんの空飛ぶ家


ピクサー作品に、こんなに魅せられたことはありません。
最初の10分のサイレントシーンだけでゆうに泣けます。
知り合いの故人に似ていたせいもあるけれど…
心にふれる、あたたかい作品でした。

3位 ヱヴァンゲリオン新劇場版 破
「序」に続く第二弾。
アスカの名字が式波に変更されたり、新たなパイロットが出てきたり
挙句の果ては、トウジではなくアスカが第三使徒として抹殺されてしまったり
何がなんだかわからない展開に、ハラハラしました。
もう、何度となく見た作品なのに、これからの展開が読めません。
加えて、同じ話を時代を超えて描き直すと、
こうも違うのかと思うほどの映像美。戦闘シーンは圧巻です。

4位 グラン・トリノ

偏屈なおじいちゃんと、隣人のアジア人のお話。
すすめられて見るまでは、何が面白いんだろうと思ってましたが
意外に笑えて、心あたたまった佳作。
イーストウッドの最後の作品となったのが印象深いです。

5位 おくりびと

アカデミー賞も受賞し、話題になった分
どこでも良い作品だと取りざたされましたけど、親しい人を亡くした
あとなんかに見るのは、絶対おすすめしません。
死をあつかう仕事を、あんなにあれこれ語っていいものなのか。
久石譲の、チェロがよかったですね。

6位 ハリー・ポッターと謎のプリンス

大好きなハリー・ポッター作品なので1票。
ただし、原作ファンとしては許せないところも多数あった点は否めません。
ダンブルドアの死、スネイプ先生の真意など
もう少し丁寧に描いてほしかった。
最終話を前にして、大事な布石となる映画だと思いました。


7位 マンマ・ミーア!

暗い気持ちを明るく歌で吹き飛ばしてくれそうな元気映画。
本当にずーっと歌い通しでしたね。
個人的には全然アバ好きじゃないんだけど、元気をもらいました。
メリル・ストリープより、アマンダ・セイフライドがよかったですね。

8位 オーストラリア

物語に登場する戦争に、日本人が出てくるんですが
さもアジアや日本が悪者に描かれているのが、なんとも気分の悪いところ。
歴史の事実を履き違えてるとの指摘もあって、すごく日本では悪評だったんだけど
そういうとこ差し引いて、物語全体としては好きかな。
てか、ヒュー・ジャックマンが好きなんだって最近気づいた。


9位 ベンジャミン・バトン 数奇な人生

不思議な話でしたね。
ブラッド・ピットがすごく年寄りから青年まで演じていたのが印象的。
そんな面白い話でもないけど、こんな話もたまにはよし。


10位 スラムドッグ・ミリオネア

アカデミーとったせいか、すごい評判はよかったけれど
私的にはそんなでもなかった。ま、見る価値はあるかもしれない。
インドの映画が、これから先躍進していくことでしょう。


<他>
レボリューショナリーロード、サマーウォーズ、チェンジリング
レッドクリフPARTⅡ、P.S.アイラブユー、
お買いもの中毒な私、ある公爵夫人の生涯、アラトリステ。

栄えあるWORST映画は…!!

DRAGON BALL EVOLUTIONです!!(笑)

なんですかーありゃー。
[PR]
by you-lilly | 2009-12-29 23:15 | movie
<< 寅年2010 ラスト・カンタービレ >>