スラムドッグ$ミリオネアと三銃士

スラムドッグ$ミリオネア、公開初日に見に行きました♪
アカデミー作品賞受賞だけあって、前評判はたかく
初日から凄い人でした。(舞台挨拶もあったしね。)

私は、物語にはそれほど魅かれはしなかったんだけど
あの「スラム育ちの少年がなぜ答えを知っていたのか?」という
広告文が気になって、やっぱり見に行ってしまいました。

見た感想としては、案外普通のラブストーリーだったなあと。
お兄さんとの兄弟愛や、孤児同士の同胞愛、そして恋人ラティカとの愛。
どれもがストレートに描かれたヒューマンドラマ的作品でした。
特にひねりもなかったし、こういう作品がアカデミーをとるようになった
ことの方が、逆にへえ~と思わされたというか。

この作品で大きいのは、きっとインドという新しい映画界の素材ですね。
物語に色濃く映し出される、混沌とした世界。
綺麗で煌びやかな側面と俗物的で汚い側面。
物質的な意味でも精神的な意味でも、非常に対照的で
今現在、両極端に存在しているものなんだなあと思いました。
インドは、好きな人と嫌いな人が大きく分かれる国だとは言うけれど
自分はどっちかと考えると、ちょっと笑ってしまいます。
0を生み出した国ですからね。
今後、映画界でも大躍進するかもしれません。
個人的には70点くらいかな。見たい方はぜひ劇場へ。


どうでもいいけど、私はラストの問題ににやりとしていました。
三銃士の問題なんですが。

Q.アレクサンドル・デュマの「三銃士」に登場する三銃士は
アトス、ポルトス、そしてもう一人は誰?

A.アラミス B.リシリュー C.ダルタニアン D.プランシェ

勿論、答えはAのアラミス。
これは常識問題。三銃士読んでりゃ分かる。
ただ、ちょっと曖昧に覚えている人はダルタニアンで間違えるかも。
なぜかというと、「三銃士」の主人公は三銃士より
実は銃士志望のダルタニアンの方だから。

リシリューは、フランスの枢機卿で、ルイ13世の暗殺を企む人物ですから
三銃士の敵な訳で完全に不正解。
Dのプランシェに至っては、ダルタニアンの従者!味方ですね。

ちなみにアトスの従者はグリモー。ポルトスの従者はムースクトン。
アラミスの従者はバザンなのであります。
我ながらすげえマニアックだな。
個人的に、「三銃士」は有名な第一部だけではつまりません。
ぜひ「二十年後」「ブラジュロンヌ子爵」まで読む事をお勧めします。

そうすれば、ミリオネアでこんな問題が出ても大丈夫。

Q1「三銃士」で最後まで生き残るのは誰でしょう?
A.アトス B.ポルトス C.アラミス D.ダルタニアン

Q2「三銃士」で子供がいるのは誰でしょう?
A.アトス B.ポルトス C.アラミス D.ダルタニアン

答えは1→C。2→Aです。
三銃士は全編読めば、フランスの歴史と文学が相当頭に入って
勉強になるのでお勧めですよん♪♪
まあ、自分が何に詳しくたって、何が問題に選ばれるかによって
ミリオネアになれるかは解らないものなんですよね。
だから私はクイズは苦手です(笑)
[PR]
by you-lilly | 2009-04-19 15:32 | movie
<< HUNTING thirty >>